KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/11/26更新

Vol.424

KUMONの取り組むSDGsを考える①前編   

KUMONの理念を実現する先に
SDGs達成の未来がある

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標が「SDGs(=Sustainable Development Goals)」。こちらの企画では、各界のオピニオンリーダーや実践者の方々をお招きしてKUMONのSDGsへ向けた取り組みへの理解を深め、世の中が求める「質の高い教育」を考えていきます。
今回は広島大学教育開発国際協力研究センター長で、SDGsの第4目標「教育」に関わる国際的調整組織である「SDG-Education 2030 Steering Committee (ステアリングコミッティ)」の共同議長を務めた吉田和浩教授をお招きして、KUMON社長室長の徳永と対談を実施。SDGsを理解する上で押さえておくべきポイントをお話しいただきました。

公文の理念に通じる、SDGsの第4目標「質の高い教育をみんなに」

吉田:すでに気になるキーワードが数々出てきましたが、BRACと協力というのは着眼点が素晴らしいですね。

SDGs対談

徳永:先ごろ、創始者が掲げていた理念に立ち返る機会があったのですが、その言葉というのが「われわれは 個々の人間に与えられている可能性を発見し その能力を最大限に伸ばすことにより 健全にして有能な人材の育成をはかり 地球社会に貢献する」なんです。
実は私も入社当時は、社会人になって「地球社会に貢献」という言葉を口にすることには戸惑いがあって、気恥ずかしかった記憶があります。しかし、それが創始者の想いであり、ここに向かって活動しているんだと改めて振り返るようになりました。近ごろはSDGsと発するたびに、一人ひとりが創始者の想いと照らし合わせながら、どこに向かって活動しているのか、私たちに何ができるのか模索している最中です。

吉田:このところ業務としてSDGsに携わる方々も増えておりますが、「わが社がやっていることは実は前からSDGs的なことなんだ」と気づかれるところがかなり多いのではないかと思うんです。
SDGsは便宜上、世界の開発や発展という枠組みの形を取っていますが、一番の問題は我々の日々の営みをどうするのかということなんですね。
日本が自然や、人と人同士、また他国も含めてどのように関わって生活してきたか、日本が大切にしているものが、SDGsが求めているものと親和性が高いとか共鳴するものもたくさんあるのです。自分たちが誇りを持っているけど当然のものと見なしていたことを、SDGsを機に見直し、発信してみるのもいいと思います。
そこで立ち止まってみると、SDGs的文脈で語られる“インクルージョン” (多様な人々が互いに個性を認め、一体感を持って働いている状態)を理解した上でやっていたのか?あるいは、長年培ってきたなかで、もうその恩恵にあやかっているから何がいいのか特に気にしたことがないのか、もしくは、なぜ実現できていたのか理解できているか、など様々なことがわかると思います。
私たちの教育の領域でも、何がいいのか特別気にしたことはないですが、外国から見ると日本型の授業研究がいいと言われるような部分があります。たとえば「どうして日本は先生と先生の間に信頼関係ができているんですか?」と聞かれても、「以前からそういうものなんです」としか答えられないわけですよ。

徳永:確かに、そういうところは往々にしてありますね。

外から眺め、自らを吟味する

関連記事

KUMONグループの活動  2021/12/21更新

Vol.428 KUMONの取り組むSDGsを考える①後編

KUMONの理念を実現する先に SDGs達成の未来がある

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

KUMONグループの活動  2022/08/23更新

Vol.451 KUMONの取り組むSDGsを考える③前編

公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

バックナンバー

KUMONグループの活動  2023/01/31更新

Vol.469 地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生

KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力

KUMONグループの活動  2023/01/24更新

Vol.468 公文書写―「書く」と「描く」

「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~

KUMONグループの活動  2023/01/17更新

Vol.467 Baby Kumon 10年の歩み

~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~

KUMONグループの活動  2023/01/10更新

Vol.466 KUMONの各事業トピックス2022

公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~

KUMONグループの活動  2022/12/27更新

Vol.465 初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~

縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!