KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2015/06/16更新

Vol.091 くもんのすいせん図書  

年齢学年にとらわれない
「本選び」

「本を読むことは大事だけど、何歳の時に、どの本を読ませたらいいの?」その答えはひとつではありません。子どもによって違っていいからです。子ども一人ひとりに合った「ちょうどの本」があり、その答えをもっているのは子ども自身なのです。

「楽しい」が一番! 本選びのヒント

 vol091_img_01「読書力はすべての学習の基礎」。これは、KUMONがほぼ半世紀にわたって、たくさんの子どもたちと向き合ってきた中で実感していることです。公文式の教室ですぐれた学習成果をあらわした子どもたちの多くは、積極的に本を読み、豊かな感性や自習力を身につけているからです。

では、どうしたら読書力を身につけることができるのでしょうか。 本が好きになる入り口として最適なのが「読み聞かせ」です。赤ちゃんには、身近なものやできごと、遊びを取り上げた絵本を選ぶことをおすすめします。何に興味を示しているか、何ができるようになったかなど、興味や成長に合わせた絵本を選ぶといいですね。そして、何よりお父さんやお母さん自身が読み聞かせの時間を楽しむことが大切。赤ちゃんにもそれが伝わり、「本が楽しい」と思える第一歩となります。

 
言葉を覚え、行動範囲が広くなる2、3歳児は、好奇心がいっぱい。気に入ったことをくり返しするのも、この時期の特徴のひとつ。ですから、絵本もくり返しのあるものが大好きです。リズミカルに何度も同じ言葉をくり返す絵本を読んであげると、絵本の世界が生活や遊びの一部となり、本が身近に感じられるようなります。
 
絵本は、豊かな想像力を身につけ、子どもの世界を広げてくれます。しかし、子どもにとって全く未知の世界のストーリーでは、内容が理解できず、イメージを膨らますことができません。この時期に大切なのは、子どもが共感できる登場人物がいること、遊びや食べものなど身近なテーマが取り入れられていること。子どもが想像力を存分にはたらかせて、主人公や登場人物と一体化しながら楽しむことができる絵本をたくさん読んであげてください。

また、物語絵本を楽しめるようになったからといって、「(絵のあまりない)読みものにすすまなくちゃ」とあわてる必要はありません。それよりも、この時期にしか味わうことのできない絵本のよさを、親子でじっくりと満喫しましょう。子どもが本の楽しさを感じられるようになり、読書へとつながっていきます。

 

本を読むことが自然に感じられる環境づくりを

vol091_img_02次のステップは、子どもが自分で本を読めるようになった時に、どうやって読書習慣を身につけさせるかということ。 まずは、子どもが「本を読みたい」と思った時に、本とふれ合う環境がごく自然にあることが重要です。子どもがいつでも本を取り出すことができるよう、手の届くところにわかりやすく本を置いたり、ふだんから大人が本を読んで家族で本のことを話題にしたり、といった読書環境を用意してあげましょう。

しかし、いざ図書館で借りたり、書店で買おうと思ったとき、たくさんある本の中から、「この子にどんなものをすすめてあげたらいいの?」と悩んでしまうこともあるでしょう。大事なのは、その子自身が本を読む楽しさを感じることのできる本にふれること。興味がわくジャンルやレベルは、子どもによって十人十色。好奇心を年齢や学年別に分けることはできません。「ワクワク、ドキドキ」が、子どもたちの好奇心をくすぐり、「また読みたい」という気持ちを起こさせてくれます。

 

子どもに合わせて選ぶために 「くもんのすいせん図書」

vol091_img_03
くもんのすいせん図書一覧表イメージ(一部拡大)

「くもんのすいせん図書」は「5、6歳向け」「小学低学年向け」などと、年齢や学年別に分かれてはいません。子どもたちに人気が高く、内容的にも優れている650冊の本を選び、それを読みやすい絵本から高度な内容の本へと13段階に分けているものです。これを一覧にまとめたのが「くもんのすいせん図書一覧表」。おうちの中に貼ったり、図書館や書店に行く際に気軽に持っていくことができます。読んだ本にチェックをしていくと、子どもが今どんな本に興味を持っているのかを知ることができますし、子どもにとっては“これだけの本を読んだ”という達成感にもつながります。

PDF版の「くもんのすいせん図書一覧表」は下記関連リンクからダウンロードできます。

ご家庭での本選びにぜひ「くもんのすいせん図書一覧表」を活用してみてください。本は、知らない世界や人に出会わせてくれる“トビラ”です。

関連リンク
「くもんのすいせん図書一覧表」ダウンロード [PDF/366KB]
くもんのすいせん図書について

関連記事

KUMONグループの活動  2019/07/09更新

Vol.314 「くもんのすいせん図書一覧表」への想い

「子どもたちにより多くの本と出合ってほしい」 ~公文式国語と「くもんのすいせん図書一覧表」との関係~

子育て・家庭学習  2014/04/15更新

Vol.032 学力と読書の関係

子どもたちの豊かな育ちに欠かせない“読書”平成25年度全国学力・学習状況調査「保護者に対する調査」結果概要から

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査

0~3歳の子がいる母親に聞きました 子どもとの時間、増やしたいのは 「読み聞かせ」の時間 「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

子育て・家庭学習  2014/12/02更新

Vol.065 ミーテ-「うた・読み聞かせ」ライフ応援サイトをリリース

KUMONの 子育て応援ウェブサイト mi:te[ミーテ] マタニティママや子育てママ・パパの「うた・読み聞かせ」ライフを応援します!

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!