KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/12/20更新

Vol.187

公文式フランス語・ドイツ語が誕生して30年  

パティシエになるを叶えて
~公文式フランス語学習者の声~

公文式フランス語・ドイツ語は、公文の算数・数学、英語、国語で高い学力と意欲、自ら学びとる力を身につけた子どもたちが、さらに幅広い知識と視野を持ち、新しいことに挑戦する機会としてほしいとの願いから1986年に生まれました。現在は、幼児から80代の方まで幅広い年齢層の方が学習中です。今回は、フランス語学習者のお一人をご紹介します。

パティシエを目指して、フランス語にチャレンジ!


喜多さんがクラスメイトと創作したお菓子

現在大阪府でフランス語を学習中の喜多 星見(きた ほしみ)さんは、小さい頃からお菓子作りが好きで、自分の作ったお菓子で周りの人たちが喜ぶ姿を見ることがうれしかったそうです。高校2年生の時、パティシエを目指して製菓専門学校への進学を決意しました。

製菓学校では、レシピも先生の作業指示もすべてフランス語。進学する前に、少しでもフランス語を習得しておきたいとの気持ちから公文式フランス語に入会しました。

製菓学校のクラスはまるで公文式!

製菓学校では、まず生地づくりをひたすら練習します。何度もくり返し生地を作り、次にロールケーキ、そしてショートケーキ…と、少しずつ難易度が上がっていきます。基本的な作業をくり返しながら少しずつステップアップしていくさまが、まるで公文式の復習と教材の進度のように感じた、と喜多さんは言います。

そう話す喜多さんは、小学5年生から中学3年生まで公文式教室で学んでいました。当時の学習経験から「何度もCDを聞いて、くり返し発音すること」の効果と重要性を実感していた喜多さんは、フランス語を学習するときも同じように何度もCDを聞き、教材も復習を重ねました。3回目の学習にもなると、例文を見なくても自力で問題が解けるようになり、それがうれしくてたまらなかったそうです。


喜多さんとフランス語を指導している常道先生

こうして学習を積み重ねた結果、製菓学校入学前にE教材(過去形・未来形などの文法)まで進み、授業の理解に大いに役立ったそうです。同級生はレシピに登場する材料名を理解するのにもひと苦労という中、喜多さんは先生の話すフランス語を聞くだけで意味がしっかりつかめ、余裕をもって授業に臨めたと振り返ります。現在は、文学作品を読み解く教材に進んでいます。

同じものを同じように作ることの難しさ

「パティシエにとって集中力は必須。集中していれば、生地の状態がいつもと少しでも違えば、すぐに気づくことができます。製菓は1グラム、1ミリの正確さが求められる世界。クリームを絞る時間がコンマ1秒長いだけで違うものが出来上がってしまいます。同じものを同じように作ることこそ難しいのです」

そう話す喜多さんは、最近、製パンにも夢中になっているそうです。


商品開発で考案したフランボワーズのパン

「パン作りは、気温と湿度に左右されます。今日は暑いから給水温度を低くしよう、今日は寒いから生地を長めに発酵室に入れよう…など、“同じ味”のロールパンを作るのに気温と湿度を考えて作業しなくてはなりません。毎日違うことをしながら同じものを作ることは、私はとても恰好いいと思っています」

来年の春から有名外資系ホテルへの就職が決まっている喜多さんは、同じ職場で働くフランス人やドイツ人とのやりとりに加え、将来的には海外での勤務の可能性にも胸を膨らませます。公文式でのフランス語学習が、喜多さんの夢の実現を後押ししています。

関連リンク
フランス語・ドイツ語もKUMON!|KUMON now!
公文式フランス語
公文式ドイツ語

語学を通じて、国際的に活躍できる力を。
フランス語、ドイツ語
「できるところから順番に、能力に応じた学習の実現」で、大きな成果を上げています。
詳細をみる

 

関連記事

学習者・OBOG  2018/10/23更新

Vol.278 公文式フランス語・ドイツ語の最高齢修了者― 安孫子 保さん

外国語へのあくなき探究心と 先生からのはげましが 仏独2教科修了への原動力に

KUMONグループの活動  2019/12/03更新

Vol.333 教室で学ぶフランス語・ドイツ語

フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、新しい世界を広げる

学習者・OBOG  2020/09/25更新

Vol.371 公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?

フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに

KUMONグループの活動  2013/12/24更新

Vol.017 フランス語・ドイツ語もKUMON!

公文式フランス語・ ドイツ語学習を通じて、 世界を広げる!

KUMONグループの活動  2014/04/01更新

Vol.030 KUMONの事業全体像

0歳から100歳までの公文式KUMONが提供する学びの場・機会は、近年ますます広がってきています。

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!