OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/05/29更新

Vol.069

米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん  後編

「見晴らしの良い場所」から
学ぶことで未来はよりよく見える

山本 康正 (やまもと やすまさ)

1981年大阪府生まれ。京都大学で生物学を学び、東京大学で修士号取得。米ニューヨークの金融機関に3年間勤務した後、ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。グーグルに入社し、フィンテック(金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きのこと)や人工知能(AI)などで日本企業のデジタル活用を推進。ハーバード大学客員研究員。日米のリーダー間にネットワークを構築するプログラム「US‐Japan Leadership PROGRAM」諮問機関委員、2018年より米国のベンチャーキャピタルDNX Ventures インダストリーパートナー。京都大学大学院特任准教授。企業の顧問も務め、著書に『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』(講談社現代新書)がある。

「世の中を変えたい」という情熱を持ち続け、さまざまな経歴を経て現在は国内外のベンチャー企業や日本企業を支援する投資家の山本康正さん。常に志を高く持ち、夢をかなえるために多彩な領域で学び続けてきたご経験から、日本の子どもたちにも「見晴らしの良い場所」で学ぶことを勧めます。投資家というお仕事のやりがいや公文式で学んだ思い出、そして子どもたちに身につけてほしい力などについてうかがいました。

ニューヨークで日本の存在感の薄さに衝撃
日本のポテンシャルを世界で活かすには?

山本康正さん

京都大学時代、交換留学でニュージーランドを訪問して環境問題に触れました。それがきっかけで、理系と文系がミックスされた分野を学びたいと考え、東京大学大学院に進みました。大学院時代には、外務省でインターンをして、途上国への円借款に触れ、金融の大切さを痛感。それで25歳で世界の金融の中心、ニューヨークへ渡りました。

衝撃的だったのは、経済規模では当時世界第2位だったにもかかわらず、日本の話題がほとんど出ないことです。勤務していた現地の金融機関でも、日本関連の取引高はどんどん減っていき、日本の存在感が薄れていくことに危機感を感じました。もっと学ぶ必要性を感じて、ハーバード大学公衆衛生大学院(パブリックヘルス)に入り、途上国に対する支援や公共投資、感染症対策など、社会課題に対してアプローチする方法を学びました。

ただ、ハーバード大学でも日本人は少数でした。そもそも出願する日本人、挑もうとする日本人が少ないんです。こうした状況を目の当たりにして、「日本がポテンシャルを活かして世界で活躍するにはどうしたらよいか」を考えるようになりました。

ベンチャー企業でも世界を目指そうという日本人はあまりいません。海外に出ていこうという選択肢が視野にないことと、英語力の問題が壁になっているのです。日本人はもっとハングリーに、自分の実力より10倍、100倍にチャレンジするくらいのたくましさがあってよいのではないでしょうか。英語については、「耳がいい」とされる小学生、プログラミング(データサイエンス)についても早めからやっておくべきだと思います。

自分の経験から、将来、留学や仕事で海外に出たいと考えている子どもたちには、「まずは行ってみて」と背中を押したいですね。世界に約70億人いる中、日本の人口は1億人あまり。日本の外にいる69億人を見て、肌で感じたうえで、自分がどうしたいかを決めるとよいでしょう。

気軽に挑戦してダメだったら帰ってくればいい。その悔しさをバネに、さらに英語を勉強するなどすればよいのです。ただ、「日本の常識は世界の非常識」という姿勢は持っていてください。また、学ぶ際に留意しておいてほしいのは、勉強の領域やキャリアは、一方通行の箇所が多いということです。理系から文系に移るのは、比較的簡単だったりしますが、逆は大変です。日本の大学から海外のトップレベルの大学院は大変ですが、逆は比較的入りやすかったりします。

保護者も世の中の変化をキャッチし、子どもに多くの出会いを

関連記事

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!