OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/11/10更新

Vol.049

パティシエ 本間友梨さん  前編

地道に積み重ねることで
知識や技術が身につき
やがて生活のとなる

本間 友梨 (ほんま ゆうり)

大阪府生まれ。地元の高校を卒業後、辻製菓専門学校へ進学。大阪の洋菓子店「なかたに亭」を経て東京へ。日本を代表する料理人、三國清三氏がオーナーシェフを務める「オテル・ドゥ・ミクニ」の菓子部門で修行を積む。同店でシェフ・ドゥ・パティシエ(菓子部門長)を務めていた師匠、寺井則彦氏の独立開業に伴い、パティスリー「エーグルドゥース」へ。29歳のとき単身フランスに渡ったのち、ルクセンブルクで3年半修行。2012年に帰国後、日本初の本格アントルメグラッセの店「GLACIEL(グラッシェル)」の立ち上げメンバーとなり、現在は表参道店でシェフを務める。公文式教室には5歳から10年ほど通う。

日本ではまだ馴染みの薄い「アントルメグラッセ」と呼ばれるアイスクリームでつくったデコレーションケーキのシェフ(製造責任者)として、日本のスイーツ文化に新たな風を吹き込んでいる本間友梨さん。濃厚なアイスクリーム、フレッシュフルーツのシャーベット、香ばしいアーモンドスポンジ生地の三重奏が口の中で広がる“究極のスイーツ”は、味もさることながら、本間さんが考えるハリネズミなどをかたどったキュートなデザインも人気です。「ケーキ屋さんになる」という夢をかなえるために、フランスやルクセンブルクで修業し、言葉や人種の壁を乗り越えて認められ、夢を実現させた本間さん。その道のりやパティシエの魅力、商品開発の秘訣などについてうかがいました。

公文の先生から学んだ
「くり返し確認」の大切さが仕事にも活きている

本間友梨さん

公文式は5歳から15歳くらいまで、10年ほど続けました。国語や英語もやりましたが、ずっと続けていたのが算数・数学です。そのおかげもあって、数学は学校ではいつも100点をとることができました。通っていた公文の教室の先生は、100点をとるまで絶対に家に帰してくれなかったんです。だから3時間以上教室にいるときもありました。教室には身体に障害がある子も通っていましたが、先生はその子にも他の子たちとまったく同じ対応をしていました。とても公正で信念のある先生でしたね。

私は中学生の頃は、髪を染めたりしてやんちゃだったんです(笑)。でも公文の先生は私の外見が変わっても別に何も言わず、いつも通りに接してくれました。おかげで勉強はできる方で、友人に放課後に数学を教えたりしていました。

公文の学習は、できるとどんどん進んで楽しくなってくるのですが、その先生は、調子に乗ったところでふいにまた少し前の内容に戻すんです。するとそれができなかったりする。それが悔しくてやり直す。そのくり返しでした。

それで何をするにも必ず確認するクセがつきました。今仕事をしていても、発注書や請求書、配合の数字なども二重三重にチェックします。ひとつでも間違えていたら悔しくて、その夜は眠れないほど。収支の資料など、数字がずらっと一覧で並んでいるのを見ても、苦手意識はそれほどありません。一覧表は、表計算ソフトで間違いなく計算されているはずなのに、まず暗算でざっと確認し、おかしいなと思うものは計算機片手に見直すこともあります。

計算そのものが違っていることはないのですが、おおもとの式が違っていることもあるんですね。これは間違いなく、公文式で10年間学び、くり返しチェックすることの大切さを教えてくれた先生のおかげです。とても感謝しています。

高校に入ってレストランでアルバイトを始めたら、責任ある仕事を任されるようになって、働く面白さに目覚めました。高校卒業後の進路を決めるにあたり、わたしは迷わずケーキ職人になる道を探りました。高校の先生には調理師を勧められましたが、最終的には自分が行きたかった製菓専門学校を選びました。そこを20歳で卒業し、大阪の洋菓子店に勤めました。人間関係もよく、仕事も任せてくれてとてもよい環境だったのですが、当時はそのよさに気づかず、憧れの東京で勉強したくて、反対する父を説得して22歳で上京しました。

フランスでの修業の日々とは?

関連記事

2017/11/17更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/04/08更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!