OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/06/18更新

Vol.078

将棋棋士 谷合 廣紀さん  後編

「楽しい!」と感じることを見つけて
自分を追い込まずにのびのびやろう

谷合 廣紀 (たにあい ひろき)

東京都生まれ。お茶の水女子大学附属小学校、獨協中学校・高等学校を経て、東京大学工学部電気電子工学科を卒業。同大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻博士課程に在籍中。自動運転技術を開発するベンチャー企業でもエンジニアとして解析に尽力。著書に『Pythonで理解する統計解析の基礎』(技術評論社)がある。第66回奨励会三段リーグ戦にて14勝4敗でリーグ2位の成績を挙げ、2020年4月1日付で四段昇段、棋士となる。東京大学出身の棋士は史上2人目。

棋士、東大でAIについて研究、ベンチャー企業のエンジニア。そんな3つの顔をもつ谷合廣紀さん。幼少期も複数の習い事をしていた経験があり、それぞれで力を発揮されていました。そのひとつ、公文式ではもともと好きだった算数・数学の魅力にのめり込み、小学生で高校数学を学ぶまでに。勉強をしていなかった時期があったそうですが、公文式で数学の基礎ができていたため、大学受験も乗り越えられたといいます。公文式で得たことや数学の魅力、棋士と研究の両立の秘訣などについてうかがいました。

全国模試も一種の全国対戦ゲームと考えて楽しんだ

谷合 廣紀さん

私自身はたくさんのことに興味を持ち、いろんなことに取り組んできました。しかし、ひとつのことに専念し、そこで力を発揮するタイプの人もいると思います。自分が楽しいと思えることを見つけて、それをやるのが一番だと思いますが、「何を楽しいと思うか」は人それぞれです。私の場合は「競争すること」で、全国模試も一種の全国対戦ゲームと考えて楽しみました。

苦しいと続きませんから、「やるなら楽しむ」という気持ちが大事だと思います。私は、「1日1局」など自分にノルマを課したりすることはしませんでした。自分を追い込んで、嫌いになってしまったら元も子もありませんから。

将棋と大学受験の両立についても、「入試も将棋もどちらもダメでも、まあしょうがないか」と楽観的に考えていたことが幸いしたのかもしれません。棋士になるときも、年齢制限があるので、「それまでにプロになれなかったら仕方ない。そうなったら研究をがんばろう」というぐらいの気持ちでした。ただ、大学受験を目指すようになった高2からは、切り替えて勉強するようになったように、「やるべきときにきちんとやる」ことは、意識してきたかもしれません。

保護者の皆さまにお伝えしたいのは、子どもが何かをやりたいと言ったら、否定をせずにまずはやらせてみてはいかがでしょうか。勉強以外からも学べることはたくさんあります。例えば、将棋AIに触れて、「これはどう作られているのかな」と不思議に思い、それが大きなモチベーションとなって数学が大好きになることもあるのではないでしょうか。学校での勉強をするタイミングではなくても、勉強したくなるタイミング、勉強が楽しくなるタイミングが、人それぞれにあるのではないかと思います。

情報があふれ、スマホがあれば何でもできる時代において、子どもたちに「ゲームをしてはいけません」というのは至難の業です。でも、スマホで受け身のゲームをするよりも、パソコンを使ってプログラミングをするなど、クリエイティブなことをする機会を増やすといいと思います。自分で何かをつくって発信するほうがより楽しいと、私自身、実感しています。

これから挑戦したいこととは?

関連記事

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2022/02/25更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!