スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/10/23更新

Vol.025 グランド ハイアット 東京 コンシェルジュ
阿部佳さん  前編

どんなときでも「楽しむ力」
持てばはきっと叶えられる

阿部 佳 (あべ けい)
東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、一般企業勤務を経て、1992年にヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルにコンシェルジュとして入社。1997年に世界の一流コンシェルジュたちの組織「レ・クレドール」国際正会員。2003年にグランド ハイアット 東京に入社して以来、チーフコンシェルジュとして活躍。著書に『わたしはコンシェルジュ』(講談社)、『お客様の“気持ち”を読みとく仕事コンシェルジュ』(秀和システム)。

お客さまの気持ちに寄り添って「本当の望み」を提供する「コンシェルジュ」。この職業がまだ一般的ではなかった20年以上前からホテルコンシェルジュとして活躍されている阿部佳さんは、世界の一流コンシェルジュたちの組織「レ・クレドール」で、日本人として現役唯一の名誉会員に認定されています。限られた時間の中で、見事にお客さまの真意をくみとることから、多くのファンをもつ阿部さん。その手腕の背後には、日々の生活の中で常に学ぼうとする意欲、何事も楽しもうという姿勢がありました。

新卒でのホテルへの就職は断念
異業種でキャリアを重ねた十数年

 

コンシェルジュ 阿部佳さんやがて就職活動の時期になり、コンシェルジュの存在を思い出しました。当時の日本にはその仕事がないのはわかっていましたが、ホテルで仕事をしている大学の先輩をたずねることにしました。そもそも私のコンシェルジュのイメージは、ヨーロッパで出会った年配の“おじいさんコンシェルジュ”の方々。この職業は若くしてなれるものではないと思っていました。ホテルでキャリアを積んで、そのうちできれば……と考えていたのです。

いくつかのホテルで内定をいただいたものの、ある先輩から「コンシェルジュを目指すならずっとホテル業界にいるよりも、他のことをして社会経験を積んだ方がよいのでは?」と諭されました。「わたしのような変わり種を採用しても、結局ホテルでは使いようがないのかな……」と、体よく断られたのだと思いました。

そこで、無理にホテル業界に入っても結局合わないだろうと気持ちを切り替え、当時としては珍しく仕事における男女差がなかったパルコへ就職することにしました。経営陣と接する機会が多い部署に配属され、多くのことを学びました。「いかに人を集めるか、何にひかれて人は動くのか」という視点も求められたので、大学時代の学びも活き、仕事はハードでもとにかく楽しかった。

その後、10年ほど教育関係の仕事に携わりました。そんなあるとき、通勤電車でヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルのオープン広告を偶然目にして、「ここはイギリス資本のホテルだからコンシェルジュがあるかも?」と、ふと思ったのです。そこで、「まだ何か求人はありますか?」と電話したところ、「空いているのはコンシェルジュくらいです」との返事。「わたしはそれがやりたいのです!」と話は続いたのですが、ホテルとしては当然オープン時にいてくれないと困るわけです。でも、結局わたしはそれまでにそのとき勤めていた仕事を辞めることができず、一旦は断念しました。

ただ、一度心が揺れたことで、仕事を変えてもいいのかなと思うようになり、仕事を後輩に引き継ぐ準備を始めました。するとしばらくして、幸運なことに、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルの方から、「コンシェルジュに欠員が出たので、来ませんか?」と電話がかかってきました。それで、とうとうコンシェルジュになることになったのです。


 

コンシェルジュ 阿部佳さん  

後編のインタビューから

-日々の小さなことを見落とさず、常に学び続ける
-一番難しい質問は「おいしいレストランを紹介して」
-阿部さんが抱く今後の夢は?

 

関連記事

2015/10/30更新

Vol.025 グランド ハイアット 東京 コンシェルジュ
阿部佳さん

どんなときでも「楽しむ力」を 持てば夢はきっと叶えられる

2018/04/27更新

Vol.048 書写書道教育研究者
宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2019/07/19更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん 

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!