OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん  前編

自分が直感した
好きなことへの熱量
信じて大切に育もう

小野 圭介 (おの けいすけ)
1982年、北海道札幌市生まれ。埼玉県北本市、長野県長野市育ち。早稲田大学理工学部建築学科に在学中に、米国系ブランドコンサルティング会社ランドーアソシエイツ東京オフィスでアルバイトを始める。同大卒業後、ランドーアソシエイツでしばらくアルバイトを続けた後、デザイナーとして採用され、正社員に。シニアデザイナーを経て、2012年同社を退社、独立してONO BRAND DESIGNを設立。共著に『ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング』(MdNコーポレーション)。受賞歴はPentawards(国際パッケージデザインコンペティション )ブロンズ賞(2017)、日本タイポグラフィ年鑑 ベストワーク賞 (2015)など。4歳から中学までの間、埼玉と長野の公文式教室に通う。算数・数学、英語、国語を学習。

会社やブランドの「しるし」ともいえるロゴマーク。言葉で説明するよりも、見ただけで、その会社の想いが伝わるものとして、多くの企業で使われています。2018年に創立60周年を迎える公文教育研究会でも、記念のロゴマークを作成し、KUMONに関わる方々への感謝の気持ちを発信しています。そのデザインを担当してくださったのが小野圭介さん。建築学科出身という、デザイナーとしては異色の経歴の持ち主の小野さんが、デザインの道に進まれたのには、どんな背景があったのでしょうか。仕事の魅力やKUMONの60周年ロゴが生まれるまでの道のりについてもうかがいました。

小さなロゴの中に、
いかに「伝えたい想い」を込めるか

私は、ブランディングデザインといわれる、企業や商品が持つイメージや想いを、デザインを通じて多くの人に伝える仕事をしています。分かりやすく言うと、企業のロゴをつくったり、商品のパッケージをデザインする仕事です。

ロゴは、名刺や商品、パンフレット、あるいは街中にある看板など、色々な場所に使われています。その小さなロゴに、経営理念など企業の「伝えたい想い」をしっかり込め、その想いを消費者に伝えたり、その企業で働く人の士気向上にもつながるように、強くもあり汎用性もあるようにデザインします。簡単ではありませんが、それがこの仕事の魅力でもあります。その企業の「顔」として長く使っていただけると、やりがいを感じます。

パッケージデザインについては、私はこれまでコーヒーや紅茶、お菓子など、スーパーやコンビニで並ぶ商品を中心にデザインしてきましたが、パッケージは消費者の「買う・買わない」を決定づける重要な要素です。一瞬のうちに判断されるので、より感覚に訴えていく難しさがあります。つい、手にとってみたくなる、そんなデザインをめざしています。

こうしたブランディングデザインをするにあたり、まず重要なのは、企業の想いや狙いをしっかり聞いて理解することです。ロゴやパッケージで何を伝えたいのか、その想いの中にデザインのヒントがあるからです。

そこからその想いをどう形にしていくかというと、その企業や商品に関する資料を集めるなどして情報をインプットし、デザインのスケッチをいくつも描きながら、イメージを膨らませていきます。クライアントからの情報だけでなく、街を散策したりスーパーの棚を見たりして、「こんなモノがはやっているんだな」など、生活者の目線で見て、肌で感じ取ることも大事にしています。

小野さんが公文式学習で得て今の仕事にも活きている力とは?

関連記事

2018/01/26更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2015/09/25更新

Vol.024 早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生

学びは本来わくわくする楽しいもの「知りたい!」という知の欲求は「食べたい!」と同じ人間の根源的な欲求

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

バックナンバー

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.361
くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」
「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い
Vol.360
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点③            <可能性の追求>
Vol.359
公文国際学園―模擬国連2020
生徒主体で運営する模擬国連 さまざまな国の現状を知り 国際問題の議論を通して視野の広がりを実感
Vol.358
KUMONの子ども文化研究
浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!