OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん  後編

「迷い」の経験によって、
人は物事を判断する
「ものさし」を身につける

羽生 善治 (はぶ よしはる)
1970年埼玉県生まれ。15歳で四段に昇段して史上3人目の中学生棋士に。
1996年には、7大タイトルを同時に獲得する史上初の七冠となる。2017年には永世竜王を獲得し、史上初となる「永世七冠」を達成。
公文学習歴:小2から算数・数学を学習し、奨励会に合格し忙しくなっても中3まで継続。

稀代の天才棋士と言われ、長く将棋界を牽引している羽生善治さん。羽生さんは何を思いながらその一手を指すのでしょうか。羽生さんの半生と将棋哲学から、夢や目標を実現するためのヒントを探ってみたいと思います。

「迷う」からこそ「ものさし」ができる

若い方にはどんどん迷って欲しいと思います。今、道に迷っても携帯で道案内してくれるじゃないですか。道案内に頼るんじゃなくて、自力で探す。それに尽きると思います。迷うことで嗅覚が鍛えられます。どんなに先回りして考えても、いつか必ず迷う場面に出くわすんですよ。

だから小さいうちは、なるべくそういう場面を経験したほうがいいんじゃないかと思います。道に迷ったら、とりあえずうろうろするでしょう。後から見たらすごく回り道をしてたとか、とんでもないところに行ってたとかわかるんですけど、でも知らない道ではいろいろやってみて初めて状況が変わるんです。自分なりの手段を尽くすと申しましょうか。

迷い道の経験によって、人は知らず知らずのうちに物事を判断する「ものさし」を身につけるんですよ。分数の計算が解けるようになるのに1週間くらいかかったとか、竹馬に乗るのに1か月練習したとか、これくらいの努力やがんばりでこれくらいのことができるっていうものさしを作っている。

3日くらいでできるものさしもあれば、3年かかるものさしもある。未知なるものに出会ったとき、そのものさしを基準に判断するというのはよくあることだと思います。これは半年くらいかかりそうだから半年間がんばってみようとか、これは10年くらいかかりそうだからやめようとか。

たくさんの種類のものさしがあれば、そのときにどういう選択をすべきかが明確になるし、不安にならないし、ある程度迷いなく選択することができるのではないでしょうか。私もまだまだ暗中模索で一手一手選んでいるのが実のところですが、たとえ年齢を経て将棋のスタイルが変わったとしても、自分の棋譜を貫く“ものさし”だけは変わらないと思うのです。

関連リンク
日本将棋連盟

関連記事

2013/09/06更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、 人は物事を判断する 「ものさし」を身につける

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
Vol.054
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!