トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/06更新

Vol.017

多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生  前編

自己肯定感を心に抱き
「いまを生き切る」ことで
人間の可能性は花開く

田坂 広志 (たさか ひろし)

1951年、愛媛県生まれ。東京大学工学部卒業、同大大学院で博士号を取得した後、民間企業に入社。1987年より米国のシンクタンク、バテル記念研究所の客員研究員として勤務。1990年に日本総合研究所の設立に参画。2000年、多摩大学大学院教授に就任。同年、21世紀の知のパラダイム転換をめざすシンクタンク・ソフィアバンクを設立。2011年、東日本大震災に伴い内閣官房参与を務める。2013年、1700名の経営者やリーダーが集まり、21世紀の「変革の知性」を学ぶ場、「田坂塾」を開塾。

シンクタンクの代表であり、ビジネス・経営・教育などの分野でも多彩なキャリアを持つ田坂広志先生。世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバル・アジェンダ・カウンシルメンバー、世界賢人会議ブダペスト・クラブ日本代表でもあり、地球規模の知識人、そして実践者として活躍されています。一方で、そこに至るまでには大きな苦難や挫折も体験。それらを乗り越えられたのは、ご両親の「祈り」と「潜在意識への教育」があったからだといいます。

「お前は、やればできるのにね・・・」。母の言葉が自己肯定感を育む

多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生

私は、大学院で社会起業家論を教え、シンクタンクの代表も務めていますが、いま最も力を注いでいるのは、「人間の可能性が開花する成長の場」を創ること。それが「田坂塾」です。

我々人間が「目の前の現実」をより良きものに変えるためには、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という「7つのレベルの知性」を、垂直統合して身につけなければなりません。どれかに偏った知性の在り方では、現実を変革することはできません。その「7つの知性」をバランス良く身につけた「スーパージェネラリスト」への成長をめざす場が、「田坂塾」ですが、なぜ、こうした場を創ったかといえば、私も60歳を越えて、次の世代を育てるべきと思ったからです。そして、そう思うに至ったのは、やはり、私自身の人生が、父と母の教育によって導かれ、その可能性を開花させてもらったからです。

実は、私は、小学校時代は、勉強もできず、目立たず、自信のない少年でした。そのため、実社会に出てから小学校の同窓会に行くと、「田坂君・・・だよね?」と旧友たちから不思議そうに声をかけられます(笑)。しかし、勉強はできなかったのですが、両親から「勉強しなさい」と言われた記憶はありませんでした。

ただ、いま振り返ると、母は、私がときおり国語などで良い点数を取ったときなど、必ず、「お前は、やればできるのにね・・・」と言ってくれました。子どもというのは、素直なもので、繰り返しそう言われていると、自分の中に、少しずつ「自己肯定感」が育ってきます。その意味で、母は、子どもの心の成長にとって、とても大切な言葉を語り続けたのですね。

その一方で、母は、私に、英雄伝の古典『プルターク英雄伝』を読ませたり、アラブを舞台にした歴史スペクタクル映画『アラビアのロレンス』を見せたりしました。「勉強しなさい」という説教はしませんでしたが、ときおり、「人類に貢献する人間となれ」「歴史的スケールで生きよ」と話していました。一方で、「宇宙的スケール」の視野を教えてくれたのは父です。小さな会社を経営していて多忙でしたが、理学部出身の父は、暇があれば科学雑誌を熱心に読んでいました。言葉は多くない父でしたが、その姿から、宇宙や自然、科学や技術についての興味を学びました。

そんな両親が育んでくれた「自己肯定感」や「学ぶ姿勢」をさらに育ててくれたのが、中学校のときの担任の先生でした。普通、生徒の成績は「良い順」に発表しますが、その先生は「伸びた順」に発表したのです。成績が低くても、その伸びが大きければ、他の生徒の前で「よくやったな!」と腹の底から誉めてくれるのです。成績が下のほうの私でも、頑張って成績が上がれば誉めてくれる。それが嬉しくて勉強をするようになりました。

すると、成績は、倍々ゲームで伸びました。いま振り返ると、その先生は「命懸け」で誉めてくれたのですね。教師が子どもを誉めるとき、実は、その言葉には、「目の前の子どもの人生が懸かっている」のです。その意味で、その先生は生徒のことを、文字通り「命懸け」で誉めてくれたのです。

子どもにとって大切なのは、「こうしなさい」といった「指示による教育」ではなく、心の奥深くに染み込むような「潜在意識への教育」なのです。そして、その一つの方法が、実は、両親の「横顔」と「後姿」なのですね。そして、命懸けの信念が宿った先生の「言葉」なのです。その「潜在意識への教育」が、ときに、ひとりの人間の可能性を大きく開花させる。もし私が、世の中にささやかな光を届けられる人間になっているとすれば、それは、私の力ではなく、私を育ててくれた両親や先生の力なのです。

田坂先生が「原子力を学ぼう」と考えた理由とは?

関連記事

2015/02/13更新

Vol.017 多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生

自己肯定感を心に抱き 「いまを生き切る」ことで 人間の可能性は花開く

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2015/01/13更新

Vol.070 就労支援としてのKUMON-愛光園

「愛光園の利用者さんたちと われわれスタッフは ともに“就労”という 明確な目標をもった同志です」 「働きたい」という意欲と自己肯定感が未来を拓く

2014/07/04更新

Vol.011 数学者 河東泰之さん

未だ見ぬ世界を解き明かすための「数学」というコトバ

KUMONグループの活動  2014/04/08更新

Vol.031 ジグソーパズル

くもんのジグソーパズルの楽しみ方 プリント教材と同じ”ちょうど”という考え方が活きてきます

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!