スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/07/18更新

Vol.011

腹話術師 いっこく堂さん  前編

誰か考えたことをするよりは
自分考えたことをやりたい

いっこく堂 (いっこくどう)

1963年、沖縄県出身。本名、玉城一石(たまきいっこく)。ものまねタレント、劇団民藝の舞台俳優を経て、1992年から独学で腹話術に挑む。これまでにない「2体人形の同時操り」「時間差会話」「唇をまったく動かさない技術の高さ」など、腹話術で独自の境地を開き注目される。1999年には文化庁芸術祭新人賞をはじめ各賞を受賞。現在、アジア・アメリカ・ヨーロッパなど18か国に活動の場を広げ、国内外合わせ年間200を超える公演をこなす。2012年、初の著書『ぼくは、いつでもぼくだった』をくもん出版より刊行。

腹話術に新しい風を吹き込み、日本国内のみならず海外にも活躍の場を広げるいっこく堂さん。腹話術という伝統芸に新たな境地を開くために、どのように挑んできたのか。多大な努力の積み重ねで芸の道を究めてきたストイックなまでの姿勢は、学びに対する謙虚で真摯な取り組みに通じるものでした。

僕にやる気と自信をくれた先生のコトバ

いっこく堂さん

あれは忘れもしない、小学2年生の体育の授業です。先生に、僕の行進がおかしいと指摘されたことがありました。「いっこく君の足踏みはおかしいですね。ちょっと前に出て来てください。わるい見本です」って言われて、みんなに笑われて……。それからですね。人前で動くことが怖い、恥ずかしいと思うようになってしまったのは。だからお遊戯もしたくない。学芸会でもできるだけ後ろに下がっていました。いろいろなことへの自信を失ってしまったんです。

でも6年生になったとき転機が訪れます。これまた体育の授業でした。前転をしていた僕に先生が、「あ!いっこく君!」って声をかけられました。「やばい……また何か変だったかな」って体を強張らせていたら「みなさん、見てください! いっこく君の前転、キレイですね」ってほめてくれたんです。それがどんなにうれしかったか! それからはやたら自信がついて、勉強もがんばれるようになりました。卒業するまで朝学習の漢字テストはずっと100点。とにかく先生にほめられたくて、何にでも一所懸命になりました。

人を喜ばせたい、楽しませたいということに目覚めたのも、そうして少しずつ自分に自信が持てるようになったころだったと記憶しています。修学旅行の夜に、当時流行っていた人気テレビ番組のパロディをみんなでやっていて、僕は女装をしてみんなを笑わせました。小学生にしては演技力はけっこうあったと思いますよ。自分以外の何かになりきるって面白いな、と思うようにもなりました。

もし小6の体育の時間、先生のあの言葉がなかったら……。僕は小2のときに味わってしまった劣等感を引きずり、今の仕事は選んでいなかったかもしれません。先生は「僕にもできる!」という自信をくれました。自分が親になったとき、子どもに「なんでこんなこともできないのか?」なんて絶対言っちゃいけない、と思いましたね。ほめるのはいいけど、おとしめちゃいけない。良いところを見つけてあげないと。

中学時代を楽しめなかったいっこく堂さんが、高校で明るくなったヒミツとは?

関連記事

2014/07/25更新

Vol.011 腹話術師 いっこく堂さん

誰かが考えたことをするよりは自分で考えたことをやりたい

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.432
「第10回 日本医師会 赤ひげ大賞」功労賞に
田仲みすず先生
高齢者がいくつになっても 生きがいを持てる 質の高い生活を支える認知症サポート医 ~学習療法・脳の健康教室を活かした14年間の功績~
Vol.431
公文書写-夫婦で長く続けることが目標
夫婦で楽しく学べる書写は、 二人と町をつなぐ糸 ~ゆっくり丁寧に、 優しい気持ちで続けていきたい~
Vol.430
浮世絵に描かれた江戸時代のくらし
「雪のあした」
お正月の井戸端の様子を描いた 「雪のあした」 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
Vol.429
KUMONの各事業トピックス2021
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2021年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.085 後編
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
Vol.085 前編
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
Vol.084
劇団四季 俳優
金子進太郎さん
奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい
Vol.083
映画監督
大川史織さん
「楽しい」を真ん中に やりたいことを全力で続けていれば 出会いを手繰り寄せられる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!