KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/08/02更新

Vol.167 公文式教室の舞台裏-新任指導者のサポート編  

あの教室に行きたい」
先生に会いたい」
そんな教室を先生とともに作り上げる

全国の公文式教室には、その教室の運営や指導をサポートする社員がいます。特に教室開設から2年間という時期に特化して新任指導者をサポートするのが「育成職」です。公文式教室の先生になる方々はどんな想いでこの仕事を選び、どのようにそのスタートを歩んでいるのか。育成職の西條智幸に聞きました。

先生の可能性を最大限に伸ばし、教室の土台をつくる「育成職」という仕事


東京本部 育成チーム
西條智幸

まず、私たち「育成職」の役割についてお話しします。「育成職」は、新しく公文式教室を開くことが決まった方の、「研修」から「教室の開設」、そしてその後の「教室における生徒指導・運営のサポート」を約2年にわたり担当します。公文の先生になることを志望する方々は、「教育を通じて地域や社会に貢献したい」、「子育てと両立しながら仕事がしたい」、「ライフワークとして長く子どもの成長に関わることができる仕事がしたい」など、さまざまな想いをもって公文の先生としての仕事を選択してくださいます。

私たち育成職は、そういった先生のライフスタイル、バックグラウンドを理解した上で信頼関係をしっかりと築き、公文式学習を通して子どもたちの可能性を伸ばす仕事に喜びややりがいを感じていただけるようサポートしています。そして、教室が開設された地域の方々から「公文の教室に行きたい」「○○先生に会いたい」と思っていただけるような教室の土台作りをお手伝いしています。

 

指導の現場を経験したからこそわかる先生の気持ち

私は2006年に公文に入社しました。そして配属先で、研修の一環として半年間、実際に自分自身が指導者として教室を運営しました。無我夢中の日々でしたが、この時「自分の関わりにより生徒が変化・成長するやりがい」を知ることができました。その後は、公文式教室の先生方のサポート業務を担当。そして入社から5年目、会社が運営する直営教室を受け持つことになりました。ここでの教室経験が、いま「育成職」として働く自分にとって大きな財産となっています。

-「教材準備」の大切さ -

私が公文式教室の指導者として一番力を入れて取り組んだのは「教材準備」です。公文式学習法の特長として、「個人別学習」「自学自習」「学年を越えて進む」があり、それを実現するためにスモールステップで構成された「教材」があります。教室では、先生が一人ひとりの“ちょうど”を見極めて、教材を準備します。その“ちょうど”の教材に取り組むことで、子どもたちは「少しがんばれば自分の力で解ける」問題をくり返し学習し、やがて学年を越えた内容を学習できるようになっていくのです。

このように、“ちょうど”を見極めて教材を準備するためには、子どもたちの日々の状態をしっかりと把握していなければなりませんし、教材の知識も必要です。入社後、教室経験が浅かった頃は、実際に現場で教室を運営頂いている先生方や先輩社員にアドバイスをいただきながら、教室運営をしていましたが、“ちょうど”の見極めの甘さが原因で、生徒がその日の教材で達成感を感じることができないまま帰らせてしまったこともあります。

公文式の創始者である公文公(くもん とおる)の言葉の一つに、「悪いのは子どもではない」というものがあります。この言葉が幾度となく頭をよぎりました。それでも生徒さんは週2回必ず通ってきてくれますので、先生である私には待ったなし。子どもたちに損をさせず、より伸ばしていくために、私自身もどんどん指導力を磨き、前進していく必要がありました。
  
-チームで教室を運営することの大切さ-

教室を引き継いで半年がたち、生徒数も増えてきたころ、自分一人で教室運営の何もかもを抱え込んでいては、子どもたちのための指導力向上や教室運営ができないという現実に直面しました。そして、一人ひとりの子どもたちの学習計画、教材の準備や採点、学習の記録、保護者の対応など、教室におけるさまざまな仕事の優先順位をつける必要があると感じました。そこで「指導者にしかできないこと」と「スタッフに任せていくこと」を明確にし、指導者とスタッフがひとつのチームとなって一緒に子どもたちを伸ばす体制を作り、以前よりもスタッフとのコミュニケーションと連携を図るようにしました。教室で起こる生徒の変化や成長をスタッフとともに喜び、わかち合うことで、複数の目で生徒を見守る体制ができ、スタッフもそれまで以上にやりがいをもってくれるようになりました。

このときの直営教室経験では、公文の先生という仕事のやりがいと素晴らしさはもちろんのこと、より近い目線で先生の気持ちを理解することができたと思っています。2013年からは「育成職」を担当することになりましたが、教室で得た実体験を糧とし、先生の良き理解者であり、パートナーであることを目指して日々仕事をしています。

「育成職」として心がけていること、そしてやりがいとは?

関連記事

KUMONグループの活動  2017/02/07更新

Vol.193 公文式教室の舞台裏-教室のコンサルティング編

先生と一緒に導く 子どもたちの「自学自習」の力~地域に根ざした教室へ~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!