スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/04/22更新

Vol.031

声楽家 佐藤しのぶさん  前編

学びも、
人間の成長とともに成熟する
だからこそ、人生をかけて探求したい

佐藤 しのぶ (さとう しのぶ)

東京生まれ。ウィーン国立歌劇場をはじめ、欧州、豪州、アメリカでの一流のオペラハウス及びオーケストラとの共演多数。「椿姫」、「トスカ」、「蝶々夫人」等の主役は記憶に残る名演である。2014年1~4月「夕鶴」つう役初主演で絶賛され、2016年2・3月に全国各地で行われた再演も大好評を博した。文化放送音楽賞、都民文化栄誉章、ジロー・オペラ賞大賞、マドモアゼル・パルファム賞、Federazione Italiana Cuochi、日本文化デザイン賞大賞等を受賞。

1984年に『メリー・ウィドウ』『椿姫』でデビュー以来、日本を代表するオペラ歌手の一人として、国内のみならず、ウィーン国立歌劇場をはじめ世界各地で活躍してきた佐藤しのぶさん。ライフワークである恒例の「母の日に贈るコンサート」(東京オペラシティコンサートホール)を5月8日に控え、歌や子育て、そして人の幸せとは何か?についての思いを、率直に語っていただきました。

人生経験を積むことでさらに深い表現ができる

声楽家 佐藤しのぶ
『オテロ』ブルガリア国立歌劇場/ジャパン・アーツ

私が今まで歌を続けられた理由は、大きくは二つでしょう。まず何と言っても、家族を始め多くの皆様から叱咤激励をいただいたこと。そしてもうひとつは、作曲家への畏敬と感謝の念です。
 
私はいつも、新しい作品は数年がかりでこつこつと、その役を仕上げていきます。オペラの面白いところは、演劇とは違って、作曲家が演出家も兼ねている点。

例えば同じシェイクスピアの戯曲を扱った演劇とオペラを比べてみると、演劇の場合、その戯曲をどう上演するかはより自由な可能性があり演出家次第、とも言えますが、オペラの場合、既に戯曲を作曲家が解釈して作曲されている、ということを忘れてはいけないのです。そのフレーズがどういう意図で、どう表現すべきかは既に作曲家が音楽で表現しているのです。登場人物同士の距離や、方向性も音楽に書かれています。ですから楽譜を正確に読み解けば、その表現方法はおのずと見えてきます。
 
その一方で楽譜には、作曲家が到底描き切れなかった「思い」があります。それを探るため、さまざまな勉強をします。大切なことは、それらの勉強が開花するには、自分自身が人生経験を積み重ね、人間というものを理解できるようになってこそ、技術とあいまって深い表現ができるようになるということです。決して自己流の解釈や歌い方で独善的に歌っていては、いくら魅力的でも、芸術作品の本質や真の価値は表現できない厳しさがあるのが、クラシックだと思います。
 
その長い探求と訓練が真実の生理となって舞台で再現できた時こそ、まさに「芸術」と呼ばれるのではないでしょうか。

皆さんの叱咤激励を受けながら、いつしか私の声は自分のものであって自分のものでない、という意識が芽生えました。最初に幼稚園で音楽を勧めてくださった先生、そして両親をはじめ、本当にたくさんの方が私を信じて、応援してくださり、チャンスを与えてくださった。だからこそ今の自分がある。

その人たちの愛で、私の音楽はできていると感じます。その方たちに報いたい、その思いが私を駆り立て、辛い時も簡単には諦めません。真剣に取り組めば取り組むほど、音楽は奥が深いものですから。
 
どんなに小さな曲でも“どうしてこんなに難しいのかしら”と思いながら取り組んでいるのが本当のところ。でも、「神様は持てない荷物は持たせない」と聞いたことがあり、どんなに苦しくてもこれはいつか必ずできるはず、と思いながら焦らず取り組んでいます。苦しみは常に続いていきますが、できなかったことができるようになると、この方法は間違っていなかった、希望が見えてきた、と思えるようになってきます。今世(こんぜ)では、満足の域に達することはないかもしれませんが、探求し続けたいと思います。
 
“これで自分はいいのだ”と思ってしまったら、きっとそこで成長は終わります。いや違う、と思った人にだけ次の壁が見えてきて、それをどう越えるかの挑戦が始まります。歌う人間の成長とともに成熟してゆくのが歌なのではないか、これこそ、声楽という「生きている楽器」を育ててゆく醍醐味なのかな、と最近感じます。これはオペラにとどまらず、いろいろな職業に共通することかもしれません。私も予期できぬ未来がとても楽しみです。

声楽家 佐藤しのぶ
『夕鶴』2016年 ©Koichi Miura

関連リンク

佐藤しのぶアートガーデン


 

声楽家 佐藤しのぶ  

後編のインタビューから

-佐藤しのぶさんが考える日本人の強みとは?
-常に悩んだ子育てと仕事
-佐藤さんが歌に込めた想いとは?

 
関連記事

2016/04/28更新

Vol.031 声楽家 佐藤しのぶさん

歌も学びも、 人間の成長とともに 成熟する だからこそ、人生をかけて探求したい

2015/08/23更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2015/08/28更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2016/05/20更新

Vol.032 認知科学者 明和政子先生

やりたいと思ったことは 迷わず進んで「やってみる」 ぶれずに貫く自分をみている人がいる

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.082 前編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!