KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/12/24更新

Vol.017

フランス語・ドイツ語もKUMON!  

公文式フランス語・
ドイツ語学習を通じて、
世界を広げる!

KUMONは、外国語を公文式で学びたいという方のために、英語以外にフランス語やドイツ語を学ぶ機会も提供しています。他の言語や文化に触れることで広がっていく世界。世界が広がると、夢や目標もどんどん広がっていきます。

外国語を学ぶことで可能性はさらに広がる

公文式フランス語教材・ドイツ語教材は、子どもたちの持つ可能性をさらに広げていくという創始者・公文公の強い想いのもと、1986年に生まれました。現在では1歳から大人まで幅広い年齢層の方が様々な目的を持って学ばれています。公文式教室で数学、英語、国語に続く教科としてフランス語・ドイツ語を学ぶ幼児・小中高生、仕事や検定試験を目的とした社会人、中には生涯学習として取り組む方も多くいます。

外国語を学ぶと、目の前に新たな世界が広がっていきます。今回はそんな世界を体感されている2人の最終教材修了生にお話を伺ってみました。

公文式学習で視野が広がり、夢はフランスの大学の研究室で学ぶこと!

現在、大学1年生の智子さんが公文式学習に初めて出会ったのは小3のとき。算数の学習からスタートし、1年後には国語、中2のときには英語も始めました。教材進度が進み、公文で学校の授業よりも何学年も先の内容を学習するようになるにつれ、学校の授業内容の理解も深まっていったといいます。「もともと国語が好きでしたが、公文のおかげで自信がつき、理系の分野へも視野を広げることができました」と智子さん。そんな智子さんが4教科目に選んだのはフランス語。英語以外の外国語に興味を持ち始めた中3のころ、公文の先生に勧めてもらったのがきっかけです。「英語とフランス語は語彙も文法も違うけれど、逆に違っているところが面白かった」。フランス語の魅力にはまり、高校受験が近づいても、智子さんは毎日継続的に学習する姿勢を崩しませんでした。

智子さんの今の目標は、「大学3年生のインターンシップでフランスの大学の研究室で学ぶこと」そう話してくれる智子さんの目はキラキラと輝いています。

フランス語教材 F教材151 H教材44
 

「いつでも、大人になっても学習できる」

大阪府に住む知恵子さんは76歳のときに公文式ドイツ語学習を始めました。子どものころから何となく親しみのあったドイツ語を本格的に学び始めたのは、趣味の合唱でドイツ語の歌曲を歌うようになってから。初めは学習を進めていけるか不安だった知恵子さんでしたが、主人公と一緒に喜んだり、悲しんだりしながら教材を読み進めていき、本格的な文学作品を楽しめるようにもなりました。

子育てがひと段落してから12年かけて通信制大学を卒業した経験を持つ知恵子さん。通信制大学でも、公文式学習でも、学ぶということに遅いということはないということを感じたそうです。「孫にも、いつでも、大人になっても学習できると胸を張って言える」と知恵子さんはいきいきと話してくれました。知恵子さんの学習はまだまだ続きます。

ドイツ語教材 4A教材86 K教材151

フランス語やドイツ語は難しそう、と思われる方も少なくないかもしれませんが、新たな言語を学ぶことで可能性や世界が広がることは確かです。もうひとつの学ぶ喜びにも出会えるかもしれません。KUMONのフランス語やドイツ語は教室や通信で学習できます。お気軽にお問合せください。

関連リンク
公文式フランス語

公文式ドイツ語

語学を通じて、国際的に活躍できる力を。
フランス語、ドイツ語
「できるところから順番に、能力に応じた学習の実現」で、大きな成果を上げています。
詳細をみる

 

関連記事

学習者・OBOG  2020/09/25更新

Vol.371 公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?

フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!