KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/10/04更新

Vol.176 公文式OB・OGから後輩へのメッセージ  

公文式学習で身につけた
必ずこれから
受験仕事研究などにいきてくる
-KUMON Jフレンズセミナー-

2016年8月、公文国際学園(横浜市戸塚区)にて、「KUMON Jフレンズセミナー」が開催されました。「KUMON Jフレンズセミナー」とは、KUMONで高校レベル以上の教材を学習している小学生向けのセミナーです。今回は1Dayと2Dayの共通プログラム「公文式OB・OGによるパネルディスカッション」の様子をレポートします。どのように学習に向き合ったらよいか、今の学習が将来どのように役に立つのか、など学年を越えた内容を学ぶ子どもたちに向けた学習者目線での具体的なアドバイスを聞くことができました。

親のこんな対応がありがたかった!
「気持ちに寄り添ってくれた」「自主性を信じて待ってくれた」


質疑応答の様子

小学生の頃から公文で学んでいた庄司さんは、早くから自分の学年より先の内容を学習していました。ときには難しくて内容がわからない問題に出会うこともあります。あるとき、なかなか自力で解くことができない数学の問題を家でお母さまに見せると、1時間以上も一緒に悩んでくれたことがあったそうです。必死に問題に取り組むお母さまの姿を見て「自分はすごいことをやっているんだ」と気づいたと言います。

また、子ども心にはあまり楽しく感じられない作品が英語教材に出てきたとき、気乗りしない彼女の気持ちを「有名なお話なんだけどね、あなたの言うこともわかるな…」と受け止めてくれたこともあったとのこと。今振り返って、「うれしいこと、大変なこと、つまらないことなど、母が共感して受け止めてくれた。そんな母の存在は大きかった」と語ってくれました。

一方の井上さんと酒井さんが親に感謝しているのは、「まかせてくれたこと」。井上さんは「“やりなさい”と言われると、“今やろうと思っていたのに”とやる気を失うタイプ」だそう。そんな井上さんの性格を見抜いてあまり口うるさく言わずにいてくれたことがありがたかったと言います。酒井さんのご両親も、“そろそろやらなきゃ”と思って自分で取り組むまで何も言わずに待ってくれたそうで、自主性にまかせてくれたことに感謝をしていました。

 

子どもを見守る保護者へのメッセージ

最後に、パネリスト3名は、ご自身の経験を踏まえて保護者の方々の質問に応えてくれました。

Q. 小中学時代、学習時間はどれくらいでしたか?睡眠時間はどれくらいとっていましたか?
 
A. 井上さん: 私は睡眠時間が6-7時間は必要なタイプ。眠くなったら寝かせてあげてほしいと思います。あとは、「小さな目標を立てて取り組む」のもいいと思います。私は「○枚やる」と枚数で目標を立てるときと、「○分やる」と時間で目標を立てるときを使い分けていました。難しい教材箇所で「5枚やる」というのは大変でも、「○分は集中して、できるところまでがんばろう」と考えれば、がんばれる場合もあるのではないでしょうか。
庄司さん: 私は夜型で、9時過ぎに帰宅してから公文をやったりしていました。先生と相談して枚数を決め、2教科で1時間半ほどだったでしょうか。弟はまた違ったタイプで、自分で考えて取り組んでいましたね。ご家庭でも、子どもの性格やその子のペースなど、個人別に対応してもらうとよいのではないかと思います。

Q. 子どもがくじけそうなとき、親はどうしたらいい?

A. 庄司さん: 親御さんには「やりなさい」と言うだけでなく、一緒に教材に取り組んでみて、「あなたが今やっていることはすごい」と伝えてあげてほしいと思います。私自身がそうだったように、子どもたちは自分の気持ちを受け止めてもらうことで、“もう少しがんばってみよう”と思えるようになるかもしれません。
酒井さん: プリントをやりたくないとき、やりたくなるまで待ってくれたのがありがたかったです。性格にもよると思いますが、そろそろやらなきゃと本人が思うまで待ってあげるというのも大事かなと思います。

 

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/06/02更新

Vol.357 浮世絵に描かれた遊び

「ままごと」遊びがうつし出すもの ~子どもの遊びから見える人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/05/26更新

Vol.356 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点②            <自学自習>

KUMONグループの活動  2020/05/19更新

Vol.355 フコクしんらい生命との協働

認知症の方とご家族が安心して暮らせる 社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~

KUMONグループの活動  2020/05/12更新

Vol.354 浮世絵から見える江戸時代の人々

“百物がたりのまなび”とは? ~人々の暮らしと「お化け」の関係~

子育て・家庭学習  2020/05/01更新

Vol.353 家庭学習調査2019(3)
保護者の子どもへの関わり方

家族の誰と過ごす時間が 長くなっているのか?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.069 後編
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.069 前編
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!