KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

2017/09/12更新

Vol.225 English Immersion Camp 2017  

世界規模で物事を考えよう
~「イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ2017」開催~

2017年7月末~8月にかけて、小学生が世界各国出身のキャンプリーダーたちと英語でのコミュニケーションに挑戦しながら、生活を共にし、国際理解を深める「イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ2017」が、滋賀県守山市と静岡県賀茂郡河津町で開催されました。その様子をレポートします。

地球社会に貢献できる人材に

KUMONのイングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプは「これからの時代を生きる子どもたちに、英語でコミュニケーションできる力をつけてもらいたい。地球社会に貢献できる人材に育ってもらいたい」という想いのもと、2001年にスタートしました。17年間で参加した子どもたちはのべ3000名以上、キャンプリーダーは80を超える国・地域からのべ500名以上にものぼります。 17年目を迎えた今年は7月31日から8月23日までの期間中、4日程のキャンプに、英語を意欲的に学習する小学校3年生から6年生まで計315名が日本全国から参加しました。

世界を身近に感じるキャンプ


 

子どもたちはキャンプ中、世界の共通語である英語をキャンプリーダーとの会話の中で使いながら、英語環境に“どっぷり浸る(immersion)”経験を積んでいきます。初日には緊張した面持ちだった子どもたちですが、数日間のキャンプ中にキャンプリーダーのサポートを受け、少しずつ自信をつけながら、成長を遂げていきます。

子どもたちの活動をサポートしたのはインドネシア、フィジー、ケニアなど世界の様々な国や地域出身のキャンプリーダーたちです。宗教や文化、歴史など様々なバックグラウンドを持つ彼らとの共同生活を通じて、いろいろな国の環境や風習、考え方や文化の多様性を学びながら、子どもたちは世界を身近に感じることができたようです。また、キャンプリーダーのほとんどは英語を母国語としません。彼らと“英語”でコミュニケーションをすることにより、 多様性の中での共通言語としての英語の価値を体感した子どもたちもいるようです。

ここで子どもたちの感想をいくつかご紹介しましょう。

「25か国の人たちみんなと英語でならしゃべれるんだと思いました」(小4・男子)

「うまく英語で話せないときにはヒントをくれたりして、自分の力で話せるようにフォローしてくれて、やればできるという自信をぼくにつけさせてくれました」(小5・男子)

「伝わらなかったら恥ずかしいより、もっと伝えたい、聞き取りたいという思いが強くなりました」(小6・女子)

自分にできることは何か、世界規模の視野で考えよう


WWFジャパン 自然保護室 森林グループ
川江心一さん

エコバックを作る子どもたち

「このキャンプを通して、子どもたちには地球規模で考える視野を身につけてほしい」と話すのは公文教育研究会のイングリッシュ・イマージョン・キャンプの責任者である小椋茂生。例年、プログラムの中に地球規模で考える必要のある課題をディスカッションする時間を設け、子どもたちの国際理解へのきっかけとなる場を提供しています。今年は初めて公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)と協同し、英語を使って世界の環境保全について学ぶワークショップを実施しました。

キャンプ当日、子どもたち向けに英語で環境問題についての話をしてくださった、WWFジャパンの川江心一さんにお話をうかがいました。 「子どもたちのパワーに圧倒されました。積極的に質問をしてくれるなど、インタラクティブなやりとりがあり、興味を持って聞いてくれている様子がよくわかりました。予想以上に環境問題についてよく知っている子もいて、正直驚きました。身の回りの普段何気なく使っているものについても、環境への意識を持ってくれるようになったらいいですね」

子どもたちは川江さんのプレゼンテーションの中で、トラやゾウなどの動物の生態に触れながら、地球温暖化や森林伐採などの環境問題を積極的に学んでいました。小6の真優(まゆ)さんは「水は必要な分だけ使う、紙の無駄遣いをしないとか…ちょっとしたことでもみんなでやって自然環境を守っていけたらいいと思う」と話してくれました。「今、地球上で何が起こっているのか、とても勉強になりました。4R(*)をしようと思う」と話してくれたのは小5の岳翔(がくと)くんです。それぞれ環境問題へ思いをめぐらせながら、自分で使うためのエコバックを作りました。
*4R…Refuse(不要なものはもらわないこと), Reduce(ごみを減らすこと), Reuse(まだ使えるものをくりかえし使うこと), Recycle(資源として再利用すること)

多様性を持つキャンプリーダーたちとともに、より広い視野を持って物事を考える経験をした子どもたち。自身の夢や目標に向かって、この夏、新たな一歩を踏み出しました。

関連リンク
『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2017』開催のご案内|プレスリリース
世界に触れ、仲間たちとともに踏み出す一歩|KUMON now! English Immersion Camp公式ウェブサイト
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)

関連記事

KUMONグループの活動  2018/10/16更新

Vol.277 English Immersion Camp 2018

英語をツールに広がる世界 ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2018開催~

KUMONグループの活動  2013/09/10更新

Vol.002 English Immersion Camp

世界を知る6日間! 子どもたちが様々な国の学生と 英語だけで過ごすキャンプ 『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2013』開催

KUMONグループの活動  2016/09/20更新

Vol.174 English Immersion Camp 2016

世界を感じる! 子どもたちが英語を使って 様々な国や地域の学生と 過ごすキャンプ 〜「イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2016」開催〜

KUMONグループの活動  2015/11/17更新

Vol.114 English Immersion Camp 2015

世界とつながろう! 子どもたちが英語を使って 様々な国や地域の学生と 過ごすキャンプ ~「イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ2015」開催~

KUMONグループの活動  2016/04/19更新

Vol.147 English Immersion Camp15周年イベント開催

仲間たちとともに、 未来に向かって羽ばたこう

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/04/16更新

Vol.303 公文式の学校導入―村上学園高等学校
<全日制スタイルの通学型・通信制高校>

「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」

KUMONグループの活動  2019/04/09更新

Vol.302 TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編

自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLに スピーキングテストができました!~

子育て・家庭学習  2019/03/26更新

Vol.301 家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(3)

KUMONグループの活動  2019/03/19更新

Vol.300 ヨーロッパの指導者

仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~

子育て・家庭学習  2019/03/12更新

Vol.299 家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは? (2)

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.053 後編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.053 前編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。