OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/08/13更新

Vol.080

ライター/翻訳者
堀越英美さん  後編

「正しい母」でなくてもいい
自分も子どもも縛らずに
「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

堀越 英美 (ほりこし ひでみ)

神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社、IT系企業勤務を経てライターに。二児の母。主な著書は『モヤモヤしている女の子のための読書案内』『不道徳お母さん講座』(河出書房新社)『女の子は本当にピンクが好きなのか』(河出文庫)『スゴ母列伝』(大和書房)など。訳書に『世界と科学を変えた52人の女性たち』(青土社)、『ギークマム』(オライリー・ジャパン、共訳)『ガール・コード プログラミングで世界を変えた女子高生二人のほんとうのお話』(Pヴァイン)。

女性の生き方やありように焦点を当て、多くの読者を魅了しているライター/翻訳者の堀越英美さん。史実や科学的な視点も織り込まれた作品は、「女性」「母」という呪縛にとらわれた読者の心を軽くしてくれます。著作でも翻訳書でも、著作巻末の膨大な参考文献を見てもていねいに調べられていることがうかがえますが、それができるのは公文式学習のお陰だといいます。今のお仕事に至る道のりや翻訳のコツなどとあわせてうかがいました。また、堀越さんが翻訳され、この9月にくもん出版から上梓されるアメリカの15歳の科学者ギタンジャリ・ラオさんの著作『ギタンジャリ・ラオ STEMで未来は変えられる』についてもご紹介いただきました。

世の中のお母さんがハッピーになれば
社会全体の幸福度がアップする

谷合 廣紀さん

子育てについては、子どものすることにあまり口を出したくない反面、完全に放ったらかすのもよくないかな、と悩むことがあります。指針にしているのは、「パーソナルコンピュータの父」と言われるアラン・ケイが提唱する「ソフトファン(受動的な楽しみ)」と「ハードファン(能動的な楽しみ)」という2つの言葉です。動画やゲームなどのソフトファンは決して悪いわけではないのですが、そればかりにならないように、絵を描いたり料理をしたり、レゴやプログラミングなどで自分で何かを作り上げていくハードファンを楽しめるような環境を整えるのが親の仕事だと思うようにしました。ハードファンであれば、学校の勉強そっちのけで取り組んでいても、問題ないとわりきっています。

そして子どもであっても、「何でもできる」という気持ちを大切にしてもらいたい。子どもは、大人に世話されたり保護されたりしているだけの存在ではないので、おかしいと感じたら大人にぶつかってほしいですね。自分の気持ちを大事にして、理屈を積み重ねて戦ってほしい。そのためには勉強が必要です。大人に抗え、そしてそのために学ぼう、と伝えたいです。

保護者、特にお母さんたちには「母親だからこうしなきゃ」ということがたくさんあるかもしれませんが、「正しい母でいよう」と思って子どもにイライラするより、自由に生きてほしいと思います。「私も正しくやっているのだからあなたも正しく生きなさい」ではなく、「私もこんな好きなことやっているんだから、あなたも好きなことをしてていいよ」というゆるいスタンスになると、自分も解放されますし、子どもの好きなことを伸ばせるのではないでしょうか。

私自身最初の子どもが生まれたばかりの頃は、好きな読書がやめられず、子育てに専心できないことに罪悪感がありました。当時よく読んでいた進化心理学の本に、「子どもの才能や人格は親の育て方よりも生まれ持ったものの影響のほうが強い」というような内容があり、「親がいろいろ手出ししても想定通りにいかなくて当たり前なんだ。焦るのはやめよう」と心が軽くなりました。

このような科学的な本を読んでいると、気持ちがラクになります。「子どもはこう育てるべし」という社会的な期待を完全に無視するわけにはいきませんが、一度その外側にある科学や歴史の視点に立つことが重要だと思います。

私がそうして気持ちがラクになったように、多くの女性にもラクになってもらいたい。世の中の母たちがハッピーになれば、社会全体の幸福度がアップするのでは、ということが私の心の芯にあり、そのことから今は女性をテーマにしたものが多いのですが、今後もっと幅を広げていきたいとも思っています。

著作でも翻訳でも、1冊の本を書くためにいろいろ調べて書き上げると、その後の仕事で書ける内容が段違いに広がっていきます。「こんなに書けることがあってうれしい!」と学びが積み上がった実感が得られます。やっぱり勉強が好きなんですね。

公文を続けてきたお陰で、「学びが楽しい」という気持ちのまま生きてこられました。その気持ちをこれからもずっと持ち続けていきたいですね。そして、読んだ人が「やったるで!」と自分を元気づけられるような作品を書いていきたいと思います。

 

前編を読む

関連リンク

堀越英美の仕事(Tumblr)
『ギタンジャリ・ラオ STEMで未来は変えられる』詳細はこちら
くもん出版


 

堀越 英美さん   

前編のインタビューから

-女児を出産して「女の子」について考えるように
-多くの人を勇気づける15歳の科学者ギタンジャリさんの本
-幼稚園の頃から一人で図書館へ 校門前で受け取った公文のチラシが運命を変える

前編を読む

 

関連記事

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

バックナンバー

2021/10/15更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!