KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2013/11/05更新

Vol.010 早稲田プロフェッショナルズ・ワークショップ2013  

大学生のKUMON OB・OGを
活かした広報戦略を立案せよ!
早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ

早稲田大学が産業連携の新しい形を目指してスタートした「プロフェッショナルズ・ワークショップ」。KUMONがこの取り組みに参加して5年となります。3か月にわたる早稲田大学の学生たちとの活動の中で、私たちはKUMONの価値を再発見することとなりました。

早稲田大学生との共同プロジェクト

ベトナム人社員の方への説明会の様子
広報戦略の立案に向けて、
何度も議論を重ねました。

早稲田大学プロフェッショナルズ ・ ワークショップとは、学部や学年をこえて集まった有志の早稲田大学学生と企業 ・ 自治体が共同で問題解決に取り組み、解決策を提案するというプロジェクトで、KUMONがこのワークショップに参加して5年が経ちます。

<p”>今年のテーマは「大学生のKUMON OB ・OGと協働した広報戦略を立案せよ」。学生たちはKUMON OB ・ OGのネットワーク構築を目指し、3か月間、夏休み返上で議論を重ねました。

このプランのベースになっているのは、KUMON OB ・OGのKUMONに対する評価の高さです。2011年の同ワークショップによるKUMONブランド調査によると、早稲田大学に通うKUMON OB ・OGの約9割がKUMONに対して好印象(10段階で7以上の評価)を持っていたのです。

KUMONはやっぱり「やっててよかった」

学習フォロー時のレッスンの様子
「KUMON TIME TRIAL」では
早稲田大学生に公文式教材を解いてもらいました。

しかし大学生は自分のKUMON体験を忘れているはず。そこで学生たちはKUMON OB ・OGにKUMONの体験を思い出してもらう試みとして、公文式教材を解いてもらう「KUMON TIME TRIAL」を企画 ・実施しました。するとそこには実に楽しそうに問題を解く早稲田大学に通うKUMON OBOGたちの姿がありました。

インタビューを行ってみると、OB ・OGの中には、学習していた当時「宿題が大変だった」「難しかった」という思いを持っていた方もいました。しかし実際に教材を解くことで、「先生がほめてくれて嬉しかった」「問題が解けると達成感があった」といったKUMONの体験を思い出し、「高校に入ってから勉強が楽だった」「通っててよかった」「自分の子どもにもぜひやらせたい」とKUMONの学習経験が今でも役に立っているということを実感してくれたのです。

関わるすべての人が学び、そして成長する


発表を終え、笑顔を見せる学生たち

ワークショップの最終報告会では、KUMON OB ・OGが自らの体験を思い出すことで、KUMONの「良さ」を見い出し、今回のプロジェクトのテーマであるKUMONの広報戦略につながったというまとめがなされました。そしてこれからKUMON OB ・OGのネットワークを構築するならば、参加するOB ・OGがKUMONのもつ様々な資源を活用して、自らを成長させることがテーマとして重要であるという提言があり、学生による発表が終了しました。このプロジェクトで大きく成長した学生たちから、「自らの成長」というキーワードが提示されたとき、私たちはこのプロジェクトが成功したと確信したのでした。

そして学生たちは「3か月があっという間だった」「素晴らしい仲間たちに出会えて、本当によかった」「このワークショップは私の人生にとても大きな影響を与えた」と、その充実した活動を振り返り、ワークショップは終了しました。

プロジェクトを共に支えてこられた早稲田大学の担当者様からは、こんな声をいただきました。

このプロジェクトで、学生たちは大学の講義やサークル活動では経験することのできない、社会に出て直面する課題の一例を経験します。そして実際に社会で働いているプロフェッショナルと共に課題に取り組むことで、さまざまな知識や問題解決力を学びます。今回のプロジェクトでは、このような能力を学生ならではの新鮮な目線を持っている段階から養うことで、より社会に貢献できる人材に成長してくれたと感じます。

議論や調査活動を通して、日々逞しさを増していく彼らの姿に、私自身感化されることが多くありました。そして学生の成長はもちろん、学生たちに何を伝え、学生たちのために何ができるかということを常に思考し、熱意と忍耐を以ってご指導いただいたKUMONの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

早稲田大学もKUMONも人の学びと成長を通じて社会に貢献することを使命とした教育団体です。今年の早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップも、互いの強みを生かして人材育成を行う、とても意義深いものとなりました。

関連リンク

関連記事

調査・研究・アンケート  2014/11/04更新

Vol.061 早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ2014

大学生のKUMON OB・OG向け 広報戦略を立案せよ早稲田大学プロフェッショナル・ワークショップ2014

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!