スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/06更新

Vol.017

多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生  前編

自己肯定感を心に抱き
「いまを生き切る」ことで
人間の可能性は花開く

田坂 広志 (たさか ひろし)

1951年、愛媛県生まれ。東京大学工学部卒業、同大大学院で博士号を取得した後、民間企業に入社。1987年より米国のシンクタンク、バテル記念研究所の客員研究員として勤務。1990年に日本総合研究所の設立に参画。2000年、多摩大学大学院教授に就任。同年、21世紀の知のパラダイム転換をめざすシンクタンク・ソフィアバンクを設立。2011年、東日本大震災に伴い内閣官房参与を務める。2013年、1700名の経営者やリーダーが集まり、21世紀の「変革の知性」を学ぶ場、「田坂塾」を開塾。

シンクタンクの代表であり、ビジネス・経営・教育などの分野でも多彩なキャリアを持つ田坂広志先生。世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバル・アジェンダ・カウンシルメンバー、世界賢人会議ブダペスト・クラブ日本代表でもあり、地球規模の知識人、そして実践者として活躍されています。一方で、そこに至るまでには大きな苦難や挫折も体験。それらを乗り越えられたのは、ご両親の「祈り」と「潜在意識への教育」があったからだといいます。

最初は逃げ出したかった営業職で、自分のなかの可能性が引き出される

多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生

そうした経緯から、不本意ながら携わった営業の仕事でしたが、研究者の道を歩もうとした人間にとっては、営業の仕事は毎日がお金の話ばかり。「こんな世界は、自分に向いていない。純粋な研究ができる、大学に戻りたい」と思いながら仕事をしていました。

そんな矢先、これも天が与えた何かの「試験」だったのでしょう、ある私立大学から化学の助手のポストがあると誘われたのです。営業の仕事から逃げたいという心境の時期でしたので、これは有り難い配剤だと思い、二つ返事でそのポストを受けることにしました。そして、いま任されているプロジェクトが一段落したら辞表を提出しようと考えていたときです。不思議な形で、私の人生の大きな分かれ道がやってきたのです。

一日の営業が終わっての帰り道、銀座で偶然、高校時代の友人に再会したのです。一緒に夕食を取り、その後、一杯やりながら語ろうと、その友人がよく使うクラブに行きました。その店で飲みながら、いつ友人に大学に戻ることを打ち明けようかと考えていると、突然、向こうの席から、店の女性が逃げるように駈けてきて、私の隣に座ったのです。その不愉快そうな表情を見て、「どうしたんですか?」と聞いたら、その女性は、向こうの席にいる年配の男性客を睨みながら、「嫌な客!」と吐き捨てるように言ったのです。そして、その次の女性の一言で、私は、頭を殴られたような気がしたのです。

「嫌な客!」「あれで、大学の先生なんだから!」。
その言葉を聞いた瞬間、自分が大きな勘違いをしていることに気づかされました。

民間企業は、「金儲け」という欲得の世界だ。けれども、大学に戻れば、「真理の探究」という美しい世界が待っている。その世界に戻ろう。自分で、勝手にそう思い込んでいたのです。しかし、どの世界にも、欲得の人はいるし、どの世界にも、素晴らしい人がいる。それにもかかわらず、大学という世界に幻想を抱き、自分は目の前の現実から逃げ出そうとしていた。その自分の姿に気がついたのです。

そして、そのとき、母の言葉が心に浮かんできました。「卒業しない試験は追いかけてくる」という言葉です。その言葉の通り、私は、この民間企業で、「人間関係」という試験に苦しめられていたのです。しかし、大学に戻ることによって、その試験から逃げようとしていた。逃げられると思っていた。しかし、その試験は、必ず追いかけてくる。

そうであるならば、腹を定めようと思ったのです。この与えられた民間企業という環境で、与えられた試験に合格しよう。目の前の現実から逃げず、法人営業という厳しい世界で「卒業証書」を手にしよう。そう覚悟を定めたのです。そして、いつか転職をするとしても、それは、その「卒業証書」を手にしてからにしよう、そう考えたのです。

