トップ > KUMON now! > トピックス > ことばの豊かな子をそだてる『くもんの うた200えほん』刊行!

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/10/17更新

Vol.231 うたのある楽しい子育てを!  

ことばの豊かな子をそだてる
『くもんの うた200えほん』刊行

2017年10月、くもん出版から、絵本『くもんの うた200えほん』が刊行されました。くもんの半世紀以上の指導実践のなかで、うたが好きな子ども、たくさんのうたを覚えた子どもほど、ことばが豊かにそだつことがたしかな経験として伝えられています。本書は、くもんが大切にしてきた「うたを通してことばの力を伸ばす」という考えを、ご家庭で実践していただけるようにと制作しました。

ことばの世界を広げる“うた”

公文式は、創始者である公文公(くもん とおる)がわが子におこなった数学教育から始まりました。しかし、公文公がそれ以前に重視していたのは読書教育でした。わが子への家庭教育をうたで語彙を増やすことから始めて、読書好きにそだてようと考えたのです。

くもんには「うた200、読み聞かせ1万、賢い子」ということばがあります。これは、うたを200曲覚えるくらい、読み聞かせを1万回してあげるくらい、お子さまとことばを通じたコミュニケーションをすることが「賢い子どもを育てる」ということを表しています。決して無理やり詰めこむということではなく、たくさんの歌いかけや語りかけにより、親子の絆を深め、心とことばを豊かにしていくということです。

特にうたにはリズムやメロディーがあるため、歌詞が記憶されやすく、語彙を増やし、ことばの世界を広げるのに、とてもよい方法だと考えています。

『くもんの うた200えほん』の内容

手あそびうたから人気の童謡まで、全200曲を、人気絵本作家やイラストレーターが描きおろした美しい絵とともに、収録。曲ごとに語彙数(自立語の数)が分かるようになっており、歌うことで、多くのことばに触れられることが実感できます。まだ文字が読めないお子さまでも、絵とともに歌詞を見て歌うことで、自然と文字への興味を育むことができます。
また、親子で楽しみながら、継続して使っていただける工夫として、本にはそのうたを歌った日の書き込み欄やお子さまの様子を残しておけるチェック欄を設け、付録として、お子さまの成長過程が記録できる「うた200おやこノート」や200曲のうちのどのくらいまでを歌ったのかが一覧でわかるポスターをつけました。


本文見開き

付録の「うた200おやこノート」

付録の「ポスター」

親子のきずなを深め脳と心をはぐくむ「歌いかけ」

発達心理学の田島信元先生は、特に0~1歳台に体験したお母さんの声による「歌いかけ」が、子どもが自ら学んで育つ土台づくりに大切な役割を果たすことを指摘され、 
「子どもたちの脳と心がすこやかに発達していくための、すべての土台になるものとは、なんでしょうか。それは『親子のきずな』です」
「『歌いかけ』は、親子のきずなづくりを、生まれた瞬間から、いつでもどこでも、心地よく楽しくできる、素敵な手段になってくれるのです」
とおっしゃっています。
うたによるはたらきかけは、ことばの数を増やすだけではありません。子どもたちの小さな成長を喜び見守りながら、親子のきずなづくりを深めていきましょう。

うたのある楽しい子育てを!

本書は、くもんが持つ子育ての知恵をお伝えし、歌うことを親子の習慣にして、子どもの成長とともに長く楽しんでいただける絵本です。お子さまのお気に入りのうたを見つけたり、手あそびうたで遊んだり、季節のうたで新しいことばを覚えたりと、楽しみかたはいろいろ。うたを通して、親子のきずなを深め、お子さまのことばの世界を豊かに広げてあげましょう。うたのある、楽しい子育ての一助となる一冊です。

関連リンク
『くもんのうた200えほん』についての詳細はこちら
※収録曲CD(別売)『ことばの豊かな子をそだてるうた200アルバム①』『ことばの豊かな子をそだてるうた200アルバム②』もございます。また、主要音楽配信サイトより、ダウンロード版を配信しております。
CD版 くもんのうた200アルバム①
CD版 くもんのうた200アルバム②


『くもんの うた200えほん』刊行|プレスリリース

関連記事

KUMONグループの活動  2020/06/30更新

Vol.361 くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」

「ことばを教えるには歌が一番よい」      -公文公の想い

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

KUMONグループの活動  2020/03/24更新

Vol.346 くもんの「漢字カード」誕生の背景

文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ

子育て・家庭学習  2014/10/06更新

Vol.056 小児医療と絵本

KUMONの読み聞かせに関する 科学的な研究成果が 専門誌『小児歯科臨床』で 紹介されました外部研究者(脳科学者・心理学者)とKUMONとの共同研究、「歌と読み聞かせ」を科学する

KUMONグループの活動  2015/12/02更新

Vol.118 プレゼントにおすすめの知育玩具

夢中で遊びながら 知識が増える 集中力や創造力が育つ ~KUMON TOYのご紹介~

バックナンバー

2020/11/24更新

Vol.380 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑧            <低い出発点>

KUMONグループの活動  2020/11/17更新

Vol.379 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)

子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生

KUMONグループの活動  2020/11/10更新

Vol.378 浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」

子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~

KUMONグループの活動  2020/11/04更新

Vol.377 特別対談 たかまつななさん×KUMON

お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」

KUMONグループの活動  2020/10/27更新

Vol.376 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑦            <学習習慣>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!