トップ > KUMON now! > トピックス > 公文式フランス語最終教材修了生から見る自立した学習者の姿とは?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2020/09/25更新

Vol.371

公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?  

フランス語を学習したことが

日常生活の豊かな彩り

公文式は自習が中心の学習法です。自学自習できる生徒はどのような思考・行動を身につけているのでしょうか。今回は都内私立一貫校に通う高校3年生で2019年8月に公文式フランス語の最終教材を修了した熊谷勇輝(くまがえ ゆうき)さんと、熊谷さんを指導されていた中島かおり先生にお話を伺いました。熊谷さんはこれまでドイツ語、ロシア語、ラテン語、古典ギリシア語、アラビア語、そしてスペイン語を独学しており、現在も言語を学び続けています。フランス語最終教材修了生から見る自立した学習者の姿と、その学習を支える指導者の姿に迫ります。

フランス語を始めたきっかけは、フランス語で書かれた本を自力で読めるようになりたいという想いから

熊谷さんは幼少期から公文式国語、数学、英語を学び、数学と英語は最終教材まで修了しました。公文式フランス語を始めるきっかけになったのは、友だちがラテン語を学習していたことに刺激を受け、当時興味を持っていたグロタンディークという数学者のフランス語で書かれた本を自力で理解できるようになりたいという想いからでした。高校1年生でフランス語の学習を始めて約1年間という速さで最終教材まで修了した熊谷さん。入会の際には、一番最初から始めさせてほしいと中島先生にお願いし、4A教材から開始しました。初月には1000枚ものプリントを提出して、中島先生をあっと驚かせたそうです。

その当時を振り返り、中島先生は「熊谷さんからは、入会するからには最終教材まで進みますという意気込みを感じました。ご自宅から教室までの距離が遠かったこともあり、頻繁には教室を訪れませんでしたが、たまに来ては100枚~200枚の学習したプリントを持ってこられ、1回来ると長い間黙々と楽しそうにプリントを解き進めていました」と話してくださいました。
そんな熊谷さんも、学習中にスランプにあったことがあるとか。1か月ほど教材を解かない時期があったそうです。その時に出合った本がフランス語で書かれたカミュの『異邦人』でした。E教材を学習中の当時、「全体を流れる重低音がスルスルと読み取れたんです」とあの時の驚きと感動がよみがえるかのように目をキラキラさせながら語ってくれました。この感動体験が熊谷さんの学習スランプを乗り越えるきっかけになり、その後のフランス語教材を解き進めることにつながりました。

教材にのめり込み最終教材修了、現在6言語を学習中

失われた時を求めて
フランス語L教材(最終教材)
プルースト『失われた時を求めて』

本との出合いにより学習の後押しとなった熊谷さんは、公文式フランス語教材への熱い思いも持っていました。

“私が公文式フランス語のカリキュラムで特に楽しみにしていたのは、最終教材に出てくるプルースト著『失われた時を求めて』 («A la recherche du temps perdu», Marcel Proust) という文学作品です。この題材を教材のフィナーレに選ばれていることにとても感激しました。フランス語教材でプルーストの作品は最高のしめくくりだと思いますし、20世紀最高の文学作品の冒頭部分を教材として学べるのが本当に嬉しかったです。最終教材に出てくるプルーストの作品に限らず、公文式フランス語の文学作品のどれもがよりすぐりの選定だと思っています。最近の教材改訂で、サン=テグジュペリ著『星の王子さま』 («Le Petit Prince», Antoine de Saint-Exupéry) が入ったと聞いて「ついに……!」と嬉しくなりました。”

教材で選定されているストーリーは有名な文学作品や歴史、評論などの本が多く、そのストーリーを読むことで、単語や文法を学びながらフランスの文学や歴史、思想に触れることができます。2019年8月にフランス語教材を修了した熊谷さんは、歴史や哲学で書かれている本を原書で読みたいという想いから、現在ドイツ語、ロシア語、ラテン語、古典ギリシア語、アラビア語、そしてスペイン語を独学しています。2020年2月には、日本言語学オリンピックにも出場し、金賞を受賞されました。

本を読むときに必要だと思うことは、自分の感性を信じること

哲学や思想、文学などの本から外国語の扉を開いた熊谷さん。どのように良書と出合ったのか、また本を読む上で大切にしていることをお話しいただきました。

フランス語最終教材修了生

“世の中にある全ての本を1人で読むことは一生をかけても不可能です。だからこそ、自分が読む価値のある良書を選択することが大切だと思います。具体的には「自分に合う本を見つけて芋づる式に関連した本を見つけていく」という方法がおすすめです。ジャンルごとにいろいろな本を読むのもよいのですが、私はそのジャンルについて信頼できると思う著者の本を一気に読み通して、その思考を丁寧に読み解くのが好きです。自分の好きな方法で自分に合う本を探すことができれば、それが一番良い本だと思っています。

私は永井均という読破したいと思う哲学者に出会いました。永井さんの著書は多数出版されているので、これから一生をかけても1冊1冊を読んでいこうと思っています。自分が納得できる座右の書を見つけるまでは、何年もかけて何千冊もの本を読んでたどり着くものだと思います。幸運なら数冊の中から見つかり、不運なら何万冊をかけても見つからないかもしれません。しかし、読める言語が増えると、興味や視野が広がり自分に合う良書を見つけられる確率が増えますし、もしかすると公文式の教材のなかにそのような良書に出合えるきっかけを見出せるかもしれません。”

これからフランス語を学びたい方へ届けたいメッセージとは?

関連記事

KUMONグループの活動  2019/12/03更新

Vol.333 教室で学ぶフランス語・ドイツ語

フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、新しい世界を広げる

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2013/12/24更新

Vol.017 フランス語・ドイツ語もKUMON!

公文式フランス語・ ドイツ語学習を通じて、 世界を広げる!

学習者・OBOG  2016/12/20更新

Vol.187 公文式フランス語・ドイツ語が誕生して30年

パティシエになる夢を叶えて ~公文式フランス語学習者の声~

学習者・OBOG  2018/10/23更新

Vol.278 公文式フランス語・ドイツ語の最高齢修了者― 安孫子 保さん

外国語へのあくなき探究心と 先生からのはげましが 仏独2教科修了への原動力に

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/05/11更新

Vol.402 公文国際学園のオンライン英語版模擬国連2021

自らの意志で参加し、主体性をもって 英語で国際平和を議論する経験が 生徒の内面的成長を促す

KUMONグループの活動  2021/04/27更新

Vol.401 浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」

浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~

KUMONグループの活動  2021/04/20更新

Vol.400 知らないこと、不思議なことを考えてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊

KUMONグループの活動  2021/04/13更新

Vol.399 KUMONの取り組むSDGs

個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

子育て・家庭学習  2021/04/06更新

Vol.398 家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.077 前編
株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん
人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう
Vol.076
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.067 後編
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.067 前編
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.065
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!