KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/05/17更新

Vol.151 公文式英語教材のヒミツ  

「子どもから学ぶ」教材づくり
英語教材編~

公文式における教材づくりのテーマは、「子どもたち一人ひとりの可能性を最大限に伸ばす」こと。どのようなプロセスで教材が作られ、また進化しているのか。「教材制作」という仕事を通じて、日々その醍醐味と責任の重さを実感している、と話す英語教材部部長の中嶋良二に聞きました。

「簡単すぎず、難しすぎない」
一人ひとりにちょうどの教材づくりを目指して


英語教材部 部長 中嶋良二

公文に入社して最初に担当したのは、公文式教室の指導者をサポートする仕事でした。実際に教室を訪問し、教室の運営や指導をサポートする業務を経て、今に至ります。教材制作の部署に来て、いちばん驚いたのは「子ども目線にこだわる」という教材制作者の姿勢でした。

公文式の教材制作の根底には「子どもたち一人ひとりの“ちょうど”を追求する」という哲学が流れています。「ちょうど」というのは、たとえて表現すれば、脳に汗をかいて、真剣勝負をし、自力で問題を解くことで達成感を得られるレベル、つまり「簡単すぎず、難しすぎない」ということですね。

公文式の教材には、子どもたちが自分の力で正答を導き出すことができるように、設問や例文中にヒントが散りばめられています。「自分の力で解く」という体験は、自信を生み出すきっかけにつながります。そのため私たち教材制作者は、子どもたちの「自習力」を最大限に引き出していくために、一度作り上げた教材であっても検証を繰り返し、何度も改訂を重ねています。

 

ヒントをくれるのは、教室で学ぶ、子どもたちの生の姿

公文の教材は、完成したらそれで終わりというわけではありません。設問を解く子どもたちの様子をつぶさに観察し、さらにいい教材に進化させていくのが私たちの使命です。「教材制作者たるもの、指導者であれ」とは、公文式の創始者・公文公(くもんとおる)の信念でもありました。そのため教材制作者は教室で、実際に子どもたちの観察や指導を行います。

子どもたちは、どういうところで集中力が途切れてしまうのか。また、英語の音読では、どんなことで困っているのか。彼らが発信してくれる生の情報をキャッチし、把握した上で、次の教材改訂案のヒントにします。

音読の例を挙げると、子どもたちにとっての「発音のしにくさ・聞き取りづらさ」は改訂の際の重要なポイントです。たとえば、大人であればある程度知識もあるため、「hundred」(100)と聞けば十分聞き取れますが、子どもたちからすると初めて聞く言葉。「ハンレン」と聞こえてしまっている場合があります。こういうことは、子どもたちの音読に耳を傾けてみて初めて「聞き取るのが難しい単語なのかな」ということがわかります。

また、教材を改訂する際には指導者の声も参考にします。たとえば、以前は英語の音を共通項として単語を教材に配列していたのですが、「egg」(たまご)と「elephant」(ぞう)は「e」という共通の音をもつ単語ではありますが、意味としての共通点はありません。そのため、子どもたちが単語の意味を覚えるのに苦労している、という指導者の声がありました。

そういった声を受けて、現在は子どもたちの身近にあるもので、イラストにしても意味が明確な単語、例えば「apple」(りんご)や「banana」(バナナ)などの「果物」といったカテゴリーごとにグループ分けをして、単語を配列するように教材を改訂しました。こうすることで子どもたちは音だけでなく、単語の意味も捉えやすくなります。このように、子どもたちの学習の様子を日々観察している指導者の声を参考にすることで、「子どもから学ぶ」という方針での教材改訂を行うことができるようになっています。


高校相当教材のストーリー
「トム・ソーヤーの冒険」

教材に含まれる作品の選定も重要ですね。公文式英語が最終的に目指しているのは高度な英文読解力です。そういった力をつけるためには、楽しんでどんどん読み進めていけるストーリーが必要だと考えています。そのため、作品の選定の際には実際に子どもたちにアンケートもとっています。アンケートの結果、人気のあるストーリーは次の教材改訂でも残し、逆にそうでなかった場合は採用しないということもあります。

語学習得の2つの壁を乗り越えるための公文式英語教材の特徴とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!