KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/02/25更新

Vol.025 企業のなかのKUMON-ドコモ・プラスハーティ  

“最終目標 障がいのある社員
自ら考えて行動する”を
めざして”
社員教育の一環として公文式を導入、日々の仕事の一部として毎日学習

"KUMONはお近くの教室はもちろん、学校導入や施設導入という形で、高校・大学・児童養護施設などでも教育サービスを提供しています。今回は、社員教育の一環として公文式を導入されている企業をご紹介します。

※旧:ドコモ・サービス株式会社。記事内の社名等のデータは取材時(2014年1月)のものです。

作業をシステム化しクオリティを保証することで、清掃のプロをめざす


清掃作業は「テキパキ」という表現がぴったり

東京・池袋に本社があるドコモ・サービス株式会社(以下「ドコモ・サービス社」)。NTTドコモグループの営業支援や代理店支援業務などが主な業務内容です。今回ご紹介するのは、本社・総務部ハーティ推進室で働く障がいのある社員の方たちです。

ハーティ推進室所属の障がいのある社員は、2012年10月入社の6人(1期生)と2013年7月入社の8人(2期生)の14人。知的障がい・ダウン症・自閉症など障がいのタイプはさまざまで、みなさん療育手帳を持っています。仕事の内容はドコモ・サービス社のビル内清掃。2班に分かれ、1期生は9時~16時で窓際と休憩室のテーブルやイス拭きを、2期生は7時半~14時半で床の掃除機がけをします。14人全員がグリーンのベストを着用し、チームワークよく、黙々と集中して仕事に取り組んでいます。仕事の様子からは「汚い・キツイ」というイメージはひとかけらも伝わってきません。

ハーティ推進室の岡本課長はこう話してくれます。「障がいがある人だから、清掃のレベルはこれくらいでよいという考えは、長い目で見たとき、本人にとってプラスなのだろうかと思うのです。このビル内の清掃は以前、外部の専門会社に委託していました。それを自社内で請け負うわけですから、清掃作業のクオリティは保証したいのです。そのために、清掃に使用する機器や洗剤類は扱いやすく、安全に配慮したものを用意し、手順も決めています。例えば、床用の掃除機は取り回しが良く、高性能なコードレスタイプを。テーブルを拭くときは絞り機を通したクロスを、拭きむらをなくすためのフレームに装着して使います。そのあと専用の計測器でテーブル面をチェックし、どのくらい清潔になったかを可視化しながら作業をしています。テーブル清掃に使用する洗剤は人体に安全なホスピタルグレードの除菌ができるものを使用することで、単なる清掃を超えて職場の衛生管理にも一役買っています。こうして清掃作業をシステム化すれば一定以上のクオリティが保て、本人たちも誇りをもって仕事に臨めます。この積み重ねで14人全員が清掃のプロになることをめざしたいのです」。

学習をサポートする側の社員も成長している


音読しながら教材を学習するが、みな集中して鉛筆を走らせている

きびきびした動きでの清掃作業が一段落すると、和気あいあいのランチタイム。そして、毎日12:55~14:20(途中休憩10分)が公文式算数と国語の時間。仕事の一部として学習が設定されています。学習に対して、あるいは「算数」「国語」という言葉に苦手意識がある人もいるので、ここでは「頭の体操」と言っています。開始時刻5分前には、学習室に14人がきちんと着席、「やるぞ!」という気持ちが空気からも伝わってきます。「きょうも100点をとるぞ」「公文をがんばろう」という声も聞こえてきます。

「これから頭の体操をはじめます」という14人の元気なあいさつで学習がスタート。算数は九九の音読(九九のカードで)とプリント教材、国語は『徒然草』の音読(読みやすいようにカード化したもので)とプリント教材を、それぞれ約30分ずつ学習します。プリント教材も「にたすいちはさん」と音読しながら学習するため、仕事中とは一変し、学習時間中は部屋中に元気な声があふれています。けれども、私語や雑談はいっさいありません。

