KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/07/24更新

Vol.266 千葉県白井市で楽しく認知症予防  

市民主体だからこそ生まれる効果

「白井脳いきいき教室」は、高齢者の認知症予防や仲間づくりの場として10年以上にわたってNPO法人白井市ボランティア連絡協議会が運営しており、行政との綿密な連携によって行われているモデル事例として注目されています。教室の成果、そして教室に通われている受講者の方々の感想をうかがいました。

“人を元気にする源は人”を実証する白井市

「白井脳いきいき教室」について白井市高齢者福祉課の矢野保健師にお話を聞いてみたところ、10年以上の長きにわたって教室が盛況であり続け、効果も生まれている背景には、運営体制があると言います。
「担い手の中心も市民であるということが非常に大きな意味を持っているのではないかと思います。従来のスタイルではどうしても“指導者”と“受講者”という上下関係になりがちですが、同じ市民同士では共に支え合う身近な存在となっています。介護予防活動に携わっていて感じているのは、人を元気にするのは、やはり人なのだということ。そういう点において、白井市の教室ではボランティアさんたちの熱意がご受講者の元気にもつながっていると思います」

また、開講当時より教室サポーターを務める佐藤さんは、受講者の立場から行政との連携の大切さについて答えてくれました。
「白井市からの委託事業という点も高齢者にとって安心感・信頼感につながっていると感じています。市の高齢者福祉課が募集しているからこそ、皆さん安心して応募してこられているのではないでしょうか」
白井市の要介護認定率はおよそ12%(2018年4月現在)。全国平均の18%に比べ低く抑えられています。白井市でも高齢者の人数は増加し続けていますが、今後も介護認定率の上昇に歯止めをかける事業として「白井脳いきいき教室」に期待が寄せられています。

週に一度の教室と宿題が生み出す生活のリズム感

「白井脳いきいき教室」に参加されていた3名の方にも、インタビューをしました。お一人目は、今年5月から通われている福島さん(76)。
―― 教室に通うようになって、いかがですか?
福島さん: 「明日は水曜日だから教室に行く日だな」とか「この時間は宿題をやらなくちゃ」というふうに、生活にリズム感が出てきました。毎朝9時に宿題を終えてから、家事をするというのが日課になりました。
―― 教室のどんなところが気に入っていますか?
福島さん: 1人でもお友だちができればいいなと思っていたのですが、1日目からお友だちができ、教室が終わった後、そのまま一緒にお茶に行きました。先週なんか7人でお茶に行ったんです。サポーターさんとも仲良くさせてもらっていて、白内障の手術の後に教室に来たら、向こうから「良かったねぇ」って来てくれて、ハイタッチで迎えてくれました。
―― ご家族からはどんな言葉をかけられましたか?
福島さん: 娘からは「楽しく通っていて、いいねぇ」と言われています。実は娘に「滑舌が悪くなってきたかな」と言われたことがありまして、宿題のプリントを読む時には、意識して読むようにしているんです。いいリハビリになっているなと思っています。

お二人目は、木村さん(75)。以前から同じ白井市保健福祉センターの体操教室に通われている木村さんは、今年5月から「白井脳いきいき教室」も受講するようになりました。
―― 読み書きや計算の学習はいかがですか?
木村さん: 計算は嫌いではないので、楽しいですね。タイムを計ったりするのも、目標になっていいなと思っています。
―― ご自身に何か変化は感じられていますか?
木村さん: 最近ちょっと忘れっぽくなっていましたが、この教室に通うようになって少し良くなってきたかなと思います。妻からも「楽しそうでいいね」と言われています。

3人目は、今月に90歳になった田中さん。2009年から通われている田中さんは、10年目を迎えました。
―― この教室はどのようにして知ったのでしょうか?
田中さん: 主人を亡くして自宅に閉じこもるような生活をしていた時に、この教室のボランティアをしていた友人が誘ってくれたんです。最初は外に出て人に会うのが嫌で、ためらっていたのですが、せっかく友人が心配して親切にしてくれたのに断るのは悪いなと思って教室に行ってみることにしました。そしたら皆さん、とてもいい方ばかりで。なにより私よりも若いお友だちができたことで、とても楽しい時間を過ごせることが嬉しいですね。
―― 教室に通うようになって、何か変化はありましたか?
田中さん: いきいき教室をきっかけに、ほかのサークルにも行くようになったんです。誘ってくれた友人には、とても感謝しています。

 

関連リンク
「脳の健康教室」はどんな「教室」?|KUMON now!
 学習療法センター公式サイト

タグ

関連記事

KUMONグループの活動  2019/02/19更新

Vol.295 茅ケ崎市 脳の健康教室

95歳でいきいき暮らす秘訣とは?

KUMONグループの活動  2018/08/07更新

Vol.268 学習療法の起こり

身近な人々の幸せから 世界の人々の幸せへ

KUMONグループの活動  2018/05/29更新

Vol.258 認知症予防の新たな取り組み

天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成

KUMONグループの活動  2016/09/06更新

Vol.172 学習療法-「脳の健康教室」はどんな「教室」?

高齢者もサポーターも笑顔がいっぱい 「脳の健康教室」

KUMONグループの活動  2018/11/27更新

Vol.283 学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま

「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!