KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/12/27更新

Vol.188

留学したKUMONのOB・OGたち(2)  

留学を成功させるために必要な力とは
自分の強みって何だろう!?〜

世の中のグローバル化が進む中、留学に注目が集まっています。わが子にしっかり世界を見てほしい、将来グローバルな視点をもって活躍をしてほしいと思う一方、「全く異なる環境での留学にわが子は耐えられるのか」と心配な気持ちになる親御さんもいるのではないでしょうか。どんな力があれば、留学を人生の糧として飛躍のきっかけにすることができるのでしょう。海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」を利用して留学した公文のOB・OGに聞いてみました。

「留学」と「公文」の共通点とは?

みなさんそれぞれ、留学でご自身の強みを発見したり、再確認したりされたようです。最後に、小さい頃から公文を学んでいたみなさんに「留学」と「公文」の共通するキーワードを教えてもらいました。

八島さん: 「知らない世界へ行くこと」。海外に行く留学は言葉どおりですが、公文も学校で習っていない新しい問題に出会うこと、ここに価値があると思います。新しい分野に自分から行けるというところが共通しているように思います。

冬木さん: 「追求」。どこまで自分が戦えるか追求するという点が、公文にも留学にも共通していると感じますね。

田口さん: 「主体性」。何をするのも自分が決めるということが共通していると思います。公文は小さい頃から、「自分のやりたいタイミング」で「自分のかけたい時間」をかけて、間違えたところを「自分で見極めて」訂正しますよね。すべて主体性を高めるためのトレーニングだったと思います。その訓練が留学で役立ちました。

寺下さん: 「座学を超えた学びの機会」。公文は、プリントに向かってやる勉強ではあるけれど、ただ問題を解いて賢くなっていくだけではありません。わからない問題に対しては、たとえいくら時間がかかっても「この問題を解くにはどうすればいいのか」「なぜ、今の自分の考え方だと解けないのか」をとことん自分と向き合いながら考え抜きます。私はそこに公文で学ぶ意義があると考えています。そして問題が解けた瞬間だけでなく、そこで葛藤した経験が必ず他の場面でいきてくると思います。私の場合は、サッカーや大学での勉強に役立ちました。留学ももちろん勉強メインですが、それ以外の「人との関わり」や「異文化体験」に学びや成長の機会があったと思います。

二牟禮さん: 「粘り強さ、継続する力」がものをいうという点でしょうか。実は私は小学生の頃は、あまり粘り強い性格ではありませんでした。3歳くらいから公文をずっとやっていて、行き詰まった時に少し休ませてもらったこともありました。離れてみて、やっぱり自分にとって必要だと思ったときにまた始めて。そんな紆余曲折もありましたが、次第にどんな難問でも粘り強く考え、時間を置いたり別のアプローチで考えたりすれば必ず解決策があるとわかり、粘り強い性格になっていきました。留学では、相手と粘り強くコミュニケーションを重ねる必要がある場面も多く、「粘り強さ」で乗り切ることができました。

重宗さん: 「最高にパーソナライズされた学びの場」。人生自体、いかようにも自分が好きなようにできるということを、公文や留学で学べたと思っています。

留学で力を発揮することができた皆さん。小さい時からの毎日の積み重ねで、知らず知らずのうちに勉強以外の面でもさまざまな能力をつけていたのですね。

関連リンク
トビタテ!留学JAPANプロジェクトディレクター・船橋力さん|KUMON now!OBOGインタビュー
留学したKUMONのOB・OGたち(1)|KUMON now!
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム 高校生コース

関連記事

学習者・OBOG  2015/10/20更新

Vol.109 留学したKUMONのOB・OGたち

人生の可能性を広げる 留学に挑戦! ~海外留学したKUMONのOB・OGが語る留学~

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!