KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2016/05/02更新

Vol.149

現役大学生が考える英語とは  

イマドキの大学生
英語観とは?!
「関西学生Jazz Festival 2016 大学生アンケート」結果

KUMONでは、関西10大学に通う現役大学生724名に「英語に関する意識調査」を実施しました。調査に協力してくれたのは大学生が主催する「関西学生Jazz Festival 2016」という音楽イベントに関わる学生たち。近い将来日本でも英語を使うことが当たり前となるかもしれませんが、いまの大学生は英語に関してどのような意識を持っているのでしょうか。

【調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:現役の大学生・大学院生・短大生 724名
調査期間:2016年3月7日~3月22日

 

英語は好き?嫌い?それとも…?

「英語は好き」と答えた学生が半数以上でした。ただし、そのうちの約4割が「英語は好きだけど自信がない」と回答しています。「好き」と「嫌い・苦手」のそれぞれの理由や、「好きだけれども自信はない」原因はどこにあるのでしょうか?

 

大学生が英語にふれる機会とは?

全体の8割を超える大学生が何らかの方法で英語を学んでいることがわかりました。英語の学習機会や方法は、「大学の授業」がトップで、その次に多く挙げられたのは「音楽」でした。音楽をこよなく愛する大学生ならではの回答ですね。3位の「SNS」からはイマドキの英語学習事情がうかがえました。

 

英語を好きになったきっかけは
成績アップや「通じた!」と思えた成功体験

「英語が好き」と答えた方に、英語が好きな理由を記入してもらったところ、以下のような内容が多く挙がりました。

・勉強した分だけ伸びたから
・努力が結果として出たから
・外国人とコミュニケーションをとれるのが嬉しかった
・伝わる嬉しさから
・英語の歌詞が理解できたから
・英語の歌を聴いたり歌ったりできるようになったから
・英語を話せるとかっこいいから など

「いつごろから英語を好きだと思うようになったか?」という質問では、「中学生・高校生の頃」が多い結果となりました。また英語が好きな学生に特徴的だったのは、嫌いと答えた学生と比べると、幼児期から英語にふれる環境があった様子がうかがえることでした。

一方、英語を嫌いになってしまった理由とは?

関連記事

調査・研究・アンケート  2019/05/28更新

Vol.308 現役大学生が考える英語とは②

イマドキの大学生の 英語観の変化とは? 「関西学生Jazz Festival 2019 大学生アンケート」結果

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!