スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生  前編

くり返しによる「学びの身体化」
その学びは本物になる
学び続けて生涯自分を成長させよう

辻本 雅史 (つじもと まさし)
1949年愛媛県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程(教育史専攻)単位取得退学。光華女子大学、甲南女子大学教授を経て、京都大学教育学部助教授および教授、同大大学院教育学研究科教授を歴任。2012年早期退職後は京都大学名誉教授に。同年9月からは国立台湾大学日本語文学科教授に就任。2017年8月より現職。著書に『近世教育思想史の研究』(思文閣出版)、『教育を「江戸」から考える―学び・身体・メディア―』(日本放送出版協会)、『学びの復権』(角川書店、岩波現代文庫増補再刊)など多数。

儒学思想の視点から、現代の日本の教育課題を読み解く辻本雅史先生。江戸時代の教育は、今の学校教育とは異なり、「教える側」ではなく「学ぶ側」が主体で、学ぶ内容も一人ひとりの目的やレベルによって違っていて、それこそが学びの自然な姿だといいます。そんな江戸時代の学びの原理と公文式の学習スタイルには、多くの共通点があると指摘します。辻本先生の目には、現代の教育はどう映っているのか。教育改革が叫ばれる今、日本の教育に必要なことは何か、大人は子どもをどう導けばいいのか、歴史を学ぶ意義を踏まえながらお話いただきました。

「生涯学び続けることのできる仕事だ」と教師をめざす

私自身、子どもの頃は学ぶこと、勉強することは好きでした。成績がよくなると周囲からほめられますし、自分の成長がわかりますしね。私は、瀬戸内海に浮かぶ周囲30キロくらいの島で生まれ育ちました。島に書店は一軒もなく、新しい知識は学校から入ってくる情報に頼っていました。低学年から新聞は読んでいましたが、朝刊が昼に到着するような島です。

父は貧しくて学校に行きたくても行けず、独学でさまざまなことを勉強していました。そのため息子である私に期待していたようです。父は私が11歳のときに亡くなり、その後は母が小さなミカン畑を大切に守って、4人の子を育ててくれました。

島の公民館ではときおり、映画が上映されました。おもに時代劇です。娯楽が少ないですから、上映のたびに見に行き、「江戸時代っておもしろいな」と、すっかり時代劇のファンになり、高校生の頃には、「将来は歴史の教師しかないだろう」と思っていました。ある先生にそれを伝えたら、「教師は生涯学び続けることのできる仕事だからいいよ」とすすめられ、「ステキだな」と思ったことを覚えています。それで、教師になろうという夢が固まりました。
大学は、歴史の舞台である京都で学びたいと、京都大学文学部に進学しました。親からの援助は受けずに、奨学金とアルバイトでの自活です。歴史の現場がそこここにあるのですから、こんな至福な街はないと、こころ豊かな学生時代でしたね。家庭教師や塾講師、太秦の映画撮影所のエキストラ、祭礼行列のふん装など、ありとあらゆるアルバイトをしたのも楽しい思い出です。
大学では能のサークルに所属していました。大学入学の目的は卒業論文を書くことだと思っていたので、サークルは2年間で辞め、卒論の執筆に集中しました。テーマは「寛政異学の禁の歴史的意味」。「寛政異学の禁」とは、江戸幕府老中・松平定信が寛政の改革で行った学問の統制です。学問は社会にどんな意味があるのか、政策と学問の関係についてまとめ、新しい解釈を提出しました。

研究がおもしろくなり、もっと学びたいと大学院へ進み、結果的に、研究しながら教師もできる大学教員の道を選びました。

 


 

 

後編のインタビューから

-AI時代に必要な教育とは・・・
-大学は「知」の拠点、学びたい人がいつでも学べる場にしたい
-親の生き方で子どもは変わる

 

関連記事

2019/10/18更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

バックナンバー

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.343
「学習療法」を施設に活かす
可能性をあきらめない
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!