KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2016/05/02更新

Vol.149 現役大学生が考える英語とは  

イマドキの大学生
英語観とは?!
「関西学生Jazz Festival 2016 大学生アンケート」結果

KUMONでは、関西10大学に通う現役大学生724名に「英語に関する意識調査」を実施しました。調査に協力してくれたのは大学生が主催する「関西学生Jazz Festival 2016」という音楽イベントに関わる学生たち。近い将来日本でも英語を使うことが当たり前となるかもしれませんが、いまの大学生は英語に関してどのような意識を持っているのでしょうか。

【調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:現役の大学生・大学院生・短大生 724名
調査期間:2016年3月7日~3月22日

 

英語は好き?嫌い?それとも…?

「英語は好き」と答えた学生が半数以上でした。ただし、そのうちの約4割が「英語は好きだけど自信がない」と回答しています。「好き」と「嫌い・苦手」のそれぞれの理由や、「好きだけれども自信はない」原因はどこにあるのでしょうか?

 

大学生が英語にふれる機会とは?

全体の8割を超える大学生が何らかの方法で英語を学んでいることがわかりました。英語の学習機会や方法は、「大学の授業」がトップで、その次に多く挙げられたのは「音楽」でした。音楽をこよなく愛する大学生ならではの回答ですね。3位の「SNS」からはイマドキの英語学習事情がうかがえました。

 

英語を好きになったきっかけは
成績アップや「通じた!」と思えた成功体験

「英語が好き」と答えた方に、英語が好きな理由を記入してもらったところ、以下のような内容が多く挙がりました。

・勉強した分だけ伸びたから
・努力が結果として出たから
・外国人とコミュニケーションをとれるのが嬉しかった
・伝わる嬉しさから
・英語の歌詞が理解できたから
・英語の歌を聴いたり歌ったりできるようになったから
・英語を話せるとかっこいいから など

「いつごろから英語を好きだと思うようになったか?」という質問では、「中学生・高校生の頃」が多い結果となりました。また英語が好きな学生に特徴的だったのは、嫌いと答えた学生と比べると、幼児期から英語にふれる環境があった様子がうかがえることでした。

一方、英語を嫌いになってしまった理由とは?

関連記事

調査・研究・アンケート  2019/05/28更新

Vol.308 現役大学生が考える英語とは②

イマドキの大学生の 英語観の変化とは? 「関西学生Jazz Festival 2019 大学生アンケート」結果

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!