KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2015/06/16更新

Vol.091

くもんのすいせん図書  

年齢学年にとらわれない
「本選び」

「本を読むことは大事だけど、何歳の時に、どの本を読ませたらいいの?」その答えはひとつではありません。子どもによって違っていいからです。子ども一人ひとりに合った「ちょうどの本」があり、その答えをもっているのは子ども自身なのです。

「楽しい」が一番! 本選びのヒント

 vol091_img_01「読書力はすべての学習の基礎」。これは、KUMONがほぼ半世紀にわたって、たくさんの子どもたちと向き合ってきた中で実感していることです。公文式の教室ですぐれた学習成果をあらわした子どもたちの多くは、積極的に本を読み、豊かな感性や自習力を身につけているからです。

では、どうしたら読書力を身につけることができるのでしょうか。 本が好きになる入り口として最適なのが「読み聞かせ」です。赤ちゃんには、身近なものやできごと、遊びを取り上げた絵本を選ぶことをおすすめします。何に興味を示しているか、何ができるようになったかなど、興味や成長に合わせた絵本を選ぶといいですね。そして、何よりお父さんやお母さん自身が読み聞かせの時間を楽しむことが大切。赤ちゃんにもそれが伝わり、「本が楽しい」と思える第一歩となります。

 
言葉を覚え、行動範囲が広くなる2、3歳児は、好奇心がいっぱい。気に入ったことをくり返しするのも、この時期の特徴のひとつ。ですから、絵本もくり返しのあるものが大好きです。リズミカルに何度も同じ言葉をくり返す絵本を読んであげると、絵本の世界が生活や遊びの一部となり、本が身近に感じられるようなります。
 
絵本は、豊かな想像力を身につけ、子どもの世界を広げてくれます。しかし、子どもにとって全く未知の世界のストーリーでは、内容が理解できず、イメージを膨らますことができません。この時期に大切なのは、子どもが共感できる登場人物がいること、遊びや食べものなど身近なテーマが取り入れられていること。子どもが想像力を存分にはたらかせて、主人公や登場人物と一体化しながら楽しむことができる絵本をたくさん読んであげてください。

また、物語絵本を楽しめるようになったからといって、「(絵のあまりない)読みものにすすまなくちゃ」とあわてる必要はありません。それよりも、この時期にしか味わうことのできない絵本のよさを、親子でじっくりと満喫しましょう。子どもが本の楽しさを感じられるようになり、読書へとつながっていきます。

 

本を読むことが自然に感じられる環境づくりを

vol091_img_02次のステップは、子どもが自分で本を読めるようになった時に、どうやって読書習慣を身につけさせるかということ。 まずは、子どもが「本を読みたい」と思った時に、本とふれ合う環境がごく自然にあることが重要です。子どもがいつでも本を取り出すことができるよう、手の届くところにわかりやすく本を置いたり、ふだんから大人が本を読んで家族で本のことを話題にしたり、といった読書環境を用意してあげましょう。

しかし、いざ図書館で借りたり、書店で買おうと思ったとき、たくさんある本の中から、「この子にどんなものをすすめてあげたらいいの?」と悩んでしまうこともあるでしょう。大事なのは、その子自身が本を読む楽しさを感じることのできる本にふれること。興味がわくジャンルやレベルは、子どもによって十人十色。好奇心を年齢や学年別に分けることはできません。「ワクワク、ドキドキ」が、子どもたちの好奇心をくすぐり、「また読みたい」という気持ちを起こさせてくれます。

 

子どもに合わせて選ぶために 「くもんのすいせん図書」

vol091_img_03
くもんのすいせん図書一覧表イメージ(一部拡大)

「くもんのすいせん図書」は「5、6歳向け」「小学低学年向け」などと、年齢や学年別に分かれてはいません。子どもたちに人気が高く、内容的にも優れている650冊の本を選び、それを読みやすい絵本から高度な内容の本へと13段階に分けているものです。これを一覧にまとめたのが「くもんのすいせん図書一覧表」。おうちの中に貼ったり、図書館や書店に行く際に気軽に持っていくことができます。読んだ本にチェックをしていくと、子どもが今どんな本に興味を持っているのかを知ることができますし、子どもにとっては“これだけの本を読んだ”という達成感にもつながります。

PDF版の「くもんのすいせん図書一覧表」は下記関連リンクからダウンロードできます。

ご家庭での本選びにぜひ「くもんのすいせん図書一覧表」を活用してみてください。本は、知らない世界や人に出会わせてくれる“トビラ”です。

関連リンク
「くもんのすいせん図書一覧表」ダウンロード [PDF/366KB]
くもんのすいせん図書について

関連記事

KUMONグループの活動  2019/07/09更新

Vol.314 「くもんのすいせん図書一覧表」への想い

「子どもたちにより多くの本と出合ってほしい」 ~公文式国語と「くもんのすいせん図書一覧表」との関係~

子育て・家庭学習  2014/04/15更新

Vol.032 学力と読書の関係

子どもたちの豊かな育ちに欠かせない“読書”平成25年度全国学力・学習状況調査「保護者に対する調査」結果概要から

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査

0~3歳の子がいる母親に聞きました 子どもとの時間、増やしたいのは 「読み聞かせ」の時間 「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

バックナンバー

KUMONグループの活動  2023/01/24更新

Vol.468 公文書写―「書く」と「描く」

「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~

KUMONグループの活動  2023/01/17更新

Vol.467 Baby Kumon 10年の歩み

~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~

KUMONグループの活動  2023/01/10更新

Vol.466 KUMONの各事業トピックス2022

公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~

KUMONグループの活動  2022/12/27更新

Vol.465 初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~

縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる

KUMONグループの活動  2022/12/13更新

Vol.464 KUMONレポート-学習療法デイサービス編(動画紹介)

高齢者が住み慣れた場所で 自分らしく過ごすために 楽しく頭と体を鍛えるデイサービス

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!