KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/12/27更新

Vol.188 留学したKUMONのOB・OGたち(2)  

留学を成功させるために必要な力とは
自分の強みって何だろう!?〜

世の中のグローバル化が進む中、留学に注目が集まっています。わが子にしっかり世界を見てほしい、将来グローバルな視点をもって活躍をしてほしいと思う一方、「全く異なる環境での留学にわが子は耐えられるのか」と心配な気持ちになる親御さんもいるのではないでしょうか。どんな力があれば、留学を人生の糧として飛躍のきっかけにすることができるのでしょう。海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」を利用して留学した公文のOB・OGに聞いてみました。

 *「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、官民協働で推し進める海外留学支援制度です。主に大学生と高校生を対象としており、公文も支援をしております。プログラム詳細については、記事末尾の関連リンクをご参照ください。

【参加者プロフィール(五十音順)】
・重宗さん:大学院博士1年生。ロボット工学の研究者になるために、専門分野に秀でているイタリアに8か月留学。公文歴は幼稚園~小学校卒業まで。
田口さん:大学4年生。秋田出身。秋田の物産の輸出促進と観光促進のためにできることをしたいとアメリカに9か月留学。秋田友好親善大使。公文歴は幼稚園~高2。
寺下さん:大学4年生。企業の国際化に関して興味がありイギリスに8か月留学。公文歴は小1~中3。
二牟禮(ふたむれ)さん:大学院修士2年生。人体運動学を学ぶため、カナダに6か月留学。公文歴は保育園~中3。
冬木さん:大学4年生。世界の製薬研究の現状を見るためにスイスに10か月留学。とやまふるさと大使。公文歴は小2~中3。
八島さん:大学院修士1年生。海外文化を体験するためと、コンピューターサイエンスを本場で学ぶため、アメリカに9か月留学。公文歴は小5~高3。

英語に自信があっても全く通用しなかった!?
留学初期の苦労とは

座談会ではまず、1人ずつ留学の概要と留学で学んだことなどを数分でプレゼンテーションしていただきました。それぞれパワーポイントを駆使したり、時折ユーモアを交えながら、留学の経験をシェアしてくれました。行った国は違っても、苦労したことにはいくつか共通点があったようです。 

司会: みなさん、「トビタテJAPAN!日本代表プログラム」で留学をされていたわけですが、半年から1年という留学は、数週間の短期留学とは違う辛さがあったのではないしょうか。


寺下さん

寺下さん: それまで最長で1か月海外に行っていたこともあり、長期でも大丈夫だと思っていましたが、無意識のうちに神経がすり減っていたようで、3~4か月たったころ、授業が終わるとすぐ帰ってベッドで寝てしまうことがよくありました。

司会: 何に神経がすり減ったのでしょうか。

寺下さん: すべてのインプット、アウトプットが英語であることもそうですが、特に専門以外の講義の英語がなかなか理解できず辛かったですね。あとは、さまざまな人種、日本に興味がない人とどう関係性を築いていくかということに疲れたのだと思います。まさに留学でしかできない経験でしたね。

八島さん: 自分も、日本で学んでいた専門とは異なるコンピューターサイエンスという分野をほぼゼロから学んだので、知らない単語が多く、最初は大変でした。独特なアクセントのある英語を話す教授もいて、聞き取るのに苦労した時期もありました。


二牟禮さん

二牟禮さん: 私も、日本では「研究や進捗発表は主に英語を使用」という研究室にいたので、ある程度英語力に自信があったのですが、実際には自分の英語が使いものにならないということがわかりました。

司会: それはどうしてでしょう?

二牟禮さん: 日本にいる研究室の外国人は、日本人を理解しようと頑張っている人たち。日本人の私たちに合わせてくれていたんですね。

 

苦労を乗り越えられたのはなぜ?

関連記事

学習者・OBOG  2015/10/20更新

Vol.109 留学したKUMONのOB・OGたち

人生の可能性を広げる 留学に挑戦! ~海外留学したKUMONのOB・OGが語る留学~

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!