KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2015/06/16更新

Vol.091 くもんのすいせん図書  

年齢学年にとらわれない
「本選び」

「本を読むことは大事だけど、何歳の時に、どの本を読ませたらいいの?」その答えはひとつではありません。子どもによって違っていいからです。子ども一人ひとりに合った「ちょうどの本」があり、その答えをもっているのは子ども自身なのです。

「楽しい」が一番! 本選びのヒント

 vol091_img_01「読書力はすべての学習の基礎」。これは、KUMONがほぼ半世紀にわたって、たくさんの子どもたちと向き合ってきた中で実感していることです。公文式の教室ですぐれた学習成果をあらわした子どもたちの多くは、積極的に本を読み、豊かな感性や自習力を身につけているからです。

では、どうしたら読書力を身につけることができるのでしょうか。 本が好きになる入り口として最適なのが「読み聞かせ」です。赤ちゃんには、身近なものやできごと、遊びを取り上げた絵本を選ぶことをおすすめします。何に興味を示しているか、何ができるようになったかなど、興味や成長に合わせた絵本を選ぶといいですね。そして、何よりお父さんやお母さん自身が読み聞かせの時間を楽しむことが大切。赤ちゃんにもそれが伝わり、「本が楽しい」と思える第一歩となります。

 
言葉を覚え、行動範囲が広くなる2、3歳児は、好奇心がいっぱい。気に入ったことをくり返しするのも、この時期の特徴のひとつ。ですから、絵本もくり返しのあるものが大好きです。リズミカルに何度も同じ言葉をくり返す絵本を読んであげると、絵本の世界が生活や遊びの一部となり、本が身近に感じられるようなります。
 
絵本は、豊かな想像力を身につけ、子どもの世界を広げてくれます。しかし、子どもにとって全く未知の世界のストーリーでは、内容が理解できず、イメージを膨らますことができません。この時期に大切なのは、子どもが共感できる登場人物がいること、遊びや食べものなど身近なテーマが取り入れられていること。子どもが想像力を存分にはたらかせて、主人公や登場人物と一体化しながら楽しむことができる絵本をたくさん読んであげてください。

また、物語絵本を楽しめるようになったからといって、「(絵のあまりない)読みものにすすまなくちゃ」とあわてる必要はありません。それよりも、この時期にしか味わうことのできない絵本のよさを、親子でじっくりと満喫しましょう。子どもが本の楽しさを感じられるようになり、読書へとつながっていきます。

 

本を読むことが自然に感じられる環境づくりを

vol091_img_02次のステップは、子どもが自分で本を読めるようになった時に、どうやって読書習慣を身につけさせるかということ。 まずは、子どもが「本を読みたい」と思った時に、本とふれ合う環境がごく自然にあることが重要です。子どもがいつでも本を取り出すことができるよう、手の届くところにわかりやすく本を置いたり、ふだんから大人が本を読んで家族で本のことを話題にしたり、といった読書環境を用意してあげましょう。

しかし、いざ図書館で借りたり、書店で買おうと思ったとき、たくさんある本の中から、「この子にどんなものをすすめてあげたらいいの?」と悩んでしまうこともあるでしょう。大事なのは、その子自身が本を読む楽しさを感じることのできる本にふれること。興味がわくジャンルやレベルは、子どもによって十人十色。好奇心を年齢や学年別に分けることはできません。「ワクワク、ドキドキ」が、子どもたちの好奇心をくすぐり、「また読みたい」という気持ちを起こさせてくれます。

 

子どもに合わせて選ぶために 「くもんのすいせん図書」

vol091_img_03
くもんのすいせん図書一覧表イメージ(一部拡大)

「くもんのすいせん図書」は「5、6歳向け」「小学低学年向け」などと、年齢や学年別に分かれてはいません。子どもたちに人気が高く、内容的にも優れている650冊の本を選び、それを読みやすい絵本から高度な内容の本へと13段階に分けているものです。これを一覧にまとめたのが「くもんのすいせん図書一覧表」。おうちの中に貼ったり、図書館や書店に行く際に気軽に持っていくことができます。読んだ本にチェックをしていくと、子どもが今どんな本に興味を持っているのかを知ることができますし、子どもにとっては“これだけの本を読んだ”という達成感にもつながります。

PDF版の「くもんのすいせん図書一覧表」は下記関連リンクからダウンロードできます。

ご家庭での本選びにぜひ「くもんのすいせん図書一覧表」を活用してみてください。本は、知らない世界や人に出会わせてくれる“トビラ”です。

関連リンク
「くもんのすいせん図書一覧表」ダウンロード [PDF/366KB]
くもんのすいせん図書について

関連記事

子育て・家庭学習  2014/04/15更新

Vol.032 学力と読書の関係

子どもたちの豊かな育ちに欠かせない“読書”平成25年度全国学力・学習状況調査「保護者に対する調査」結果概要から

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/02/19更新

Vol.295 茅ケ崎市 脳の健康教室

95歳でいきいき暮らす秘訣とは?

KUMONグループの活動  2019/01/29更新

Vol.294 公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校

学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」

KUMONグループの活動  2019/01/22更新

Vol.293 持続可能な教育支援と国際貢献

バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!

KUMONグループの活動  2019/01/15更新

Vol.292 公文書写―公文書写教室編

あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって

KUMONグループの活動  2019/01/11更新

Vol.291 仲間たちとともに60周年
~Honda TV出演~

60周年コラボレーション HondaTV × 公文式

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.052 後編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.052 前編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。