スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/07/18更新

Vol.011

腹話術師 いっこく堂さん  前編

誰か考えたことをするよりは
自分考えたことをやりたい

いっこく堂 (いっこくどう)

1963年、沖縄県出身。本名、玉城一石(たまきいっこく)。ものまねタレント、劇団民藝の舞台俳優を経て、1992年から独学で腹話術に挑む。これまでにない「2体人形の同時操り」「時間差会話」「唇をまったく動かさない技術の高さ」など、腹話術で独自の境地を開き注目される。1999年には文化庁芸術祭新人賞をはじめ各賞を受賞。現在、アジア・アメリカ・ヨーロッパなど18か国に活動の場を広げ、国内外合わせ年間200を超える公演をこなす。2012年、初の著書『ぼくは、いつでもぼくだった』をくもん出版より刊行。

腹話術に新しい風を吹き込み、日本国内のみならず海外にも活躍の場を広げるいっこく堂さん。腹話術という伝統芸に新たな境地を開くために、どのように挑んできたのか。多大な努力の積み重ねで芸の道を究めてきたストイックなまでの姿勢は、学びに対する謙虚で真摯な取り組みに通じるものでした。

「外相もし背かざれば、内証必ず熟す」

いっこく堂さん

僕の家の真向かいにはフォーク歌手の佐渡山豊さんが住んでいて、芸能の世界はわりと身近にありました。テレビだけで見ると芸能界は遠くに感じますが、実際に活動している人がそばにいると現実なんですね。僕の子どものころの夢はプロ野球選手でしたが、もしそれが叶わなかったら芸能の世界もいいなぁ、なんて甘く考えていました。でも、結果的に甘く考えていて良かったのかもしれません。入ってみて初めて厳しい世界だと知るわけですが、そのときにはもうやるしかないですから。

実際に「役者になりたい」と思い始めたのは中学3年のときです。正直あまり楽しい中学時代とは言えませんでした。友だちとなかなかうまくいかなくてね。だから高校生になったら、もっと積極的に学生生活を送ろうと思っていて、演技でも、努めて明るく振る舞おうとしていました。そのころです、学校の先生たちのものまねをしだしたのは。ただただ舞台度胸をつけたい一心からでしたね。

それが評判になって、いつしか学校全体の集まりでもものまねを披露するようになっていました。校長先生のものまねもしましたよ。朝礼で僕がまず校長先生になりきって挨拶をする。「あ~集まりが遅い!」とかですね。校長先生も鷹揚で、「アンタ上手だね~」と返してくれるんです(笑)。先生たちも僕が役者になることをすごく応援してくれました。

こう見えて、ちゃんと勉強もやってたんですよ。高校1年のときは学年でも最上位をキープしていました。というのも、沖縄県内では学費免除の成績基準があって、その基準は絶対に超えようと頑張っていました。でも、ひたすら憶えるだけの勉強でしたから、今ではあまり身になっていないような気もします。

不思議なもので、ものまね芸などで明るい人を演じているうちに、本当に自分自身の性格が明るくなってきました。高校生のとき、「外相もし背かざれば、内証必ず熟す」という徒然草にでてくる言葉を国語の先生から教わりました。これは「外見や行いを整えていけば、内側がいつか必ずそうなって熟す」といった意味ですが、これを聞いたとき、あぁ僕がやってることは間違いじゃないなって思いました。外側から変えていくのも大切なことなんだって気付いたんです。外側から明るくしていけば、内側もいつかそうなると。

関連記事

2014/07/25更新

Vol.011 腹話術師 いっこく堂さん

誰かが考えたことをするよりは自分で考えたことをやりたい

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!