KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/11/26更新

Vol.424

KUMONの取り組むSDGsを考える①前編   

KUMONの理念を実現する先に
SDGs達成の未来がある

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標が「SDGs(=Sustainable Development Goals)」。こちらの企画では、各界のオピニオンリーダーや実践者の方々をお招きしてKUMONのSDGsへ向けた取り組みへの理解を深め、世の中が求める「質の高い教育」を考えていきます。
今回は広島大学教育開発国際協力研究センター長で、SDGsの第4目標「教育」に関わる国際的調整組織である「SDG-Education 2030 Steering Committee (ステアリングコミッティ)」の共同議長を務めた吉田和浩教授をお招きして、KUMON社長室長の徳永と対談を実施。SDGsを理解する上で押さえておくべきポイントをお話しいただきました。

吉田 和浩(よしだ かずひろ)

長野県生まれ。獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、商社に就職。海外コンサルティング企業協会の研究員に転じ、英国のサセックス大学にて開発学修士を取得。その後世界銀行に入行し、アフリカ局人的資源エコノミストとしてアフリカ各国の教育プロジェクトを担当、人間開発ネットワーク副総裁室業務官、国際協力銀行開発セクター部社会開発班課長などを経て、2006年4月より広島大学教育開発国際協力研究センターに着任し、13年4月には同センター長に就任。SDGsの第4目標「教育」に関わる国際的調整組織であるSDG-Education 2030 Steering Committeeの共同議長を2020年までの2年間担当。

公文の理念に通じる、SDGsの第4目標「質の高い教育をみんなに」

社長室長 徳永(以下、徳永):吉田先生には以前もスペシャルインタビューで登場していただきましたが、現在のご活動について改めてお伺いできればと思います。

Kumon now!スペシャルインタビュー(2018年)

SDGs対談

吉田和浩先生(以下、吉田): 前回(2018年)にインタビューをお受けしたときには、すでにSDGsの第4目標「質の高い教育をみんなに」の素案を策定した委員会に参加しておりました。2013年頃からユネスコが事務局を務めるEFA(=Education for All:万人のための教育)推進委員会のアジア太平洋地域の代表として活動しておりまして、2015年にSDGsが採択されてからは、教育に関わる国際的調整組織であるSDG-Education 2030 Steering Committeeの共同議長を2019年から2年間担当していました。他には文科省と環境省が主催しているESD(持続可能な開発のための教育)円卓会議や、日本ユネスコ国内委員会などにも参加しています。さまざまな情報に接していますし、批判的な解釈もできるし、ということで重宝がっていただいているのかと思います。
また大学の研究者としては、アフリカ、アジアの教育において、政策と実践が連携できているか、政策的な意図と反して機能していないのはなぜか、政策につながるよい実践はどう行われているのか…多様な観点から研究を進めています。
そのかたわら、広島大学教育開発国際協力研究センターで国際会議を主催したり、JICAからの要請を受託して途上国の教育行政官を訓練プログラムに受け入れたりと…。
いずれにせよ全部に通じているのは、特にアフリカ、アジアの教育について研究し、問題や改善策を考え、学んだことを学校の先生から大臣クラスの人たちまで様々な立場の方と共有するということでしょうか。
本日はテーマがSDGsですので、KUMONがどのような発信をされているか現状をお伺いできればと思います。

徳永:先生がおっしゃっているSDGsの4番目のゴール、「質の高い教育をみんなに」に関していえば、KUMONはSDGsという言葉ができるずっと前、創立当初から意識して取り組んでいました。
KUMONの事業としての発祥は、創始者である公文公が、自学自習でひとりでも多くの子どもに学習を届けたいと1955年に大阪に開いた教室です。1958年に大阪数学研究会(前身)を創立し、その4年後には、「海外にも公文式を広げるんだ!」と大きな夢を事業計画に描いていたんですね。
実際1974年にアメリカ・ニューヨークで算数・数学教室を開いたのが海外展開の1歩目で、1989年にはニューズウィーク誌に、その翌年にはタイム誌に記事が掲載されたことで問い合わせを受けるようになり、そこから海外展開が活発になりました。1970年代にはすでにブラジルや台湾、ドイツで教室が開設し、現在は50を超える国と地域で展開しています。
吉田先生が注力されているアフリカ、アジアの教育については、私たちも南アフリカやケニア、バングラデシュなどで展開しています。バングラデシュにおいては、KUMON単独ではなく、JICAの支援、JETROなどの協力を受けて、NGO組織のBRACと協働し、教室を開設しています。また、収益の一部をつかって、貧困層の子どもたちにも公文式学習を届けていくスキームについて、まだ道半ばではありますが、取り組んでおります。

SDGsに関わることも、知らずに実行している

関連記事

KUMONグループの活動  2021/12/21更新

Vol.428 KUMONの取り組むSDGsを考える①後編

KUMONの理念を実現する先に SDGs達成の未来がある

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

KUMONグループの活動  2022/08/23更新

Vol.451 KUMONの取り組むSDGsを考える③前編

公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

バックナンバー

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/01更新

Vol.460 公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語

国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~

KUMONグループの活動  2022/10/28更新

Vol.459 英語で社会の課題解決策を考えよう

地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities

KUMONグループの活動  2022/10/25更新

Vol.458 公文書写ー親子4世代で学習

母、娘、孫と学ぶ充実の日々 デジタル時代に、手紙で紡ぐ絆

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!