KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/03/27更新

Vol.251 療育のなかのKUMON-放課後等デイサービスでの取り組み  

障害のある子たちによりそい
一人ひとりが幸せになるサポートをしたい
~ ライフステージに合わせた“つながる療育支援”をめざして ~

「放課後等デイサービス」。ここ数年、よく見聞きするようになった言葉ではないでしょうか。障害のある子たち(6~18歳)を対象として、その名のとおり、放課後や学校がお休みの日などに利用できる「療育の場」としての福祉サービスです。2012年からスタートした比較的新しい福祉制度ですが、子どもたちの将来の自立のために、学校での教育とあいまってとても大切だと認識されるようになってきました。今回は千葉県千葉市からのレポートです。

障害があるからこそ、子ども時代から“生きる力”を育てたい


 斉藤玄樹さん

こんどは同社の斉藤玄樹さんに、チャコの療育方針や公文式学習を放課後等デイサービスでの療育プログラムに導入しようと考えた理由をうかがってみました。

「放課後等デイサービスと児童発達支援をはじめるにあたって、スタッフ全員で熟考し共有したことがあります。それは、保護者の方たちの期待を考えたとき、とても大きな責任を担うという自覚。そして、その期待に応えるために、きちんとした療育の方針を立てようということ。そのなかから出てきたのが、“社会のなかで『生きる力』を身につけてほしい”という方針であり、身辺自立・集団適応・学習支援という、わたしたちが考える療育の3本柱です」

「障害のある子たち対象の療育や教育を学び、実践を通してさらにレベルアップをと考えていました。そうして身辺自立や集団適応には手応えを感じられるようになったのですが、学習支援については課題がたくさんありました。たとえば、保育ではプロであっても教育のプロではないため、教えるスキルやレベルにスタッフ間で個人差がある。障害が重いレベルの子にも、自分の名前が書け、簡単なお金の計算ができるだけの基礎的な読み書き計算をどう教えたらよいかの指針が見えない。それ以前に、きちんと席にすわって学習に取り組めない子もいる…などです。そんなとき、障害者や障害児支援施設での公文式導入を知ったのが公文との出会いでした」

学習支援のさまざまな課題が公文式なら解決できそうだと斉藤玄樹さんは考え、2016年からチャコの放課後等デイサービスと児童発達支援では、従来からの療育支援とともに公文式学習を療育プログラムとして提供するようになりました。とはいえ、公文式学習をすることにチャコのスタッフのみなさんがもろ手を挙げて喜んだわけではなく、やはり心配や不安もあったそうです。そのあたりのことを現在の状況と比べて、スタッフの方2人にふり返っていただきました。まず、児童発達支援(未就学の障害のある子対象)の指導員、宮澤さん。


 宮澤さん

「現在、児童発達支援には2~3歳の子から年長さんまで通ってきていますが、なかでも印象に強く残る子がいます。当時3歳だった女の子。わたしも含め、スタッフの髪の毛をひっぱったりかみついたりがありました。こういう子に学習ができるだろうか? 学習してどんな効果があるだろうか?という疑問はあったのですが、とにかく手を添えてでも運筆のプリント教材に線を引いてみようと週4日のペースで学習を続けてみました。はじめのころは手を添えられるのをいやがったり、鉛筆もうまく持てなかったりでしたが、“まっすぐ線が引けたね”、“きれいに書けたね”とほめ言葉をかけながら学習していくと、だんだん自分から線を引こうとする動きになり、10か月がたつころには手を添えなくても、始点から終点へきちんと線が引けるようになりました。不思議なのは、そのころになると髪の毛のひっぱりやかみつきはほとんどなくなり、表情もとてもやさしくなっていたことです」

公文式で子どもたちに育ててほしいのは“自己肯定感”


 伊藤さん

2人目は放課後等デイサービスの指導員の伊藤さんです。

「公文の学習をすると聞いたとき、正直心配はいくつもありました。鉛筆を持つのもままならない子が学習できるのかな? 障害が重い子も少なくないのに、いっせいに限られた時間のなかで学習ができるのかな?といったことです。でも、いまふり返れば心配しすぎでした。確かにはじめのころは席にすわらない子、集中が続かない子が目立ちましたが、日を追うごとに学習姿勢がよくなっていきました。すごく嬉しかったのは、発語のない子がスタッフに手を添えられて運筆の教材を学習していたのですが、ある日、その子がキラキラした瞳で“自分ひとりでやりたい”と目でうったえてきたことです。そして、実際にひとりできちんと線を引いたのです。思わずたくさんのほめ言葉が出てくるのと同時に、その成長にわたしたちスタッフが元気をもらいました」

ふたたび斉藤玄樹さんです。

「以前から自己肯定感はとても大切だと考えていましたが、この2年近くの公文式の学習指導でのお子さんたちの変化と成長を目の当たりにすると、子どもたちの成長には不可欠なものだと実感できます。できたことをほめられるという積み重ねが、自信を生み、さらに“オレってイケてるよね!”“ワタシってもっといろんなことができるかも!”という自己肯定感を育てていけるのだと思います。学力はその結果として付いてくるとも思っています。昨年の春から、児童発達支援と放課後等デイサービスに加え、障害のある方対象の自立訓練と就労移行支援事業もスタートさせ、こちらでも公文式学習をその支援プログラムのメインにしています。その大きなねらいも、同じく自己肯定感です。自己肯定感は自分を信じる力と考えてもいいと思います。自己肯定感があるからこそ、夢や希望がもて、自己実現をしようという気持ちもでてくるはずです。幼児期、小中高の時期、大人というライフステージの違いはありますが、それぞれのステージに合わせた支援をして、幸せな人生を歩んでいけるサポートができればと考えています」

子どもの変化と保護者の方々の声

関連記事

KUMONグループの活動  2017/03/28更新

Vol.200 自立支援としてのKUMON

“なりたい自分になる”ためのサポート 学びを通しての自立支援 そして人生を拓く支援へ

KUMONグループの活動  2019/09/03更新

Vol.321 “つながる”療育支援―児童発達支援、放課後等デイサービス、自立訓練・就労移行支援施設での公文式

子どもから大人まで 障害や発達に課題のある一人ひとりが 真に自立した人生を歩むための支援をめざして

KUMONグループの活動  2017/08/08更新

Vol.221 浮世絵に見る江戸時代の子どもたち

五感を駆使して身体に滲み込むまでくり返す 「遊び」も「学び」も『生きる力』に通じる

KUMONグループの活動  2014/10/21更新

Vol.059 発達支援としてのKUMON-発達支援トレーニングジムしゃ~れ

一人ひとりを大切にした 発達支援が 多様な未来を拓く 放課後等デイサービス事業所、『発達支援トレーニングジム しゃ〜れ』(仙台)での公文式導入

KUMONグループの活動  2015/10/06更新

Vol.106 就労支援としてのKUMON-諫早ワークスサテライト

“社会の役に立てる人” “その職場になくてはならない人” そんな人になってほしいと思っています 就労移行支援事業所、諫早ワークスサテライトでの公文式導入

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!