スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/07/25更新

Vol.011

腹話術師 いっこく堂さん  後編

誰か考えたことをするよりは
自分考えたことをやりたい

いっこく堂 (いっこくどう)

1963年、沖縄県出身。本名、玉城一石(たまきいっこく)。ものまねタレント、劇団民藝の舞台俳優を経て、1992年から独学で腹話術に挑む。これまでにない「2体人形の同時操り」「時間差会話」「唇をまったく動かさない技術の高さ」など、腹話術で独自の境地を開き注目される。1999年には文化庁芸術祭新人賞をはじめ各賞を受賞。現在、アジア・アメリカ・ヨーロッパなど18か国に活動の場を広げ、国内外合わせ年間200を超える公演をこなす。2012年、初の著書『ぼくは、いつでもぼくだった』をくもん出版より刊行。

腹話術に新しい風を吹き込み、日本国内のみならず海外にも活躍の場を広げるいっこく堂さん。腹話術という伝統芸に新たな境地を開くために、どのように挑んできたのか。多大な努力の積み重ねで芸の道を究めてきたストイックなまでの姿勢は、学びに対する謙虚で真摯な取り組みに通じるものでした。

米倉斉加年さんが独立へと背中を押してくれた

いっこく堂さん

故郷の沖縄から東京に出てきて、本格的に役者の修行を始めると、すぐに挫折はやってきました。人が簡単にできることが自分にはできない。まずリズム感がない。小2の体育の授業で、行進の足踏みが“わるい見本”と指摘されたくらいなので、ダンスとか太鼓とかの動きがどうも苦手なんです。それに加えて不器用ときた……。

僕は民藝という劇団に所属していたのですが、その不器用さからか、芝居も裏方の仕事もうまくできなくてたいへんでした。あるとき、僕なりにお客さんを笑わせたいと思って、脚本にはない演技をしてみたのですが、これが完全に裏目にでました。演出家さんの「みんな真剣にやっているのに、お前はちょちょいのちょいで芝居をやりやがって!」という一言がこたえました。

ここは僕の居場所じゃないな、と思い始めてから1年ほどたったころでしょうか。とある旅公演での劇団員の宴会で一芸を披露することになったんです。おそれ知らずにも、「劇団民藝」の重鎮だった宇野重吉先生の演出風景のものまねをすると、案の定「酔いが醒めるからやめてくれ!」ってヤジられました。そのほか演出家の米倉斉加年さんのものまねもご本人の前でやらせてもらいました。「お前のモノマネは全然似てないじゃないか! だけど面白かったから優勝!」とか(笑)。米倉さんにそう言われてとてもうれしかったですね。

米倉さんが「お前はひとりでやるほうが面白い。ひとりで何かやってみなさい」とおっしゃってくれて、翌日からは舞台稽古の合間に漫談の練習をやるようになったんです。忙しいのに、米倉さんは必ず見てくれました。「面白くない!全然面白くない!」って言いながら……。でも、ひとり立ちする背中を押してくれたのは、間違いなく米倉さんでした。

腹話術をやろうと決めたのは1992年のこと。当時、腹話術は坊やの人形との掛け合いが基本でした。しかし、僕はもっと新しい、誰も見たことのない腹話術をやりたいと思っていました。僕と人形との主従関係が逆だったり、同時に2体の人形を操ったりする腹話術を。でもそれは、師匠に教わることはできない、すべて独学で身につけるしかないことも意味していました。

「腹話術では不可能」といわれていた挑戦とは?

関連記事

2014/07/18更新

Vol.011 腹話術師 いっこく堂さん

誰かが考えたことをするよりは自分で考えたことをやりたい

2014/08/29更新

Vol.012 教育心理学者 吉田甫先生

新しい知識を得るのは人にとって本能的に楽しいこと

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!