OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/05/29更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん  後編

「見晴らしの良い場所」から
学ぶことで未来はよりよく見える

山本 康正 (やまもと やすまさ)
1981年大阪府生まれ。京都大学で生物学を学び、東京大学で修士号取得。米ニューヨークの金融機関に3年間勤務した後、ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。グーグルに入社し、フィンテック(金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きのこと)や人工知能(AI)などで日本企業のデジタル活用を推進。ハーバード大学客員研究員。日米のリーダー間にネットワークを構築するプログラム「US‐Japan Leadership PROGRAM」諮問機関委員、2018年より米国のベンチャーキャピタルDNX Ventures インダストリーパートナー。京都大学大学院特任准教授。企業の顧問も務め、著書に『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』(講談社現代新書)がある。

「世の中を変えたい」という情熱を持ち続け、さまざまな経歴を経て現在は国内外のベンチャー企業や日本企業を支援する投資家の山本康正さん。常に志を高く持ち、夢をかなえるために多彩な領域で学び続けてきたご経験から、日本の子どもたちにも「見晴らしの良い場所」で学ぶことを勧めます。投資家というお仕事のやりがいや公文式で学んだ思い出、そして子どもたちに身につけてほしい力などについてうかがいました。

今見ている世界より、
“より広い世界がある”と常に考えて挑戦しよう

子どもたちへのメッセージは2つあります。まず、「かっこいい大人は必ずいるよ」ということです。子どもたちにとって、今周囲に見える大人たちは魅力的に見えないかもしれませんが、“場”が変われば、必ずいます。私自身、ニューヨークで出会った人たちは、ものすごくおもしろい人たちで、とても刺激されました。つまり、今いる世界より、もっと広い世界があるということを常に考えてほしいのです。日本にこだわらず、早めに世界に飛び出すことも勧めたいですね。

大人になれば、間違いなく海外の同じ年代の子と競うことになります。彼らが今、何を考えているかを想像しながら、なるべく良い環境、最高の場所で、いろいろなことに挑戦してください。バンテージ・ポイント(見晴らしの良い場所)から学べば、未来がよりよく見えます。それでダメであればあきらめがつきますが、そうでなければもったいないことになりますから。

生物学でノーベル賞を取りたいと夢見て京都大学に行ったと言いましたが、人は自分が目指す目標より上に行くことはまずありません。選択肢を広げるために、「ハーバード大やMITを目指す」とか、思い描ける最高のことを志してください。

もうひとつは、「今のクラスメイトや赤の他人の目などは気にしなくてよい」ということです。6年後に今のクラスメイトと会う頻度はぐっと減るでしょうし、むしろ二度と会わない人がほとんどです。ずっと続くのは家族ぐらい。他人に何か言われたからといって、進路を変える必要もありません。他人は、あなたに何かを言って、それであなたが判断したことに責任をとってくれるわけではありません。SNSの「いいね」や反応に関係なく、「少し調べれば、詳しい人に聞いてみたら、もっとおもしろい世界があるかもしれない」という自分の好奇心を追い続けてほしいと思います。人生は自分のものなのですから。

最後に私の個人的な夢についてお伝えしましょう。私が実現したい未来は「もったいない」「機会損失」「不条理」などのない世の中です。仕事で成果を出した後、具体的には学校をつくること。暗記教育ではなく、英語教育やディスカッションを中心に、チームワークやリーダーシップを養うことに特化した学校です。医療も良くしたいので、病院もつくりたいですね。

そのためにも、まずは世界に必要とされるベンチャーやテクノロジーを十分に送り出し、成果を出したい。その上で、これまで私が身につけてきた学びを活かして、教育や医療の世界を変えていく。そんなチャレンジをしていきたいと思っています。

前編を読む

関連リンク


 

  

前編のインタビューから

-投資家として「世の中を変える技術」を応援
-「世の中の役に立ちたい」きっかけとなった出来事とは?
-広い宇宙を探検するようにワクワクした公文式教材

前編を読む

 

関連記事

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2017/11/17更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.375
受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!
日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!
Vol.374
感染対策の中での学習療法
こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~
Vol.373
浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」
神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~
Vol.372
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.064 前編
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!