OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/09/11更新

Vol.072

読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん  前編

行き詰まっても逃げないで
あきらめずにぶつかって
答えは自分で見つけよう

矢貫 俊之 (やぬき としゆき)

福島県生まれ。5歳から小学校3年生までフィリピン・マニラで過ごす。帰国後は、中学まで福島県で暮らし、野球部で投手として活躍。高校は、野球の名門、仙台育英高校に進学。常磐大学を経て、三菱ふそう川崎に入社。2008年に都市対抗野球大会に出場し、同年ドラフト3位で北海道日本ハムファイターズに入団。2015年途中に読売ジャイアンツにトレード移籍。2016年末に現役引退し、球団職員となる。営業企画部を経て、2019年から広報部、2020年8月からは編成本部にて活躍中。

元プロ野球選手としての経験を活かしながら、現在は読売巨人軍の球団職員として活躍される矢貫俊之さん。この8月からは選手育成も行う編成本部へ異動となり、選手目線での仕事ぶりにますます期待がかかります。矢貫さんは野球を始めたのと同時期に公文式教室にも通い始め、「野球と公文に育てられた少年時代だった」と懐かしそうに語ります。好きで続けてきた野球ですが、「うまくいかないことも多かった」とも。そんなときはどう乗り越えたのでしょうか。現役選手当時も振り返っていただきつつ、困難に打ち勝つ秘けつ、目標に近づくための心がけなどについて、力強いメッセージをいただきました。

公文式で学んだ「最後まで自分でやり切ることの大切さ」

矢貫俊之さん

私の生まれは福島県西白河郡ですが、父の仕事の関係で、5歳から小3までフィリピンのマニラに住んでいました。そこで始めたのが、野球と公文です。両方とも、海外で暮らすことを心配した両親が、友だちができればと考えて始めさせてくれました。

結果として、私はどちらにもハマりました。中2まで、私の人生の中で、公文と野球の歩みは一緒です。公文式は、「今日はこれくらいやろう」と、始まりから終わりまでを自分のペースで決められるのがよかったですね。

わからないことが悔しくて、泣きながらやった記憶もあります。公文の先生は、どこで間違えたのかは教えてくれますが、答えは教えてくれず、自分で出さなくてはなりません。この「最終的に自分で答えを出す」ことを続けてきたから、「自分で決めたことに責任を持つ」「何ごともやり切る」という私の基本姿勢が確立したのだと思います。

今でも、やり切ることができていないと、もやもやした気持ちになりますし、「今日はこれをやる。これができたら次はあれをやる」と、組み立てるのが習慣になりました。

公文式学習の魅力はほかにもあります。ひとつは頑張る気持ちが芽生えること。公文は友人と同じ空間でやっているので、その子の進度もわかりますよね。負けず嫌いだった私は、「あの子があそこまで進んでいるから、自分はもうちょっとやろう」と、野球と同じで、頑張るモチベーションになりました。

もうひとつは、同じ教室でレベルの違うことをやっているので、知的好奇心が生まれることです。あるとき、中学生のお兄さんの数学のプリントに、ルートの問題が1つしか書いていないのを見て、「なんだ、あれは!」と興味が湧いた覚えがあります。自分がそのレベルになったとき、「あのときのお兄さんはこれを解いていたんだ」と納得しましたが、そうやっていろいろなレベルをやっていると、好奇心が芽生えるきっかけになりますよね。年齢的にも一番伸びる時期に、公文式でたくさんのことを学べたことに感謝しています。

夢に向かって模索し続けた学生・社会人時代

関連記事

2020/09/18更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2017/01/06更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生

人生は一度で決めなくていい 回り道の経験は無駄にはならない 可能性が1%でもあれば挑戦しよう

2016/12/02更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」を イメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2017/02/03更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!