スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/12/26更新

Vol.016

特養園長 山崎律美さん  後編

100点をもらえれば誰もがうれしい
人は“ちょうどの学び”
たしかに育つ

山崎 律美 (やまさき りつみ)

福岡県生まれ。淑徳大学社会福祉学部卒業。厚生省社会局国立福岡視力障害センター生活指導専門職、佐賀県福祉生活部身体障害者施設生活指導員、児童施設・児童指導員、福祉事務所ケースワーカーなどを経て、1992年に社会福祉法人道海永寿会の特別養護老人ホーム永寿園へ。2003年、西九州大学大学院健康福祉学修士修了。

福祉の専門家・実践者として、障害児・障害者に向き合ってきた山崎さんは、自分が責任者となった老人介護施設で、認知症の高齢者に「読み書き計算」の学習を試みます。そこから誕生した認知症の予防と改善のための『学習療法』は、いまや日本国内はもちろん、海外にも展開されています。自らの進むべき道をまっすぐに突き進んできた山崎さん。そのパワーの源をうかがいました。

東北大学の川島隆太先生と「運命の出会い」。そして『学習療法』誕生

特養園長 山崎律美さん

そして2000年のある日。公文の社員の紹介で、東北大学の川島隆太先生(現在、同大加齢医学研究所所長・教授)と「運命の出会い」を果たします。川島先生はそのころ、何人かの大学の先生方とチームを組み、子どもたちの健やかな成長とより良い教育を脳科学の立場から科学的に解明しようとしていました。私はホームでの高齢者の学習事例を話したところ、興味をもたれたようで、数週間後に電話があり、共同研究の申し出を受けました。公文式学習が、子どもたちだけでなく、認知症の高齢者にも効果があるかどうかの可能性を検証したかったようです。当時は「認知症になったら進行するだけ、回復することはない」というのが医学的にも常識だったからです。

私は喜んで協力することにしました。大学の先生方の研究によって、公文式の学習が高齢者、それも認知症に有効だと科学的に証明されるなら、これまで「やらされ感」のあったホームのスタッフたちも、もっと前向きになってくれるかもしれない。もしかすると、ホームの入所者全員に公文をしてもらえるようになるかも…と考えたのです。

2001年9月、ホームに入所している47人の高齢者に公文のプリントで読み書き計算をしてもらい、その学習を通して高齢者と支援者(ホームのスタッフ)とがコミュニケーションするという試みがスタートしました。

初めのうち、「こんな簡単な問題ではかえって自尊心を傷つけるのでは」と、醒めた感じで高齢者に対応していたホームのスタッフたちでしたが、1~2ヵ月もすると驚きの表情に変わっていきました。頬を紅潮させ嬉々としてプリントに鉛筆を走らせる姿、大きなマルと100点をもらったときの得意げな表情や笑顔。決められた学習時刻の1時間も前から、学習室の前には順番待ちの車いすがズラリと並ぶ。それまで見たことがなかった光景を目の当たりにしたからです。

その光景は高齢者自身の変化となって表れてきました。無表情だった方が笑顔を見せるようになる。失語症といわれていた方の口からポツポツと言葉が出てくる。車イスにたよりがちだった方が自分で歩こうとする。なかには、尿意がもどり、やがてオムツがとれてしまった方も出てきました。「認知症になったら、あとはただ進行するだけ」という、当時の常識を覆す、にわかには信じられない効果であり、「認知症は回復する可能性がある」という大きな発見がありました。

こうして誕生したのが『学習療法』です。音読と計算を中心とした教材を使い、学習者と支援者がコミュニケーションをとりながら進める療法で、それにより認知機能やコミュニケーション機能などの維持や改善が期待できるというものです。

「研究」や「実践検証」というような概念がなかった介護現場。それも「いったん認知症になれば、その進行は止められない」というのが医学の常識だった当時、そのようなチャレンジをするには勇気がいりましたが、入所者のご家族の理解もあり、「これはどげんかせんといけん」という思いもあったのでやりきれました。ちょうどそのころ、私は介護保険制度の仕組みを学ぶため、大学院の修士課程に通っていたので、「研究者」という人たちのの立場や気持ちを理解できるようになっていたことも幸いしました。

変わったのは高齢者だけではありませんでした。スタッフたちも変わっていきました。高齢者に対することばや行動はもちろん、これまで「認知症になったら何もわからなくなる」「できなくなる」という認識だったのが、認知症になっても残された力を引き出すことで、「わからなくなる」「できなくなる」という症状が改善していく。最後の最後まで高齢者とコミュニケーションすることが大切。そのことに、スタッフ自身が気づくようになったのです。よし、これでここで頑張る人たちがもっと増える。うれしくなったと同時に、自分の責任の大きさも痛感しました。

50歳をすぎてから大学院で学ぼうと決心した理由とは?

関連記事

2014/12/24更新

Vol.016 特養園長 山崎律美さん

100点をもらえれば誰もがうれしい 人は“ちょうどの学び”で たしかに育つ

KUMONグループの活動  2017/08/01更新

Vol.220 学習療法-
高齢者が自分らしく暮らしていくサポートを

「変わらないことが変化」 認知症高齢者に毎日喜びを届けたい

KUMONグループの活動  2016/02/23更新

Vol.139 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(1)~

「学習療法」は 介護現場の光になれるか

KUMONグループの活動  2016/03/15更新

Vol.142 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(2)~

認知症高齢者を支える周りの方々にも 「希望の光」を

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!