KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/03/29更新

Vol.144 就労支援としてのKUMON-フォレスト  

「“働きたい”尊重し、育てています。
できることをじっくりと、
一緒に伸ばしていきましょう」

障害のある方たちが就労のためにさまざまなことを学ぶ場、それが「就労移行支援事業所」です。みなさんはどんなところをイメージされますか。東京都葛飾区にあるフォレストは、スタッフ、そして利用者の方たちのたくさんの笑顔があふれる空間でした。

 

あいさつが元気にできるようになる。人と積極的にかかわれるようになる。 利用者さんたちの大きな変化。そして、笑顔が笑顔を生む。

フォレストの就労支援プログラムは、就職に向けて少しずつステップアップできるように、さまざまなものが用意されています(※)。そしてフォレストでは、働くための基本的習慣と能力を自分のものにするためのメインプログラムとして公文式学習を取り入れ、利用者さんは月曜から金曜の毎日(午前)、算数・数学、国語、英語の教材に向かっています(算数と国語は選択制、英語は全員)。高橋所長にその経緯をうかがいました。
  ※フォレストの就労支援プログラムの構成や内容は、記事末尾の関連リンクからご参照ください。

「公文を導入したのは2014年4月(算数と国語、英語は2016年1月導入)ですが、それ以前は清掃の仕事を請け負って支援プログラムのメインにしていました。しかし、仕事として請け負うため、ある日時までにきちんと仕上げるという制約があり、利用者さんができないところは、フォレストのスタッフが手伝うことになります。それで、全員の方が“やればできる”という感覚や自信をもつのにはむずかしい面もありました。ほかにもいろいろなプログラムを試してみてもうまくいかず試行錯誤していたころ、公文を支援プログラムのメインとして導入している千葉の就労移行支援事業所(就職するなら明朗アカデミー/成田キャンパス)を見学したのが導入のきっかけでした。基礎学力や学ぶ力がつくだけでなく、“できる!”“できた!”という自信もつく。これだ!と思いました。フォレストがやろうとしていることと同じだったのです」。(高橋所長)

そして、公文式を導入して半年もしないうちに、フォレストのスタッフのみなさんが予測した以上の変化が、利用者さんたちに見られるようになったといいます。公文式学習のメインスタッフのおひとり、福井さん(職業指導員)のお話です。


フォレスト 福井さん(職業指導員)

「学習した教材を利用者さんが提出したり受け取るとき、“失礼します”“よろしくお願いします”などのあいさつをしますが、そのあいさつがふだんの生活のなかでも活きてくるのです。以前は、かすかな声での“おはようございます…”だった利用者さんが、大きく元気な声で“おはようございますっ!”と言うようになったり。ほとんど会話がなかった利用者さんが、何かあると声をかけてきてくれたり、質問してくれたり。やはり、利用者の方それぞれができるとことをくり返しながら学習し、それをほめられるので、日に日に自信が大きくなるのだと思います。その自信が、利用者さんをさらに成長させているように思えます。自分自身の変化もありました。その成長をほめたいので、利用者さんお一人おひとりをよく観られるようになりました」(福井さん)

「だからでしょうね、利用者さんに笑顔がほんとうに増えたと思います。それは、わたしたちスタッフも同じです。自信をつけて笑顔が増えた利用者さんたちを見ていると、わたしたちもうれしいので、自然に笑顔になってきます。もうひとつよかったのは、利用者さんお一人おひとりの見方が変わったことです。以前は“できないところをどうするか?”とマイナス方向で考えていたのですが、いまは“できるようになるために、どうするか?”とプラス方向で考えられるようになりましたから。たとえ結果は同じでも、できるようになったときの利用者さんとわたしたちのうれしさは大きく違いますね」(伊藤さん)

新たに導入した英語学習の様子とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2015/10/06更新

Vol.106 就労支援としてのKUMON-諫早ワークスサテライト

“社会の役に立てる人” “その職場になくてはならない人” そんな人になってほしいと思っています 就労移行支援事業所、諫早ワークスサテライトでの公文式導入

KUMONグループの活動  2016/10/25更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(前編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(後編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

KUMONグループの活動  2014/11/18更新

Vol.063 就労支援としてのKUMON-就労支援施設フォーラム

“就労移行支援”や “就労後の定着支援”への 公文式の活用 「第3回就労支援施設フォーラムin品川」より

KUMONグループの活動  2015/01/13更新

Vol.070 就労支援としてのKUMON-愛光園

「愛光園の利用者さんたちと われわれスタッフは ともに“就労”という 明確な目標をもった同志です」 「働きたい」という意欲と自己肯定感が未来を拓く

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/11/12更新

Vol.329 ポルトガルに公文式教室開設

ポルトガルに公文式教室開設 将来にわたって役立つ力を

KUMONグループの活動  2019/10/29更新

Vol.328 「Forbes誌が選ぶ30歳未満30人 - 2019/科学」に選出

中学生の発明家、 ギタンジャリ・ラオさん KUMONから学んだことは課題に取り組む姿勢

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!