KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/09/27更新

Vol.175

大学でのKUMON―山梨学院大学  

公文式英語留学準備にも活用
積み重ねた学習の達成感
自信をもって飛び出せた

昨今、大学の教育力への注目が高まっています。ここ山梨学院大学では、グローバル化に対応できる国際人を養成するため、長期語学留学を必修とした「国際教養プログラム」を導入しています。ところが、海外に飛び出す意欲の高さはあっても、個々の英語力に差がある学生たちをどうサポートするかが課題となっていました。そこで、英語の基礎学力向上と定着、さらに留学に向けて自信をつけさせるために、公文式英語学習の導入が始まりました。

留学前に文法の基礎を固めることが肝心

箱根駅伝の常連校として名を馳せる山梨学院大学ですが、陸上選手以外にも数多くのスポーツ留学生が学んでいます。そして彼らの日本語力養成のために、公文の日本語学習が導入されていることは以前レポートしたとおりです*
*山梨学院大学での公文式日本語学習の導入については、記事末尾の関連リンクからご参照ください。

その学習効果が確認できたことはもちろんのこと、大学・学生からも好評だったことにより、同大学の国際交流センター長である原百年(はら ももとし)教授は、国際教養プログラムの留学を控えた学生たちの英語力向上にも公文式の効果が期待できるのではないかと考え、公文式英語を2015年4月から導入しました。

山梨学院大学では、国際教養プログラムのひとつとして、「国際教養セミナー」という授業があります。この授業では、2年生の9月から翌年3月にかけての海外留学が必修となっています。その留学前の準備として、2年生の前期に設置されている授業が「国際教養セミナーA」で、留学に向けた心がまえや手続きなどと合わせ、集中学習での基礎英語力の再構築も行います。しかし、受講学生たちの英語力にはバラつきがあり、時間に限りのある授業で一人ひとりの学生の英語力をどのように底上げするかが大きな課題となっていました。


原百年教授

原教授は、「公文式英語は、学習の量と時間が教材の枚数で確実に担保できるところがよいと思いました。英語力を引き上げるには、継続的に学習時間をしっかり確保することが欠かせませんが、公文式英語教材は授業以外でも自宅やすきま時間を使って学習できますし、しかも個別のレベルに合わせて教材を提供できる点が、私たちのニーズにとても合っていたのです」と話してくださいました。

実際のところ、学生の教材の出発レベルは人それぞれ。「国際教養セミナーA」の学習計画では、授業と宿題をあわせて1週間で最低60枚の学習が必須となります。原教授はこうおっしゃいます。

「これは私の持論ですが、留学に行く前に最低限、中学3年生までの文法をしっかり固めることが肝心です。ここまでの文法は英語の骨格になるところですし、ネイティブ間の日常会話でも、じつはほとんど中3レベルの文法までしか使っていません。そういう点では公文式のように、短期間のうちに反復して学習できることが、苦手克服の上でも効果的だと思います。」

導入初年度の2015年度の学生たちは、前期の半年間の集中学習で、文法力や語彙力の向上が1学年分は上がっていることが実感できたとのことでした。

公文式英語で学んだ大学生たちの感想は?

関連記事

学習者・OBOG  2016/10/04更新

Vol.176 公文式OB・OGから後輩へのメッセージ

公文式学習で身につけた力は 必ずこれから 受験や仕事、研究などにいきてくる -KUMON Jフレンズセミナー-

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

KUMONグループの活動  2014/08/20更新

Vol.050 日本語もKUMON-山梨学院大学

世界のトップアスリートでもある スポーツ留学生の 日本語力養成にぴったりの学習法 超多忙なトップアスリートたちが学ぶKUMONの日本語教材

KUMONグループの活動  2017/10/24更新

Vol.232 日本語学習で夢をかなえる
-公文式日本語プログラム動画レポート

日本語力の向上が競技人生を支える

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!