KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/03/29更新

Vol.144 就労支援としてのKUMON-フォレスト  

「“働きたい”尊重し、育てています。
できることをじっくりと、
一緒に伸ばしていきましょう」

障害のある方たちが就労のためにさまざまなことを学ぶ場、それが「就労移行支援事業所」です。みなさんはどんなところをイメージされますか。東京都葛飾区にあるフォレストは、スタッフ、そして利用者の方たちのたくさんの笑顔があふれる空間でした。

 

英語学習で、コミュニケーション力がさらにアップ!?


フォレスト 佐々木さん(就労支援員)

フォレストでは、今年1月から利用者さん全員が公文式の英語学習をしています。これは高橋所長が昨年末、公文式英語を導入している就労移行支援事業所(就職するなら明朗アカデミー/佐倉キャンパス、2015年3月から国語と英語を導入)を見学し、その楽しそうな学習の様子にとても驚き、導入を即決したため。フォレストでの英語学習の様子を、公文式学習のメインスタッフのもうおひとり、佐々木さん(就労支援員)にうかがってみました。

「昨年の12月に、利用者の方たちに“1月から公文の英語をします”とお伝えしたら、“エッ~、英語!?”という驚き半分、うれしさ半分のような反応でした。でも、わたしたちスタッフにはちょっと不安もありました。算数の学習のときなど、ほかの利用者さんの私語が気になる方、小さな音にも過敏に反応してしまう方もいるので、自分のはよいにしても、ほかの利用者さんのE-pencil(※専用リスニング機器)の音や音読確認の声などが気になるのでは?。それも20人という利用者さんが一斉に英語の学習をして大丈夫なのかな?という心配です。しかし、スタートしてみてビックリでした。みなさん自分の学習にほんとうに集中するので、ほかの利用者さんの声やE-pencilの音はほとんど気になっていません。それどころか、算数や国語の学習ではめったに見られないような満面の笑みで、すごく楽しそうに学習しているのです。英語をスタートしてからまだ3ヵ月目ですが、英語学習でコミュニケーションの力がどんどんついてくるのでは、と期待しています」。


これは何の列かというと…。 英語の音読確認をしてもらうために、利用者さんたちがならんでいるところ。ならんでいるときも、みなさん楽しそうな表情で、英語の発音練習に余念がありません。

最後にフォレストの利用者さんおふたりに、英語を学習しての感想や今後の抱負をうかがってみました。おひとりめは、Sさん(30歳・男性)です。
「英語は中学のころから好きでした。発音が良いと、英語の先生にほめられたことで好きになりました。算数も楽しいけど、英語のほうが好きですね。東京オリンピックが何年後かにあるので、英語で外国の人たちと少しでも話ができればいいと思います」。

もうおひとりは、今年が成人式だったというMさん(20歳・女性)です。
「英語はとても楽しいです。外国人と英語で会話をするのが夢です。算数も英語もがんばって、早く仕事につきたいです。今年成人式だったんですが、着物をレンタルして着付けをしてもらいました。着付けに時間がかかりすぎて成人式には間に合わなかったけれど、家族で神社にお参りに行って、記念写真も撮って、とても良い思い出ができました。でも、けっこうお金がかかったので、わたしが払うことにしてお母さんから借りました。だから、早く仕事について、そのお給料でお母さんにお金を返したいです」。
 
皆さん、それぞれ夢が実現するといいですね。応援しています!

関連リンク

就労移行支援事業所 フォレスト
障害福祉サービス等(厚生労働省)

bg_bnr_43 社会的自立をめざす方々に学ぶ喜び、成長する喜びを。
就労支援施設
導入目的は施設によって異なりますが、学力の向上と、態度面や生活面の変化は共通です。
詳細をみる

関連記事

KUMONグループの活動  2015/10/06更新

Vol.106 就労支援としてのKUMON-諫早ワークスサテライト

“社会の役に立てる人” “その職場になくてはならない人” そんな人になってほしいと思っています 就労移行支援事業所、諫早ワークスサテライトでの公文式導入

KUMONグループの活動  2016/10/25更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(前編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(後編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

KUMONグループの活動  2014/11/18更新

Vol.063 就労支援としてのKUMON-就労支援施設フォーラム

“就労移行支援”や “就労後の定着支援”への 公文式の活用 「第3回就労支援施設フォーラムin品川」より

KUMONグループの活動  2015/01/13更新

Vol.070 就労支援としてのKUMON-愛光園

「愛光園の利用者さんたちと われわれスタッフは ともに“就労”という 明確な目標をもった同志です」 「働きたい」という意欲と自己肯定感が未来を拓く

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/11/22更新

Vol.331 単位制高校(通信制)ミニフォーラム

学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~

学習者・OBOG  2019/11/19更新

Vol.330 English Immersion Day

学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~

KUMONグループの活動  2019/11/12更新

Vol.329 ポルトガルに公文式教室開設

ポルトガルに公文式教室開設 将来にわたって役立つ力を

KUMONグループの活動  2019/10/29更新

Vol.328 「Forbes誌が選ぶ30歳未満30人 - 2019/科学」に選出

中学生の発明家、 ギタンジャリ・ラオさん KUMONから学んだことは課題に取り組む姿勢

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!