OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/08/10更新

Vol.046

盆栽芸術家 秋山実さん  後編

素材を見極め先を見る
人も盆栽も「続ける」ことで
成長結果がついてくる

秋山 実 (あきやま みのる)

1979年生まれ。山梨県韮崎市の秋山盆栽園2代目。山梨県立韮崎高校を卒業後、東京の春花園BONSAI美術館にて6年間の修業を終え、現在に至る。29歳の時に2008年度第34回日本盆栽作風展において、史上最年少で盆栽界の最高峰の賞である内閣総理大臣賞を受賞。また同年、日本さつき組合主催のプロの競技会である第20回皐樹展においても最高賞の皐樹展大賞を受賞。盆栽芸術家として日本のみならずヨーロッパをはじめ海外にてデモンストレーションやワークショップを通じて盆栽の普及・発展に尽力する。内閣総理大臣賞3回受賞。公文では、年長から小学校5年生まで算数・数学と国語を学習。

若くして盆栽界における数々の名誉ある賞を手にされている盆栽芸術家、秋山実さん。高校卒業後の6年間の修業を経て、現在はみずから顧客を開拓したり、海外で指導したりと精力的に活動されています。実家を離れての住み込みの修業生活では、辛いこともあったかと思いきや、「盆栽をやめたい」と思ったことは一度もなかったそう。秋山さんを引きつける盆栽の魅力とは?修業で得た学びや、盆栽家として技術を磨くために意識してきたことなどについてもうかがいました。

基礎をしっかり学び
何にでも興味をもって「知ること」を楽しもう

秋山実さん

盆栽は、雨が当たって日当たりが良くないと育ちません。つまり庭がなくてはならず、今の日本の住宅事情では、盆栽を楽しむのは難しい面もあります。最近はインテリアのような盆栽も登場していて、それはそれで盆栽の入り口となりますし、いろんな形があっていいと思います。しかし私たち盆栽家は、伝統的なスタイルを続けていかねばなりません。続けていないと、今の代で終わってしまいますから。

その意味では、後進を育てていくことも大事な仕事のひとつです。私の修業時代は、すべての木の種類の手入れができるだけでなく、営業も覚えるよう鍛えられましたが、今はその人ができることを伸ばせばいい、万能にする必要はないという考えが主流です。得意な分野を集中的にやることで、その人の個性が出てくるという考え方でしょう。しかし、早くから一分野にだけ特化してしまうと、得意な分野にしか興味がいかなくなってしまいます。ですから私自身は、ひと通り基礎はできたほうがいいと思います。そのうえで、自分がやりたい方向に伸ばしていくのがいいのではないでしょうか。

子どもたちには、何にでも興味をもって取り組み、「知ること」を楽しんでもらいたいと思っています。興味をもたないことには何も始まりませんから。知らないことを知ることによって、さらに別の知らないことが出てきます。それをまた知ることで、どんどん世界が広がっていく。

私の場合、仕事は盆栽ですが、盆栽では鉢という底に穴の空いた器を使い植え込みます。すると焼き物の世界にも興味が湧いてくる。そこからさらに焼き物の土や釉薬などに関心が出てくる。こんなふうに興味は無限に広がります。

私には2人の娘がいますが、盆栽への興味はどうかなあ。見守っていきたいと思います。この盆栽園は親父の代のもの。ですから、いずれ引っ越して自分の盆栽園を作る予定です。そこでは床の間を作って盆栽を飾るなど、盆栽を文化的に展示することを構想中です。実現したらぜひ見に来ていただきたいですね。

前編を読む

関連リンク
秋山盆栽園ウェブサイト


 

秋山実さん  

後編のインタビューから

-秋山さんが考える盆栽の魅力とは?
-秋山さんの子ども時代
-修業時代に養った大切な力とは?

前編を読む

関連記事

2017/08/04更新

Vol.046 盆栽芸術家 秋山実さん

素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!