スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/06更新

Vol.017

多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生  前編

自己肯定感を心に抱き
「いまを生き切る」ことで
人間の可能性は花開く

田坂 広志 (たさか ひろし)

1951年、愛媛県生まれ。東京大学工学部卒業、同大大学院で博士号を取得した後、民間企業に入社。1987年より米国のシンクタンク、バテル記念研究所の客員研究員として勤務。1990年に日本総合研究所の設立に参画。2000年、多摩大学大学院教授に就任。同年、21世紀の知のパラダイム転換をめざすシンクタンク・ソフィアバンクを設立。2011年、東日本大震災に伴い内閣官房参与を務める。2013年、1700名の経営者やリーダーが集まり、21世紀の「変革の知性」を学ぶ場、「田坂塾」を開塾。

シンクタンクの代表であり、ビジネス・経営・教育などの分野でも多彩なキャリアを持つ田坂広志先生。世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバル・アジェンダ・カウンシルメンバー、世界賢人会議ブダペスト・クラブ日本代表でもあり、地球規模の知識人、そして実践者として活躍されています。一方で、そこに至るまでには大きな苦難や挫折も体験。それらを乗り越えられたのは、ご両親の「祈り」と「潜在意識への教育」があったからだといいます。

エネルギー危機と環境問題が交差する「原子力」を学ぶ

多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生

私は、もともとは文系の教科が好きでしたので、高校2年までは法学部を志望していました。しかし、高校3年のとき、なぜか数学が面白くなってしまったのです。そこで、「自分は、理系が向いているのでは」と思ってしまい、迷いながらも工学部に進むことにしたのです(笑)。

しかし、私が大学を受験する1970年前後は、学生運動の全盛期でした。当時は、大学に行くことについて、真剣に考え悩む高校生も少なくなかったのです。私自身も、受験競争で誰かを蹴落としてまで自分が出世する道を選ぶべきか、そうまでして大学へ行くべきではないのではと、本気で悩みました。けれども、「人類に貢献する人間となれ」という母の言葉が心に浮かび、「自身の出世のためではなく、やはり、人類に貢献するために、大学に行こう」と考え、進学することにしたのです。

大学で原子力を学ぼうと思ったのは、一冊の本との出会いからです。当時の世界的なシンクタンク、ローマクラブが出版した『成長の限界』という本です。これから人類は、人口爆発、食糧不足、資源枯渇、エネルギー危機、環境問題という「五つの問題」がゆえに、100年も経たぬうちに、その経済成長が限界に達するという内容。

私は、この人類的問題を解決することを志し、五つの問題のうち「エネルギー危機」と「環境問題」という二つの問題の交差点にある「原子力」を学ぼうと考えました。このときも、両親の「歴史的スケール」や「地球的スケール」で生きよという教えが影響していたのでしょう。特に、環境問題を学ぶために、工学部卒業後の二年間、医学部で放射線医学を学んだのも、そうした理由からです。

従って、大学院は、修士課程から博士課程へと進み、博士号を得ましたが、当然、その後は、大学に助手として残り、原子力の研究者として研究を続けるつもりでした。しかし、運命的なことに、当初、予定されていた助手のポストが、突然、空かないことになってしまったのです。教授からそれを伝えられたときには、ショックでした。そこで、仕方なく、中央研究所のある大企業であれば原子力の研究を続けられるだろうと、民間企業に就職しました。しかし、これも運命的に、配属先は法人営業部。世の中に数ある法人営業の中でも、原子力産業の法人営業は、最も競争が激しい修羅場の部署でした。

人生の大きな分かれ道とは?

関連記事

2015/02/13更新

Vol.017 多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生

自己肯定感を心に抱き 「いまを生き切る」ことで 人間の可能性は花開く

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2015/01/13更新

Vol.070 就労支援としてのKUMON-愛光園

「愛光園の利用者さんたちと われわれスタッフは ともに“就労”という 明確な目標をもった同志です」 「働きたい」という意欲と自己肯定感が未来を拓く

2014/07/04更新

Vol.011 数学者 河東泰之さん

未だ見ぬ世界を解き明かすための「数学」というコトバ

KUMONグループの活動  2014/04/08更新

Vol.031 ジグソーパズル

くもんのジグソーパズルの楽しみ方 プリント教材と同じ”ちょうど”という考え方が活きてきます

バックナンバー

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.406
児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式学習(前編)
子どもの“できた”が自信を育み 職員のステップアップにも 互いが磨き合う理念が実現
Vol.405
KUMONのインターンシップ
「皆さんの成長」を後押ししたい! それがKUMONのインターンシップ ~KUMONが目指すチーム力と自己成長~
Vol.404
浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「行水」
水無月の「行水」 ~浮世絵から見える旧暦6月の暮らし~
Vol.403
国内最大の『KUMONすくえあ』、
紀伊國屋書店富山店・新潟店にオープン!
「見て、触れて、体感」し、 子どもたちに「できた!」という喜びと 達成感を感じてもらえる、知育空間が登場!
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.078 後編
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
Vol.078 前編
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
Vol.077
株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん
人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう
Vol.076
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!