トップ > KUMON now! > トピックス > 公文式フランス語・ドイツ語の最高齢修了者―
安孫子 保さん

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2018/10/23更新

Vol.278 公文式フランス語・ドイツ語の最高齢修了者― 安孫子 保さん  

外国語へのあくなき探究心
先生からのはげまし
仏独2教科修了への原動力

北海道旭川市で現役の医師としてご活躍の安孫子 保(あびこ やすし)さん。81歳で始めたドイツ語教材を84歳で修了され、続いて学習したフランス語教材は今年85歳で修了されました。いずれも公文式フランス語・ドイツ語始まって以来の最高齢での修了となります。ご多忙な中でも2つの言語教材を修了されるまでに至った原動力と外国語学習の愉しみについてお話しいただきました。

異なる文化・外国語学習への興味―『蟻とキリギリス』の教訓とは

私は以前より、ルース·ベネディクトの『菊と刀』を読んで、東洋と西洋の文化の違いや西洋文化の原点である聖書やギリシャ神話について興味を持っていました。

また、東南アジアを旅行した際、ジャワ島に出張中の日本人商社マンと知り合い、さらに異なる文化への興味を持った出来事がありました。イソップ寓話に『蟻とキリギリス』という話がありますが、日本と現地では捉え方が全く違うというのです。日本では蟻は働き者だと賞賛されますが、ジャワ島では困っているキリギリスに救いの手を差し伸べない蟻の行動に焦点が当てられ、「いかなる状況でも人に親切にしなければならない」という教訓にするというのです。同じ寓話でもこれほど解釈が異なるのかと驚き、Travel broadens your horizons.(旅はあなたの視野を広げる)という言葉をつくづく感じました。


勤務先の老人保健施設にて

医学部を卒業してから7年後に、フルブライト奨学生として米国オハイオ州シンシナティ医科大学に留学しました。出発前の壮行会で当時駐日アメリカ大使だったエドウィン·O·ライシャワー氏とお話しする機会があったのですが、私が「アビコです」と自己紹介すると「アビコの漢字は“安”の方ですか?それとも“我”の方ですか?」ととっさに聞かれびっくりしました。日本研究の第一人者でもあるライシャワー大使が漢字にも精通していらっしゃることがわかり、大変感銘を受けたのを覚えています。

このような経験から、私は異なる文化を深く理解することや、そのための外国語学習に興味を持つようになりました。

ドイツ語学習が弾みとなり、フランス語教材も

ドイツ語は学生時代に第二外国語として学習経験があり、仕事柄ドイツ語を目にする機会もありました。
ドイツ語を学び直そうと思っていたときに、公文式ドイツ語の存在を知りました。通信で好きな時間に自分のペースで学習できることに魅力を感じ、81歳のときにドイツ語の通信教室に入会、学習を始めました。
始めた当初は最終教材まで学習しようとは全く思っていませんでしたが、毎月山田先生から新しい教材とともにお手紙が届き、背中を押されるように学習を続けることになりました。実は20年前に妻を亡くしたのですが、妻が生きていたら公文の学習にここまで時間を割けなかったかもしれませんね。

ドイツ語教材では、ユーモアと風刺が効いた『肝っ玉おっ母とその子どもたち』が特に面白かったです。ドイツ語を修了したとき、公文の学習が途切れるのが惜しくて、そのまま続けてフランス語の学習を始めました。学生時代は英語とドイツ語しか履修できず、憧れだったフランス語の学習までは余裕がなかったのです。

フランス語を学習してみると、真面目な印象のドイツ語と違い、自由や正直さのようなものを感じました。私はLiberté(自由)という言葉が大好きなのです。たちまちフランス語やフランス人の考え方が好きになりました。いささか道徳に反するようなことであっても正直に表現し、またそれを受け入れる懐の深さのようなものをフランス文学から感じることができました。『赤と黒』『椿姫』『肉体の悪魔』など、大好きな恋愛物語を読むときは特に頭が冴えましたね(笑)。

安孫子さんの考える外国語学習の愉しみとは

関連記事

学習者・OBOG  2016/12/20更新

Vol.187 公文式フランス語・ドイツ語が誕生して30年

パティシエになる夢を叶えて ~公文式フランス語学習者の声~

KUMONグループの活動  2019/12/03更新

Vol.333 教室で学ぶフランス語・ドイツ語

フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、新しい世界を広げる

KUMONグループの活動  2014/04/01更新

Vol.030 KUMONの事業全体像

0歳から100歳までの公文式KUMONが提供する学びの場・機会は、近年ますます広がってきています。

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!