OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/04/17更新

Vol.061

イラストレーター
ながおかえつこさん  前編

迷ったときにはまず自ら動こう
周囲の空気が対流し
先につながる流れができてくる

ながおか えつこ (ながおか えつこ)

大阪府生まれ。地元の小・中・高校を卒業後、金沢美術工芸大学産業美術学科にて商業デザインを学ぶ。卒業後は旧・松下電工株式会社に入社。1998年に退社後、夫とデザイン事務所グラフィオ設立。解散後、イラストレーターとして独立。現在、夫が経営する珈琲豆焙煎所の中に事務所を設け、イラストレーターとして活動中。絵を担当した書籍に『知ってびっくり!歯のひみつがわかる絵本 』シリーズ(くもん出版)、『凸凹あいうえおの手紙』(くもん出版)、『コーヒー豆を追いかけて』(くもん出版)など。

小さいころから絵を描くのが好きだったというイラストレーターのながおかえつこさん。美大卒業後は一般企業に就職し、広告やマーケティング業務に従事していましたが、「絵を描く仕事」への思いが募り、退職してイラストレーターとして独立することに。とはいえ仕事のあてがあっての退職ではなく、一歩一歩、努力と信頼を積み重ねて夢をかなえてきました。現在、絵本や小説・雑誌の挿絵を中心に、キャラクターデザインや広告イラストなど幅広く活躍されています。夢を実現するまでの道のりや、心がけてきたことなどについてうかがいました。

メリハリをつける学習習慣がついたのは公文式のお陰

ながおかえつこさん

父も母も店で忙しかったので、何か習い事をと通い始めたのが公文式教室でした。小学校低学年から算数をはじめて、中学年から英語もやるようになりました。

公文式の算数は何度も繰り返すので、お陰で計算は速く正確にできるようになりました。試験では計算はさっさと済ませ、苦手な文章問題にじっくり取りかかることができたのがよかったです。私は今でも電卓は苦手です。

公文式に通っていて身についたと思うことはもうひとつあります。それは、やるべきことを早くやって、ダラダラやらない、メリハリをつけるという学習スタイル。高校の受験勉強でも、「夜11時まで」と決めてやっていました。それ以降机に向かっていても、眠くてスピードが落ち、つらくなってしまうのです。それよりも時間を決めて一気にやって切り替えるほうがいい。今でも絵を描くこと、休憩すること、店の仕事をすることと、結構パッと切り替えられるのは、そのおかげかなと思います。

進学した公立高校ではテニス一筋で、絵はほとんど描いていませんでした。でも高校二年生の後半、進路を考えるようになったとき、やはり美術系の大学に行きたいと思ったんです。高校の美術の先生にデッサンを見てもらうほか、「皆にもまれたほうが伸びるから」と、その先生のアドバイスで、美術系大学への進学希望者が行く研究所にも通いました。

それまでぼやっとしていた自分の将来でしたが、その研究所では皆必死で学んでいる。その様子に私も刺激を受け、受験生でしたが充実した日々を過ごしました。両親は、「やりたいことをやったらいい」と応援してくれて、金沢美術工芸大学へ進学することに。じつは地元の芸大を志望していたので、少し挫折感がありました。一人暮らしも初めてだったので心細かったのも事実です。でも、金沢美術工芸大学はお世話になった美術の先生の出身校でもありましたし、行ってみると同じような一人暮らしの友人ばかりで、とても楽しい学生生活を送ることができました。

じょうずな歯みがき むし歯のしょうたい 歯いしゃさんはこわくない

 

後編を読む

関連リンク
Etsuko Nagaoka Illustrations


 

ながおかえつこさん  

後編のインタビューから

-会社を辞めてイラストレーターの道へ
-本物”に触れて、“感じて”書くことを大切に
-ながおかさんが心がけていること

後編を読む

 

関連記事

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!