KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/10/15更新

Vol.007 就労支援としてのKUMON-就労するなら明朗アカデミー  

公文式学習
支援プログラムの中心に据え
就労実績が大きく向上
障害者の真の自立をめざして

「くもん」と聞くと、子どもたち向けの教室を思い浮かべる方がほとんどかと思いますが、児童養護施設や少年院、障害者の就労支援をしている施設なども対象に、「施設導入」という形態で教育サービスを提供しています。今回は就労移行支援事業所からのレポートです。

障害者一人ひとりの特性や適性を活かす「障害福祉サービス」


就職するなら明朗アカデミーの学習室。
凛とした雰囲気で、見学者は「模擬職場空間ですね」と
感想を述べるという

今年4月、民間企業での障害者法定雇用率が1.8%から2.0%に引き上げられました。しかし、実雇用率は1.69%(平成24年・厚生労働省集計)、法定雇用率達成企業も46.8%(前同)と半数以下で、障害者の雇用はまだまだの状況といえます。

では、法定雇用率が引き上げられれば、それだけ多くの障害者が就労できるのかといえば、なかなかむずかしいものがあります。これは健常者も同じですが、雇う側の会社は「どんな人なのだろう(能力や性格)」「うちの会社の業務に向いているのだろうか(適性)」といった心配が、勤める側にも「どんな仕事なのかな…」「自分にできるのかな…」などの不安が多いようです。そのため、障害者の就労には、雇用者数を増やすことと同時に定着率を高めるため、障害者一人ひとりの特性や適性を活かすことが大切と考えられています。

個々の障害者の特性や適性を活かすための就労支援施策として「障害福祉サービス」があり、その内容は形態別に「就労移行支援事業」「就労継続支援A型(雇用契約有)」「同B型(雇用契約無、旧授産施設)」「生活介護事業(生産活動あり)」の4つがあります。

※障害福祉サービスの詳細や就労データなどは、下段の関連リンクでご参照ください。

公文式学習を就労支援プログラムの中心に据え、就労実績が大きく向上

数年前から目立って高い就労データを示す就労移行支援事業所が現れました。千葉県成田市にある“就職するなら明朗アカデミー”(以下「明朗アカデミー」と表記)です。平成23年の厚生労働省の集計では、全国の障害福祉サービス全体から就労した割合は約3.6%(5,675人/約15万8,000人)ですが明朗アカデミーのそれは約67%(90人/135人、平成25年1月)となっています。

明朗アカデミーが実施している支援プログラムの3つの柱は、公文式学習・SST(社会生活技能訓練)・社会貢献活動ですが、「高い就労実績は公文式教材による学習指導を中心に据えたことが大きい」と明朗アカデミーの小澤啓洋学長は話します。

この高い就労実績はほかの障害福祉サービスの事業所で話題となり、見学が相次ぎました。そして、明朗アカデミーをお手本に、公文式を導入する事業所はこの1年間で全国10ヵ所に増え、来年3月までには20ヵ所ほどになる予定です。

個人別の継続的な学習指導が、自己肯定感を育み、人生を拓く基礎をつくる


就職するなら明朗アカデミー 小澤啓洋学長

明朗アカデミーの小澤学長に、公文式導入の経緯やその効果をお聞きしてみました。

Q. 公文式を導入する前は、ほかの事業所と同じく作業中心の支援プログラムだったと聞いていますが、どんなきっかけでプログラムを変えようと思われたのですか?

A. 「作業をしながら就労を目指すということに、ずっと疑問をもっていたんです。具体的には、例えば製品をきちんと組み立てるという作業をしながら、さまざまな業種の企業に就労できるようなスキルや能力を育てるという、2つの異なる目的が同じ時間・同じ空間にあることに悩んでいました。お客様(明朗アカデミーの利用顧客)はどうだろうかとうかがってみると、やはり同じように悩まれていたのです。そこで、高齢者福祉施設で公文式を導入し成果の上がっている施設を見学し、これだ!と思い、2012年4月から公文式の学習指導を中心にした支援プログラムを提供する別の事業所を作りました」

Q. 学習指導中心の支援プログラムに変えることに心配はありませんでしたか?

A. 「心配がなかったといえば嘘になりますが、新しいプログラムをスタートさせて、お客様に笑顔が表れ、元気に前向きになったことで手応えを感じました。そして、1か月後には、企業に就労するお客様がではじめ、ご本人からもご家族からも感謝され、公文式を導入してよかったと実感しました。お客様は障害の種別もレベルもさまざま、学力もお一人おひとり異なるため、個人別学習の公文式が合うんですね」

Q. 公文式の学習効果は、学力以外のものも大きいそうですが具体的には?

A. 「読み書き・計算の力がつき、仕事をするうえで役に立つことはもちろん、それ以上に大切な力もついていると思います。学習により、できることが増え、それが“学ぶ喜び”となります。これが、集中する・継続する・思考するといった力になり、さまざまな仕事をしていくベースになっているはずです。そして、この力はさらに自己肯定感につながっていきました。障害のある方たちは子ども時代の経験や体験から、どうせボクなんて何をしてもだめ……といった自己否定感をいだきやすいようですが、学習でできることが増え、それを認め・ほめられることで少しずつですが確実に自己肯定感を育てています。これは、とても重要なことで、これから自分の人生を拓くための基礎になると確信しています」

関連リンク
平成24年障害者雇用状況の集計結果(厚生労働省)障害者の就労支援対策の状況(厚生労働省)
就職するなら明朗アカデミー

就労支援施設や
フリースクールでの公文式
「学習」を柱として一人ひとりの成長を目指して、
公文式の学習が活用されています。
詳細をみる

 

関連記事

KUMONグループの活動  2019/03/05更新

Vol.298 就労移行支援施設での公文式導入

障害のある方々が成長する過程から、 職員たちも学び、成長する。

KUMONグループの活動  2015/10/06更新

Vol.106 就労支援としてのKUMON-諫早ワークスサテライト

“社会の役に立てる人” “その職場になくてはならない人” そんな人になってほしいと思っています 就労移行支援事業所、諫早ワークスサテライトでの公文式導入

KUMONグループの活動  2014/11/18更新

Vol.063 就労支援としてのKUMON-就労支援施設フォーラム

“就労移行支援”や “就労後の定着支援”への 公文式の活用 「第3回就労支援施設フォーラムin品川」より

KUMONグループの活動  2017/03/28更新

Vol.200 自立支援としてのKUMON

“なりたい自分になる”ためのサポート 学びを通しての自立支援 そして人生を拓く支援へ

KUMONグループの活動  2016/03/29更新

Vol.144 就労支援としてのKUMON-フォレスト

「“働きたい”を尊重し、育てています。 できることをじっくりと、 一緒に伸ばしていきましょう」

バックナンバー

2020/11/24更新

Vol.380 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑧            <低い出発点>

KUMONグループの活動  2020/11/17更新

Vol.379 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)

子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生

KUMONグループの活動  2020/11/10更新

Vol.378 浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」

子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~

KUMONグループの活動  2020/11/04更新

Vol.377 特別対談 たかまつななさん×KUMON

お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」

KUMONグループの活動  2020/10/27更新

Vol.376 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑦            <学習習慣>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!