KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/05/17更新

Vol.151 公文式英語教材のヒミツ  

「子どもから学ぶ」教材づくり
英語教材編~

公文式における教材づくりのテーマは、「子どもたち一人ひとりの可能性を最大限に伸ばす」こと。どのようなプロセスで教材が作られ、また進化しているのか。「教材制作」という仕事を通じて、日々その醍醐味と責任の重さを実感している、と話す英語教材部部長の中嶋良二に聞きました。

「簡単すぎず、難しすぎない」
一人ひとりにちょうどの教材づくりを目指して


英語教材部 部長 中嶋良二

公文に入社して最初に担当したのは、公文式教室の指導者をサポートする仕事でした。実際に教室を訪問し、教室の運営や指導をサポートする業務を経て、今に至ります。教材制作の部署に来て、いちばん驚いたのは「子ども目線にこだわる」という教材制作者の姿勢でした。

公文式の教材制作の根底には「子どもたち一人ひとりの“ちょうど”を追求する」という哲学が流れています。「ちょうど」というのは、たとえて表現すれば、脳に汗をかいて、真剣勝負をし、自力で問題を解くことで達成感を得られるレベル、つまり「簡単すぎず、難しすぎない」ということですね。

公文式の教材には、子どもたちが自分の力で正答を導き出すことができるように、設問や例文中にヒントが散りばめられています。「自分の力で解く」という体験は、自信を生み出すきっかけにつながります。そのため私たち教材制作者は、子どもたちの「自習力」を最大限に引き出していくために、一度作り上げた教材であっても検証を繰り返し、何度も改訂を重ねています。

 

ヒントをくれるのは、教室で学ぶ、子どもたちの生の姿

公文の教材は、完成したらそれで終わりというわけではありません。設問を解く子どもたちの様子をつぶさに観察し、さらにいい教材に進化させていくのが私たちの使命です。「教材制作者たるもの、指導者であれ」とは、公文式の創始者・公文公(くもんとおる)の信念でもありました。そのため教材制作者は教室で、実際に子どもたちの観察や指導を行います。

子どもたちは、どういうところで集中力が途切れてしまうのか。また、英語の音読では、どんなことで困っているのか。彼らが発信してくれる生の情報をキャッチし、把握した上で、次の教材改訂案のヒントにします。

音読の例を挙げると、子どもたちにとっての「発音のしにくさ・聞き取りづらさ」は改訂の際の重要なポイントです。たとえば、大人であればある程度知識もあるため、「hundred」(100)と聞けば十分聞き取れますが、子どもたちからすると初めて聞く言葉。「ハンレン」と聞こえてしまっている場合があります。こういうことは、子どもたちの音読に耳を傾けてみて初めて「聞き取るのが難しい単語なのかな」ということがわかります。

また、教材を改訂する際には指導者の声も参考にします。たとえば、以前は英語の音を共通項として単語を教材に配列していたのですが、「egg」(たまご)と「elephant」(ぞう)は「e」という共通の音をもつ単語ではありますが、意味としての共通点はありません。そのため、子どもたちが単語の意味を覚えるのに苦労している、という指導者の声がありました。

そういった声を受けて、現在は子どもたちの身近にあるもので、イラストにしても意味が明確な単語、例えば「apple」(りんご)や「banana」(バナナ)などの「果物」といったカテゴリーごとにグループ分けをして、単語を配列するように教材を改訂しました。こうすることで子どもたちは音だけでなく、単語の意味も捉えやすくなります。このように、子どもたちの学習の様子を日々観察している指導者の声を参考にすることで、「子どもから学ぶ」という方針での教材改訂を行うことができるようになっています。


高校相当教材のストーリー
「トム・ソーヤーの冒険」

教材に含まれる作品の選定も重要ですね。公文式英語が最終的に目指しているのは高度な英文読解力です。そういった力をつけるためには、楽しんでどんどん読み進めていけるストーリーが必要だと考えています。そのため、作品の選定の際には実際に子どもたちにアンケートもとっています。アンケートの結果、人気のあるストーリーは次の教材改訂でも残し、逆にそうでなかった場合は採用しないということもあります。

語学習得の2つの壁を乗り越えるための公文式英語教材の特徴とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

KUMONグループの活動  2016/08/02更新

Vol.167 公文式教室の舞台裏-新任指導者のサポート編

「あの教室に行きたい」 「先生に会いたい」 そんな教室を先生とともに作り上げる

KUMONグループの活動  2018/08/24更新

Vol.271 英語もKUMON―北浦三育中学校

「やる気のスイッチ」をオンにする 「丁寧さ」と「楽しさ」 「自学自習」の力を身に付ける一助にも

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

調査・研究・アンケート  2015/12/07更新

Vol.119 子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想

家庭学習は母親の大きな悩み 母親が求めるのは「みずから進んで学ぶ姿勢」

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!