KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/04/20更新

Vol.400

知らないこと、不思議なことを考えてみよう  

さあ、どんな本を読もう?
くもん出版この春オススメの3冊

2021年度の新学期が始まりました。新型ウイルス感染拡大の影響が続く中、新しい生活をスタートさせるご家族も多いことでしょう。そんな春にオススメの3冊をご紹介します。小学校低学年向け、中学年向け、高学年向けに1冊ずつピックアップしています。

『すきなこと にがてなこと』
だれにでもある「すき」「にがて」をとおして、多様性を考える絵本

『すきなこと にがてなこと』『すきなこと にがてなこと』
新井洋行・作  嶽まいこ・絵
(読者対象:小学校低学年から 定価:1,540円)

ぼくはスポーツがだいすきだけど、みんなの前で発表するのはにがて。そんなときはりんちゃんがいっしょに発表してくれる。でも、りんちゃんは動物がにがて。そんなときはけんちゃんがてつだってくれる…そんな風にしてクラスの友だち、家族、町の人や、世界じゅうの人とも、「ぼく」がつながっていきます。

『すきなこと にがてなこと』

だれにでも好きなこともあれば、苦手なこともある。それぞれに違っているからこそ、人々がつながりあうことができます。多様な人々が共生するこれからの社会を生きる子どもたちに、自分を認め、他者と支えあうことの素敵さを伝える絵本です。
『すきなこと にがてなこと』の詳細はこちら
https://www.kumonshuppan.com/ehon/ehon-syousai/?code=29533

『小さな小さなウイルスの大きなはなし』
ウイルスの見かたがきっと変わる! 見えない世界を科学する絵本

『小さな小さなウイルスの大きなはなし』『小さな小さなウイルスの大きなはなし』
伊沢尚子・文  坂井治・絵  中屋敷均・監修
(読者対象:小学校中学年から 定価:1,540円)

いま、世界中を脅かす「ウイルス」という存在。しかし、ウイルスは実はとても身近でありふれていて、生命や地球環境とも深い関係にあるものです。ウイルスは目に見えず、「そもそも何?」「どのくらい小さい?」「どこにいるの?」「どうやってふえるの?」といった疑問にこたえることは簡単ではありません。

『小さな小さなウイルスの大きなはなし』

主人公の姉弟と対話しながら、すこしずつウイルスたちの見えない世界に分け入り、ヒトとウイルス、ウイルスと生命の関係にもせまっていきます。新型コロナを少し離れ、「大きな」目線でとらえれば、ウイルスの見かたがきっと変わるはずです。
『小さな小さなウイルスの大きなはなし』の詳細はこちら
https://www.kumonshuppan.com/ehon/ehon-syousai/?code=29556

『池の水なぜぬくの?』
外来種を探すだけではない“ほんとうの理由”

『小さな小さなウイルスの大きなはなし』『池の水なぜぬくの?』
安斉俊・作 絵  勝呂尚之・監修
(読者対象:小学校高学年から 定価:1,540円)

池の水をぬいて、外来生物を探すテレビ番組が人気です。在来生物と外来生物のことを考えるよいきっかけになる番組ですが、池の水をぬくほんとうの理由は、じつは別のところにあります。
池の水ぬきは、池に“洪水が起きたあとの状態”をつくり、生きものを守るための科学的な取り組みです。かつて研究施設に勤務し、池の水ぬきにもたずさわった著者が、本業のイラストを駆使してわかりやすく紹介します。

『池の水なぜぬくの?』

『池の水なぜぬくの?』の詳細はこちら
https://www.kumonshuppan.com/ehon/ehon-syousai/?code=34598

関連リンク
くもん出版

関連記事

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONグループの活動  2020/07/22更新

Vol.364 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 夏休みに 読んでみたい本

KUMONグループの活動  2017/10/17更新

Vol.231 うたのある楽しい子育てを!

ことばの豊かな子をそだてる 『くもんの うた200えほん』刊行

KUMONグループの活動  2017/06/20更新

Vol.214 くもん出版の将棋シリーズ

「できた!」を積み重ねて「わかる」に ~公文式のよさを生かした商品づくり~

KUMONグループの活動  2019/08/06更新

Vol.317 『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行

過去に学び、未来を描く 次世代へ手渡されるバトン

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/04/27更新

Vol.401 浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」

浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~

KUMONグループの活動  2021/04/20更新

Vol.400 知らないこと、不思議なことを考えてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊

KUMONグループの活動  2021/04/13更新

Vol.399 KUMONの取り組むSDGs

個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

子育て・家庭学習  2021/04/06更新

Vol.398 家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONグループの活動  2021/03/30更新

Vol.397 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑫            <悪いのは子どもではない>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.076 後編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.076 前編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.067 後編
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.067 前編
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.065
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!