KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/11/22更新

Vol.331 単位制高校(通信制)ミニフォーラム  

学校と企業の協働
すべては生徒を伸ばしたい思いから
~公文式導入校の先生方の学びの活動~

2019年7月、「公文式導入校・単位制高校(通信制)ミニフォーラム」が大阪で開催されました。このミニフォーラムは、2019年度、全国2か所で行われ、大阪会場には約50名の西日本の導入校の先生方、公文教育研究会の導入校担当者が集まり、「一人ひとりの生徒を伸ばすために」をテーマに活発に学び合いました。

公文式を活用して課題解決

徳風高校 公文式学習の様子

公文式の導入事業は、創立間もない頃、児童養護施設での学習支援から始まり、現在では、高校、大学、児童福祉施設、障害者施設など、さまざまな学校や施設で進んでいます。
生徒の多様性が広がる中、学力や学習姿勢・意欲の格差に悩む高校や大学。そうした学校現場から「公文式を学校で活用したい」という要望を受け、それぞれに合った方法で公文式学習が導入されています。学校現場の目標実現や課題解決を目指して、学校とKUMONが協働するということが増えてきました。

実践事例を学び合い、子どもたちに「ちょうどの学習」を

今回のミニフォーラムには公文式を導入する単位制高校(通信制)の先生方と導入事業を担当するKUMONの社員が集まりました。プログラムでは実践事例として、公文式を導入する2校から発表がありました。
香川県丸亀市にある村上学園高等学校では、生徒個々の学習レベルに合わせた教育を模索する中、公文式学習法と出会い、2013年11月に導入に至りました。現在では全学年の生徒が数学と国語を学習しています。導入から5年、すべての生徒たちが「ちょうどの学習」に取り組めるよう、日々工夫を凝らされています。
村上学園高校の取り組みについては下記URLよりご覧ください。

公文式の学校導入―村上学園高等学校<全日制スタイルの通学型・通信制高校>
https://www.kumon.ne.jp/kumonnow/topics/vol303/

徳風高校 東則尚校長

もう1校は三重県亀山市にある徳風高等学校。2019年5月より1年生全員に公文式数学を導入しました。徳風高校の先生方にお話を伺ってみました。
「公文式教材に惚れこみました!」と話してくださったのは東則尚校長。過去ご自身で教材を作った経験から、スモールステップで組まれ、自学自習で取り組むことのできる公文式教材に魅力を感じ、導入を検討し始めたそうです。実際の導入に向けては、日々の学校運営の中で具体的にどのように取り入れていくかなど、考えなくてはならないことはたくさんありましたが、何よりも生徒たちの「自尊感情」を高めていくという大きな使命のために導入に踏み切りました。それからは公文式学習の導入の体制づくり、生徒への指導など、チーム一丸となって取り組んでいらっしゃいます。

尾形大先生:新しい試みだったので不安もありましたが、公文式の研修を受けて面白いかもと感じました。学校や子どもたちのために、可能な範囲で研究して前向きに実践しています。
郷司竜太先生:何のために公文式学習をするのか、ということを生徒たちにきちんと伝えることを大切にしています。きちんと見える化をすることで生徒たちとのコミュニケーションがより活発になり、同じ方向を向くことができていると感じます。
佐藤秀敏先生:少ない時間でも集中した学習姿勢をつけようと公文式を朝学習に取り入れました。自分に見合った「ちょうどの学習」を提供できれば集中してできるんだというのを実感しています。公文式学習を通して、100点をとって喜ぶ生徒の姿を見るととても嬉しいです。生徒たちが自分に自信が持てるようになってきているなということを感じています。
丹羽巧先生:表情が硬かった生徒がほめられることで変わっていくということを強く実感しました。公文式学習をしている生徒たちの様子をよく見て、生徒たちとのコミュニケーションのきっかけにしています。
東則尚校長:「チーム徳風」として、各先生方の強みを活かした指導・運営をしていきたいですね。

 

チーム徳風(徳風高校の先生方と公文教育研究会の社員)

フォーラム後半では各校の実践的な取り組みの様子からヒントを得た先生方がディスカッションを行い、学びを深められました。ここで参加された先生方の声をご紹介します。
星槎国際高校・浦部了太先生:このようなフォーラムで他校の取り組みを伺うのはとても参考になります。他校の先生方が「ちょうどの学習」を意識してより生徒に合った個人別の進度調整に努力されている様子に刺激を受けました。不登校など課題を抱えた生徒が、公文式学習で自分の可能性を見つけ、ほかの取り組みにも良い影響が出てくるように指導していきたいと思っています。
村上学園高校・木村勇貴先生:フォーラムで発表するにあたり、公文式導入についての振り返り・分析の良い機会となりました。生徒たちと目標を共有してチームの一員として一緒に取り組めることができるようになり、とても面白いと感じています。これからも生徒全員が「ちょうどの学習」に取り組める仕組みづくりをしていきたいです。

「生徒を伸ばしたい!」 学校とKUMONの目標は同じ

目の前の生徒たちのために、何ができるのか…。
ミニフォーラムにはそんな同じ目標に向かって一生懸命に考える学校の先生方とKUMONの社員の姿がありました。事例を持ち合い、より良い指導について一緒に考え、学び合う。これからもこのような機会を設けながら、一つひとつの学校に寄り添って、子どもたちのために取り組んでまいりたいと思います。

 

関連リンク
学校での公文式 高等学校・高等専修学校等

徳風高等学校
村上学園高等学校
星槎国際高等学校

関連記事

KUMONグループの活動  2014/11/11更新

Vol.062 高校でのKUMON-村上学園高等学校

「本気でしかってくれる、 本気でほめてくれる、 この学校が大好きです」 不登校、学力不振、高校中途退学生徒の再スタートを目指して

KUMONグループの活動  2015/06/09更新

Vol.090 広域通信制高校でのKUMON

「学び直し」から学力向上、 そして自分の希望がかなう進路選びへ 一人ひとりを大切にし、心機一転がんばる子を応援する 日々輝学園高等学校東京校

バックナンバー

2019/12/03更新

Vol.333 教室で学ぶフランス語・ドイツ語

フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、 新しい世界を広げる

KUMONグループの活動  2019/11/26更新

Vol.332 子どもたちが「できた」を体感

「見て、ふれて、体感できる」が KUMON PARKのコンセプト 保護者の方のご質問にもお答えします

KUMONグループの活動  2019/11/22更新

Vol.331 単位制高校(通信制)ミニフォーラム

学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~

学習者・OBOG  2019/11/19更新

Vol.330 English Immersion Day

学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~

KUMONグループの活動  2019/11/12更新

Vol.329 ポルトガルに公文式教室開設

ポルトガルに公文式教室開設 将来にわたって役立つ力を

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.065 後編
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.065 前編
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!