スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/03/25更新

Vol.030 劇団目覚時計 代表 稲垣美穂子さん  後編

心に響く“ことば”の力
感動共有することで
子どもの心豊かに育つ

稲垣 美穂子 (いながき みほこ)
東京都生まれ。日本女子大学文学部在学中に、日活映画『孤独の人』皇太子の恋人役でデビュー。日活で活躍後、俳優座養成所に13期生として入所、本格的女優を目指す。俳優座養成所卒業後は、フリーで映画、舞台、テレビに出演して活躍。1977年に劇団目覚時計を立ち上げ、オリジナルのファミリーミュージカルを全国各地で公演する。1986年には劇作家の内村直也氏を中心に、東急・五島昇氏、元副総理・後藤田正晴氏、ソニー創業者・井深大氏らとともに「青少年の心を育てる会」を設立。演劇を“家族のふれあいの場”と位置づけて活動を続けている。

大学時代に女優として映画デビューし、その後は自ら劇団を旗揚げして、プロデューサーとしても精力的に活動されている稲垣美穂子さん。演劇を通して子どもたちが抱える問題に向き合い、旗揚げ以来40年、親子のきずなや友情などをテーマに各地で公演を続けています。信念と行動力を持ち合わせた稲垣さんは、あのマンガ家で絵本作家のやなせたかしさんをして、「かぼそい身体に宿った強い精神で砂漠に花を咲かせるような仕事を続けていかれるだろう」と言わしめたほど。その情熱の源や演劇活動を長く続けられてきた背景をうかがいました。

舞台を通して見える、今の時代の子どもたち
大人がすべきことがわかってくる

もう40年近く各地で公演を続けていますが、いつの時代も観客である子どもたちの反応が、わたしたちを奮い立たせてくれます。忘れられないのは、37年前、アンデルセン作の「にんぎょ姫」を上演したときのエピソードです。

魔女から人間の足をもらったにんぎょ姫は、王子様が他の女性と結婚したら海の泡となって消えてしまう、と魔女から告げられていました。それを承知で王子様のおそばにいたのですが、王子様は隣国のお姫様と結婚することに。このナイフで王子様を殺せばあなたは生きられると、手渡されたナイフを手に、にんぎょ姫は悩みます。そのシーンで、観客の小さい女の子が「殺して!」と声を上げ、いつのまにか「殺せ!」の大合唱になっていたのです。もう、驚きましたね。「愛とは見返りのない行為」というのがこのお芝居のテーマなのに、子どもたちがこんなことを言うなんて、大人のわたしたちの責任ではないか、と。

もっとも今の時代の子どもたちは、自分の気持ちを抑えてしまうようで、「殺せ!」とも言わないのね。逆にそうした沈黙の方が恐ろしいと感じます。子どもたちの反応は、いつの時代も、その時々の子どもたちの置かれている状況を映し出していることに変わりありませんから。そして、その反応から、わたしたちがすべきことがわかってきます。

そうこうして、親孝行や友情や勇気など、観客の反響を見ながらテーマを設定し、上演を続けていると、やがて各地から支援者が現れるようになり、劇団結成10年後には、応援団的なかたちで「青少年の心を育てる会」が立ち上がりました。わたしたちの活動に賛同してくださった各界のそうそうたる方々が、理事として支援してくださるようになり、今年は30年という節目を迎えます。

稲垣さんのパワーの源とは?

関連記事

2016/03/18更新

Vol.030 劇団目覚時計 代表 稲垣美穂子さん

心に響く“ことば”の力 感動を共有することで 子どもの心は豊かに育つ

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!