KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/01/11更新

Vol.128

浮世絵に描かれた元服の儀(成人式)  

が親元を巣立つとき
~金太郎の成人式~

今日は成人の日。1999年までは1月15日が成人の日とされていましたが、皆さんは成人式の由来をご存知でしょうか?江戸時代以前から、旧暦の太陰太陽暦の1月15日がその年の最初の満月を祝う「小正月」にあたり、その特別な日に、家の後継を託す男子の成人を祝う「元服」という儀式がおこなわれていたことに由来するとされます。KUMONは、数多くの「子ども文化史料」を所蔵していますが、今回は「元服の儀(今の成人式)」が描かれた作品を紹介します。

子どもの成長を願う数々の儀式

江戸時代、出産は母子にとって命がけの出来事であり、乳幼児の死亡率も極めて高いものでした。そのため、誕生前からのいくつもの危機を無事に通過するために、数多くの儀式を行っていました。懐妊して5ヶ月目の「帯祝い」に始まり、誕生後の「出産祝い」、「初宮参り」、「食い初め」、そして女の子は3月3日、男の子は5月5日の「初節句」にわが子の健やかな成長を願い、1年目の「初誕生」を迎えます。その後も人生の通過儀礼として「七五三」、「元服の儀」などで子どもの成長を祝いました。

 

子が親元を巣立つとき~元服の儀~

子どもを描いた浮世絵の中にも、当時の元服の儀を描いた作品が数多く残されています。今回は、当時の子どもたちのヒーロー的存在だった「金太郎」の元服の儀を描いた作品を紹介します。金太郎は足柄山中で山姥(やまんば)とくらし、源賴光(みなもとのよりみつ)によってすぐれた人物であることを見出され、その従者となったと言い伝えられています。


「子犬を牽く金太郎」鳥居清長
文化11年(1814)頃

こちらの絵を見てください。丸々と太った金太郎。頭には鳥帽子(えぼし)をかぶっており、元服した武士として描かれています。右手でひいている犬は、魔除けで出産・生育のお守りとされる犬張子(いぬはりこ)を型どっています。背後には、めでたい竹の葉の紋の柄が入った着物を着た小熊を従え、画面いっぱいに堂々とした金太郎が描かれています。当時は、金太郎のような元気な子が生まれ丈夫に育つように願い、新年の吉祥画(きっしょうが。縁起がよいとされる絵)として飾るための作品が多く描かれました。この作品は、寛政二年の戌年にちなんだ新年の吉祥画であると考えられています。

「金太郎元服の儀」歌川豊国 寛政(1789-1801)頃

 

上の作品を見てみましょう。これは金太郎が源賴光(みなもとのよりみつ)の前で元服し、従者となる場面を描いています。金太郎以外すべて女性に置き換えて描いている見立絵だと考えられています。金太郎の左には、手をつき儀式の様子を見守る母親の山姥の姿があります。その顔にはわが子の元服の喜びとともに、自分のもとから離れていく寂しさが重なった一人の母親のような表情が見てとれます。

このように、公文教育研究会は当時の子どもの日常生活や行事の様子など、当時の文化が描かれた浮世絵を中心とした「子ども文化史料」を所蔵しています。昔から伝わるさまざまな儀式や行事に込められた人々の気持ちに思いを馳せながら、行事を楽しむのもよいですね。

 

関連リンク

くもん子ども浮世絵ミュージアム

関連記事

KUMONグループの活動  2018/01/09更新

Vol.241 時代を超えて学び方のヒントを探る

「読み」「書き」を通して身につけた 「やり抜く力」

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2015/01/06更新

Vol.069 KUMONの子ども文化活動-お正月の子ども浮世絵

子ども浮世絵のなかに描かれたお正月百聞は一見に如かず.江戸時代の羽根つきや双六などの遊び、そして学びの場

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!