スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/10/23更新

Vol.025 グランド ハイアット 東京 コンシェルジュ
阿部佳さん  前編

どんなときでも「楽しむ力」
持てばはきっと叶えられる

阿部 佳 (あべ けい)
東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、一般企業勤務を経て、1992年にヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルにコンシェルジュとして入社。1997年に世界の一流コンシェルジュたちの組織「レ・クレドール」国際正会員。2003年にグランド ハイアット 東京に入社して以来、チーフコンシェルジュとして活躍。著書に『わたしはコンシェルジュ』(講談社)、『お客様の“気持ち”を読みとく仕事コンシェルジュ』(秀和システム)。

お客さまの気持ちに寄り添って「本当の望み」を提供する「コンシェルジュ」。この職業がまだ一般的ではなかった20年以上前からホテルコンシェルジュとして活躍されている阿部佳さんは、世界の一流コンシェルジュたちの組織「レ・クレドール」で、日本人として現役唯一の名誉会員に認定されています。限られた時間の中で、見事にお客さまの真意をくみとることから、多くのファンをもつ阿部さん。その手腕の背後には、日々の生活の中で常に学ぼうとする意欲、何事も楽しもうという姿勢がありました。

新卒でのホテルへの就職は断念
異業種でキャリアを重ねた十数年

 

25_1_3やがて就職活動の時期になり、コンシェルジュの存在を思い出しました。当時の日本にはその仕事がないのはわかっていましたが、ホテルで仕事をしている大学の先輩をたずねることにしました。そもそも私のコンシェルジュのイメージは、ヨーロッパで出会った年配の“おじいさんコンシェルジュ”の方々。この職業は若くしてなれるものではないと思っていました。ホテルでキャリアを積んで、そのうちできれば……と考えていたのです。

いくつかのホテルで内定をいただいたものの、ある先輩から「コンシェルジュを目指すならずっとホテル業界にいるよりも、他のことをして社会経験を積んだ方がよいのでは?」と諭されました。「わたしのような変わり種を採用しても、結局ホテルでは使いようがないのかな……」と、体よく断られたのだと思いました。

そこで、無理にホテル業界に入っても結局合わないだろうと気持ちを切り替え、当時としては珍しく仕事における男女差がなかったパルコへ就職することにしました。経営陣と接する機会が多い部署に配属され、多くのことを学びました。「いかに人を集めるか、何にひかれて人は動くのか」という視点も求められたので、大学時代の学びも活き、仕事はハードでもとにかく楽しかった。

その後、10年ほど教育関係の仕事に携わりました。そんなあるとき、通勤電車でヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルのオープン広告を偶然目にして、「ここはイギリス資本のホテルだからコンシェルジュがあるかも?」と、ふと思ったのです。そこで、「まだ何か求人はありますか?」と電話したところ、「空いているのはコンシェルジュくらいです」との返事。「わたしはそれがやりたいのです!」と話は続いたのですが、ホテルとしては当然オープン時にいてくれないと困るわけです。でも、結局わたしはそれまでにそのとき勤めていた仕事を辞めることができず、一旦は断念しました。

ただ、一度心が揺れたことで、仕事を変えてもいいのかなと思うようになり、仕事を後輩に引き継ぐ準備を始めました。するとしばらくして、幸運なことに、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルの方から、「コンシェルジュに欠員が出たので、来ませんか?」と電話がかかってきました。それで、とうとうコンシェルジュになることになったのです。


 

25_next  

後編のインタビューから

-日々の小さなことを見落とさず、常に学び続ける
-一番難しい質問は「おいしいレストランを紹介して」
-阿部さんが抱く今後の夢は?

 

関連記事

2015/10/30更新

Vol.025 グランド ハイアット 東京 コンシェルジュ
阿部佳さん

どんなときでも「楽しむ力」を 持てば夢はきっと叶えられる

バックナンバー

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.295
茅ケ崎市 脳の健康教室
95歳でいきいき暮らす秘訣とは?
Vol.294
公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校
学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」
Vol.293
持続可能な教育支援と国際貢献
バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!
Vol.292
公文書写―公文書写教室編
あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 後編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。