KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2020/07/22更新

Vol.364 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう  

さあ、どんな本を読もう?
くもん出版オススメ 夏休み
読んでみたい

いよいよ夏休みが始まります! とはいえ、新型ウイルス感染拡大防止のための臨時休校により、夏休みの短縮という措置が取られる自治体も多くあります。また、休み中もご自宅で過ごされることが多いかもしれません。不自由な日常ではありますが、子どもたちには、本のなかでは自由な心で過ごしてほしいと思います。
今回は夏休みにオススメの3冊をご紹介します。
犬が一匹で旅に出る? 心温まる旅物語やおいしいお菓子にまつわる戦争の歴史。そして平和への願いを込めた高校生たちの物語……。ぜひ豊かな本の世界を味わってください。

『こんぴら狗

『こんぴら狗』
犬一匹、江戸から讃岐の金毘羅(こんぴら)参りへ!?
江戸時代、伊勢参りや金毘羅参りは庶民の憧れ。けれどもなかなか旅には出られないため、代わりに飼い犬にお参りに行かせる。そんな、今では信じられないユニークな風習がありました。なかでも讃岐の金毘羅まで、代理でお参りにいく犬のことを「こんぴら狗(いぬ)」といいます。本作はその「こんぴら狗」を題材に描かれました。病気の飼い主の治癒祈願に、お参りに出された犬のムツキ。波乱万丈の旅とその旅を応援し、ムツキの金毘羅参りにささやかな祈りを託す人々の温かさを描きます。

『こんぴら狗』3年にわたる取材を経て書き上げられた、
こだわりの創作歴史物語です

『こんぴら狗』
今井恭子・作 
いぬんこ・画
読者対象:小学高学年から
定価:本体1,500円+税

『こんぴら狗』の詳細はこちら
https://www.kumonshuppan.com/ehon/ehon-syousai/?code=39298

バウムクーヘンとヒロシマ

『バウムクーヘンとヒロシマ』
人気のお菓子、バウムクーヘンが語る戦争
小学6年生の颯太は、菓子伝説の地、バウムクーヘン伝来の島、広島湾に浮かぶ似島を訪ねます。ところが、颯太が聞いたのは、お菓子とはかけ離れたつらい話でした。今から100年ほど前、1919年3月4日。日本で初めてバウムクーヘンが販売されたのは、広島市にあった物産陳列館。のちに産業奨励館と名前を変え、1945年8月6日を境に、原爆ドームと呼ばれるようになりました。そして、初めてバウムクーヘンを焼いたユーハイムさんは、第一次世界大戦で似島に連れてこられた、ドイツ軍の捕虜でした。

バウムクーヘンとヒロシマ日本人がこれまで見たことも、
食べたこともないお菓子、バウムクーヘン

『バウムクーヘンとヒロシマ』
巣山ひろみ・著 
銀杏早苗・絵
読者対象:小学高学年から 定価:本体1,400円+税 

『バウムクーヘンとヒロシマ ドイツ人捕虜ユーハイムの物語』の詳細はこちら
https://www.kumonshuppan.com/ehon/ehon-syousai/?code=34604

平和のバトン 高校生たちが描いた8月6日の記憶

『平和のバトン』
“記憶”を“記録”する、高校生たちの平和への取り組み
原爆が投下されて、今年で75年になります。やがて被爆者がいなくなれば、失われてしまう記憶。「このままでは、原爆のことが忘れられてしまう」と、勇気を振りしぼって話し始めた被爆者の声を、見た光景を、広島市立基町高校で美術を学ぶ高校生が、一年をかけて一枚絵にして記録する「次世代と描く原爆の絵」プロジェクト。高校生たちの平和への取り組みを追った、ノンフィクションです。本書は、第66回青少年読書感想文コンクール・中学生の部の課題図書に選ばれました。

平和のバトン 高校生たちが描いた8月6日の記憶被爆証言者との一年にも及ぶ対話のなかから、
高校生たちが描き出した絵

『平和のバトン 高校生たちが描いた8月6日の記憶』
弓狩匡純・著
読者対象:小学高学年から 
定価:本体1,500円+税

『平和のバトン 高校生たちが描いた8月6日の記憶』の詳細はこちら
https://www.kumonshuppan.com/ehon/ehon-syousai/?code=34594

第66回青少年読書感想文全国コンクールの詳細はこちら
https://www.dokusyokansoubun.jp/books.html

関連リンク
『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行|KUMON now!

関連記事

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONグループの活動  2019/08/06更新

Vol.317 『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行

過去に学び、未来を描く 次世代へ手渡されるバトン

KUMONグループの活動  2017/10/17更新

Vol.231 うたのある楽しい子育てを!

ことばの豊かな子をそだてる 『くもんの うた200えほん』刊行

KUMONグループの活動  2017/06/20更新

Vol.214 くもん出版の将棋シリーズ

「できた!」を積み重ねて「わかる」に ~公文式のよさを生かした商品づくり~

KUMONグループの活動  2017/12/12更新

Vol.239 創造力を育む玩具をクリスマスプレゼントに!

くもん出版の玩具開発の秘訣とは…? ~『NEWくみくみスロープたっぷり100』 発売に寄せて~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!