しかし、そう腹を定め、覚悟を定め、翌日、会社に行ってみると、不思議なことに、「風景」が変わっているのです。毎日の営業の仕事も学び、日々の仕事のすべてが学び、と考えて出社すると、自分の周りにいる人たちが輝いて見えるのです。昨日まで、まるで肌が合わないと思っていた人にも、こんな素晴らしいところがあると感じられるようになったのです。ある意味で、この日からが、わたしの実社会における「本当の学び」のスタートでした。

そして、もう一つ運命的であったのが、私が配属された法人営業部の直属の上司が、「営業の達人」だったことです。それまで、営業の仕事を嫌がっていた私が、仕事に前向きになった瞬間に、気がつけば、目の前に素晴らしい師匠がいたのです。そして、この上司である課長と一緒に仕事をするなかで、営業の仕事というものが、「人間学」を学び、「人間力」を身につけ、人間を磨いていくための最高の修行になることに気がついていくのです。

特に、営業というものは、お客さまの心を相手にする仕事であり、お客さまの心を細やかに感じ取り、その心に細やかに働きかけていく仕事であることを、深く学びました。そして、その修行を真剣に続けているなかで、気がつけば、私は営業マネジャーになっていました。いま振り返れば、この法人営業の時代に、私の中に眠っていた可能性が引き出され、開花していったのだと思います。

そして、この法人営業の時代に学んだことは、後に、新たなシンクタンク、日本総合研究所の設立に参画したときに、大いに役に立ちました。そして、この日本総研というシンクタンクを立ち上げ、その戦略担当役員を務めた経験が、その後、様々な企業の経営参謀としての仕事の役に立ち、さらに、その経験が、2011年の東日本大震災に際して、総理大臣の特別顧問、内閣官房参与に就任し、官邸において原発事故対策に取り組んだとき、大いに役立ちました。

こう振り返ってみると、「人生において、一つとして無駄な経験はない」ということを、しみじみと感じます。もし、神様というものがいて、私に、「タイムマシンで大学院時代に戻り、研究者として大学に残れるようにしてやろう」と言ってくれたとしても、「いや、ここまでの人生を、すべてそのまま歩ませて頂きたい。それで結構です」と、躊躇なく答えるでしょう。「あの苦労や困難、挫折や敗北なども含めて、そのままの人生で良いのか?」と聞かれたら、やはり「それで結構です」と答えるでしょう。なぜなら、あの苦労や困難、挫折や敗北があったからこそ、それを糧として、私はかけがえの無い大切なことを学べたからです。


 

多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生     後編のインタビューから

– 人生の大きな転機につながった“人と人との縁”
– 32歳でガンを患い、医師から余命宣告を受けて・・・
– 田坂先生が考える「子どもたちに見つめてほしいこと」とは?

 
関連記事

2015/02/13更新

Vol.017 多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生

自己肯定感を心に抱き 「いまを生き切る」ことで 人間の可能性は花開く

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2015/01/13更新

Vol.070 就労支援としてのKUMON-愛光園

「愛光園の利用者さんたちと われわれスタッフは ともに“就労”という 明確な目標をもった同志です」 「働きたい」という意欲と自己肯定感が未来を拓く

2014/07/04更新

Vol.011 数学者 河東泰之さん

未だ見ぬ世界を解き明かすための「数学」というコトバ

KUMONグループの活動  2014/04/08更新

Vol.031 ジグソーパズル

くもんのジグソーパズルの楽しみ方 プリント教材と同じ”ちょうど”という考え方が活きてきます

バックナンバー

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.406
児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式学習(前編)
子どもの“できた”が自信を育み 職員のステップアップにも 互いが磨き合う理念が実現
Vol.405
KUMONのインターンシップ
「皆さんの成長」を後押ししたい! それがKUMONのインターンシップ ~KUMONが目指すチーム力と自己成長~
Vol.404
浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「行水」
水無月の「行水」 ~浮世絵から見える旧暦6月の暮らし~
Vol.403
国内最大の『KUMONすくえあ』、
紀伊國屋書店富山店・新潟店にオープン!
「見て、触れて、体感」し、 子どもたちに「できた!」という喜びと 達成感を感じてもらえる、知育空間が登場!
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.078 後編
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
Vol.078 前編
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
Vol.077
株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん
人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう
Vol.076
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!