トップ > KUMON now! > トピックス > 横須賀学院小学校の取り組み 教員と児童の双方に波及効果をもたらすTOEFL Primary®

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327

横須賀学院小学校の取り組み  

教員と児童の双方に波及効果をもたらす
TOEFL Primary®

神奈川県横須賀市にある横須賀学院小学校。1950年開校時より英語は必修科目であり、2015年度より小学1年生から全学年で週3時間を英語の学習にあてています。2019年度より小学校でのTOEFL Primary®を導入した同校。その狙いと、先生方、児童それぞれの導入後の変化について、小出啓介校長、英語科教諭の阿部志乃先生とジョジェット ・ウィルソン先生に伺いました。

TOEFL®ファミリーのファーストステップTOEFL Primary®

TOEFL®は、英語を母語としない人のための、英語のコミュニケーション能力を測定するテストとして、世界150か国10,000以上にものぼる大学などの教育機関で利用され、世界中でこれまでに約3,500万人以上が受験しています。

TOEFL®ファミリーのファーストステップがTOEFL Primary®です。このテストは小中学生をおもな対象にデザインされており、英語運用能力の「伸び」を世界基準で測定したい学校や個人などに、幅広く活用されています。結果は合否ではなく、スコアとバンドレベル(段階別評価)で表示するのが特徴であり、海外留学、大学入試にも活用されるTOEFL iBT®へ繋がっています。

「体験重視」の横須賀学院小学校の教育

潮風が爽やかな横須賀の海沿いに位置する横須賀学院小学校は、中高一貫校を併設するキリスト教教育の私立小学校です。まず初めに、同校の小出校長にお話を伺いました。

— 横須賀学院小学校の教育の特徴を教えてください。

小出啓介校長小出啓介校長

小出校長:本校は小中高を通してキリスト教教育を実践する学校となっています。戦後すぐこの地に設立された青山学院の分校を地元の有志の方々が継承し、横須賀学院中学校、高校が1950年に開校され、その半年後に小学校も開校されました。児童は小さいうちから毎朝礼拝を行い、讃美歌を歌い、聖書を手にし、キリスト教の教えを生活、体験から学んでいます。クリスチャンになることを目的としているというよりも、キリスト教の教えから人生観や人間観を学ぶことを大切に考えています。キリスト教を日常の生活から学ぶことと同じように「体験重視」が本校の教育の特徴です。英語の授業でも教科としての英語を教えるという点に留まるのではなく「英語を通じて言葉の学び方を教えている」というスタンスを持っていることが特徴的です。それ自体が目的ではなく、英語を始めとして、どの教科でも根底では「体験」から学び、そこからさらに発展させる芽を育むということを重視しています。

小1から毎日英語を学習…外国語の学び方が自然と身につく

次に英語科教諭の阿部志乃先生が同校の英語教育の様子を話してくださいました。

— 小学校での英語教育はどのように行われているのでしょうか。

横須賀学院小学校の取り組み

阿部先生:2015年より小学1年生から全学年で週3時間英語を学習しています。1、2年生は20分授業を週4日と、45分授業を週1日とすることで毎日必ず英語に触れています。英語を20分学習した後は同じ「言葉の学び」として国語を学習しています。3年生からは45分授業を週3回実施しています。

コミュニケーションをとるときに言葉に頼りすぎないのは小学生の特徴だと思いますが、彼らのプライオリティはコミュニケーションを構築することで、言語を使いこなすことではありません。ジェスチャーや絵を描くといったサバイバル能力を使います。しかし、言葉を使わないと正確に伝わらない状況に気が付いたとき、自分から「先生、これは英語でなんていうの? 書き方は?」と聞いてきてくれます。小学生のころから、今までのコミュニケーション手段では通用しないという経験があることから、将来にわたって目的をもって言葉を学べると考えています。

小学校では試験の点数や級の目標は設定していません。外国語で書かれていること、話されることに怖気づくことなく、小学校を卒業した後、6年間教えてきた私たちがいなくても彼らなりの学びを続けることができる「方略」をもつこと、それを目指して英語を教えています。外国語、外国の文化、人とのコミュニケーションについて英語を使って学ぶことで、将来もほかの言語を学ぶことができるスキルが身に付くと考えています。

英語に力を入れている同校がTOEFL Primary®を選択したのは

関連記事

KUMONグループの活動  2015/09/29更新

Vol.105 TOEFL Primary®

TOEFL®の小中学生版、 TOEFL Primary®に挑戦しよう! TOEFL®へとつながる第一歩、「受けて楽しい」英語運用能力テスト

KUMONグループの活動  2017/04/18更新

Vol.204 世界基準の英語テスト
-インドネシアの受験生の声

夢に向かって英語を学ぶ インドネシアの子どもたち

KUMONグループの活動  2022/04/19更新

Vol.442 慶應義塾普通部の英語教育

TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由

KUMONグループの活動  2022/09/20更新

Vol.455 TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!

英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現

KUMONグループの活動  2019/04/09更新

Vol.302 TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編

自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLにスピーキングテストができました!~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2023/01/31更新

Vol.469 地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生

KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力

KUMONグループの活動  2023/01/24更新

Vol.468 公文書写―「書く」と「描く」

「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~

KUMONグループの活動  2023/01/17更新

Vol.467 Baby Kumon 10年の歩み

~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~

KUMONグループの活動  2023/01/10更新

Vol.466 KUMONの各事業トピックス2022

公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~

KUMONグループの活動  2022/12/27更新

Vol.465 初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~

縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!