スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/04/22更新

Vol.031

声楽家 佐藤しのぶさん  前編

学びも、
人間の成長とともに成熟する
だからこそ、人生をかけて探求したい

佐藤 しのぶ (さとう しのぶ)

東京生まれ。ウィーン国立歌劇場をはじめ、欧州、豪州、アメリカでの一流のオペラハウス及びオーケストラとの共演多数。「椿姫」、「トスカ」、「蝶々夫人」等の主役は記憶に残る名演である。2014年1~4月「夕鶴」つう役初主演で絶賛され、2016年2・3月に全国各地で行われた再演も大好評を博した。文化放送音楽賞、都民文化栄誉章、ジロー・オペラ賞大賞、マドモアゼル・パルファム賞、Federazione Italiana Cuochi、日本文化デザイン賞大賞等を受賞。

1984年に『メリー・ウィドウ』『椿姫』でデビュー以来、日本を代表するオペラ歌手の一人として、国内のみならず、ウィーン国立歌劇場をはじめ世界各地で活躍してきた佐藤しのぶさん。ライフワークである恒例の「母の日に贈るコンサート」(東京オペラシティコンサートホール)を5月8日に控え、歌や子育て、そして人の幸せとは何か?についての思いを、率直に語っていただきました。

一人でも多くの方に「生の歌声」を
お聴きいただきたい

声楽家 佐藤しのぶ
 「母の日に贈るコンサート」
2014年5月 サントリーホール

22年前から私のライフワークとして、「母の日に贈るコンサート」を行っています。このコンサートは、娘の誕生をきっかけに「母への感謝と命の尊さ」をテーマにはじめました。
 
私が娘を出産したとき、「命」とは人にこれほどの感動と神聖な気持ちをもたらすものなのか、と強い衝撃を受けました。

「命」は祖先から代々受け継がれてきたもので、もしも途中で誰かひとりでも命を繋ぐことをやめていれば、私はもうここには存在しない。

そう考えると、何人たりともその命をおろそかにすることはできないのだと。その日から、私は音楽を通して愛と平和を願い、歌い続けています。
 
この「母の日に贈るコンサート」では、それぞれの歌の本質や、背景等お話を交えたプログラムをお届けします。実際、“この子守唄を選んだ背景にはこのようなエピソードがあって……”というお話をしますと、よりお客様との一体感が生まれるようです。皆さまのおかげでこのコンサートを育てていただいています。
 
今年も、第一部は日本の歌を選びました。最近は学校の教科書からも文部省唱歌が消え、童謡を親子で歌う機会も少なくなっているようです。実は、東日本大震災の時、被災された方々が励まし合うために歌を歌われたそうです。ところが、皆で一緒に歌える歌は「ふるさと」他数曲だったと聞き、音楽の世代間断絶に、はっとしました。カラオケに親しんでいる、歌が大好きなお母さまたちでさえ、既に世代を超えて一緒に歌える歌がなくなってきている、という事でした。

私が子どもの頃は、母とたくさんの童謡や四季折々の歌、昔話の歌など一緒に歌っていました。現代の自分の好きな歌に加えて、老若男女、誰もが母国語で繋がれる歌を持っているのもいいものではないでしょうか。
 
また、どの国に行っても、それぞれの地域の文化として、食べ物と同じように歌が大切に継承されています。世代を超えて、心の故郷と思える歌があるのは素晴らしいことです。海外の方が日本を訪れたときに、モノではなく、お互いの国の歌を覚えるといった交流ができたなら、きっと一生心に残る友好関係が築けるのではないでしょうか。そういう小さなことの積み重ねが、いつか平和に繋がっていけば何と素敵でしょうか。音楽は人の心を繋いでくれます。

デビューから32年。私は声楽家としては幅広く活動させていただいており、そのひとつがテレビの対談番組でした。今年3月末、16年半続いたtvkの番組『佐藤しのぶ 出逢いのハーモニー』が節目を迎えました。これからはこの大切な経験を生かして、今まで以上に演奏に傾注しようと思っています。

また、国内外でのオペラや演奏会出演に加え、私が近年行っているのは、長年の夢だった“キャラバン”。
これまで主に大都市の劇場で歌うことが多かったのですが、実は、日本には小さな市町村にも素晴らしい劇場がたくさんあります。一流のピアノや、パイプオルガンもあります。しかし、そうした地方の小さな町や村では、なかなかクラシック音楽との出会いが多くはないようです。

私は是非、お話を交えながら、一度はマイクを使わない“生の歌声”を体感していただきたい。そして、初めてコンサートに来られた方にこそ、クラシック音楽というものが、なぜ時空を超え、人々の心に残ったのか、また芸術が人間に何を伝えるのかを体験していただきたいのです。

佐藤しのぶさんと音楽との出会いとは?

関連記事

2016/04/28更新

Vol.031 声楽家 佐藤しのぶさん

歌も学びも、 人間の成長とともに 成熟する だからこそ、人生をかけて探求したい

2015/08/23更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2015/08/28更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2016/05/20更新

Vol.032 認知科学者 明和政子先生

やりたいと思ったことは 迷わず進んで「やってみる」 ぶれずに貫く自分をみている人がいる

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 後編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!