採点はハーティ推進室に所属する社員の方2名が、学習中の質問には別の社員の方2~3名で対応します。「“そこまで学習をサポートするのですか?”と驚かれる外部の方もいらっしゃるようですが、公文式は学力をつける以上の目的(後述)で導入していますし、こうして学習をサポートしているあいだに、われわれ自身も成長していることに気づきました。障がいのある社員一人ひとりがよく見えるようになったのです。どう認め、どうほめたら、もっとやる気が出るのか。ほめるための、いいところはないか。この問題はどうヒントを出したらいいのか。公文の学習を通して、日々そういったことを考えるうちに、それらがそのまま清掃の仕事での指示やサポートに活かされてきます。もちろん、コミュニケーションはとてもよくなりました」と岡本課長はふり返ります。

「まだまだ、いろいろなことができるんだというところを見せてほしい」


総務部ハーティ推進室 岡本課長

ハーティ推進室 海宝さん(主査)

ドコモ・サービス社が公文式を導入したのは2013年10月。導入までには、いくつかの出会いがありました。ハーティ推進室の岡本課長が「障がい者の働く力を引き出すセミナー」でKUMONと出会い、公文式に興味をもってくださったこと。そして、公文式学習を支援プログラムの中心に据えた就労移行支援事業所「就職するなら明朗アカデミー(千葉県成田市)」を岡本課長が見学、同事業所の小澤学長と出会いました。

※「就職するなら明朗アカデミー」は、トピックスVol. 007でご紹介しています。関連リンクからどうぞ。

「明朗アカデミーを見学し、すぐに導入しようと決めたのですが、稟議書を書いて決裁がおりるまでは正直ドキドキでした。結果、反対意見はなく、ぜひ導入すべきという意見も役員から出て、KUMONのみなさんのサポートもいただき、昨年秋から学習がスタートしました。日々学習を積み重ねていくことで、学力はもとより、集中力やコミュニケーション力なども含め、1年後2年後には計り知れない効果がでてくるのではないかという期待もあります」(岡本課長)。

導入して約5ヶ月。ハーティ推進室のメンバーは興味深いことに気づいたといいます。同室の海宝さん(主査)のコメントです。「清掃作業の仕事への取り組み方と公文式学習での態度や姿勢が不思議にリンクするんですね。仕事でケアレスミスが多い人は、公文でも同じ。公文の音読で大きい声がでるようになると、仕事でも大きな声がでるようになるんです。ということは、公文でケアレスミスがなくなれば、仕事でもケアレスミスがなくなるのでは…。学習が仕事に良い影響をおよぼすのではないか、と期待しています」

再び岡本課長です。「公文の理念を見たとき、心に響きました。“個々の人間に与えられている可能性を発見し その能力を最大限に伸ばす”という一節です。この会社の社員となったからには、能力を最大限に発揮してほしい、まだまだ、いろいろなことができるんだというところを見せてほしいのです。そのための、障がいに配慮した清掃作業のシステム化であり、それを後押しする公文式だと思っていますから。このシステム化された仕事と学習の組み合わせは、障がいのある人たちが社会の一員として生き生きと働くための方策として、今考えられる最強のものだと思っています。そして将来的には、障がいのある社員みんなが、自ら考えて行動できるまでに成長してほしいですね」

関連リンク
就職するなら明朗アカデミー就職するなら明朗アカデミーでの公文式学習の様子|KUMON now!

就労支援施設や
フリースクールでの公文式
「学習」を柱として一人ひとりの成長を目指して、
公文式の学習が活用されています。
詳細をみる

 

関連記事

KUMONグループの活動  2014/11/18更新

Vol.063 就労支援としてのKUMON-就労支援施設フォーラム

“就労移行支援”や “就労後の定着支援”への 公文式の活用 「第3回就労支援施設フォーラムin品川」より

KUMONグループの活動  2016/06/28更新

Vol.159 企業のなかのKUMON―パナソニック デバイス日東株式会社

社員の意識を変えた“反復”“継続” 自然と身につく“学習習慣”

KUMONグループの活動  2017/07/25更新

Vol.219 企業のなかのKUMON―BHIJホールディングス株式会社

仕事とは一見関係ない数学の学習 コツコツと続けることで 仕事の段取りもよくなると実感

KUMONグループの活動  2019/03/05更新

Vol.298 就労移行支援施設での公文式導入

障害のある方々が成長する過程から、 職員たちも学び、成長する。

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!